インフルエンザの予防接種『本当に効き目あるの?』




今年も、インフルエンザが大流行している。会社でも『予防接種』受けてる人多いのに、結構インフルエンザにかかってる様です。インフルエンザの予防接種『本当に効き目あるの?』と思っている人も多いのではないでしょうか?そこでこのインフルエンザワクチンの効き目について調べてみました。

インフルエンザ

インフルエンザのワクチンは本当に効くの?

「世界保健機関(WHO)のホームページを見ても、『ワクチンで、インフルエンザ感染の予防はできない。また有効とするデータもない』 と書いてある様です。

引用元:http://biz-journal.jp/2015/01/post_8689.html

インフルエンザのワクチンは、感染を防ぐ効果はほとんどないことが判明したとのこと。以前からワクチンの効果について疑問視する声は医師の間から上がっていたそうです。

引用元:http://biz-journal.jp/2015/01/post_8689.html

スポンサードリンク

インフルエンザのワクチンは型が当たらないと効かないってほんと?

インフルエンザはA香港型、Aソ連型、B型などと分類しますが、同じ型であってもウイルスは細かく変異を続けているため、 ぴったりと当てはまる型のウイルスを事前につくり出すことは事実上不可能です(内科医)

つまり、流行するウイルスの型を正確に予測することはできないのに、ワクチンを製造して希望者に接種しているということになる。

「インフルエンザ予防にはワクチンが有効だと考えている人は多いですが、はっきり言って妄想です」(同)

引用元:http://biz-journal.jp/2015/01/post_8689.html

なぜ、効果がないにもかかわらず、ワクチン接種が定着しているの?

「ワクチンは毎年約3000万本製造されています。また、巨額の税金をつぎ込み、輸入もしています。 5年前、国内の在庫が足りずに慌てて輸入したところ、ワクチンが届くころにはインフルエンザが終息し、 大量の在庫を抱えたことがありました。毎年一定量のワクチンを使用することで、 備蓄量をコントロールしたいとの政府の思惑も働いていると考えられます。

また、インフルエンザがはやる季節には、ワクチンだけで小さな病院でも数百万円、 大病院では数千万円の利益になります。病院にとってワクチンは安定収入を得る手段になっているのです

インフルエンザのワクチンは有害?

内科医に聞く! インフルエンザワクチン、体に有害ってホント?


ワクチンで感染症から体を守る仕組み

ワクチンとは、感染症を防ぐために各種の伝染病の病原菌から作ったものです。それらのワクチンを接種することにより、あらかじめ体内に抗体(こうたい)を作っておき、感染症にかかりにくくする、という原理になっています。

引用元:http://woman.mynavi.jp/article/150111-3/

ワクチンのデメリット

ワクチンには、病原体の感染を防いだり、和らげたりする効果があります。しかし、ワクチンには危険性・副作用が伴うこともあるのです。生ワクチン・不活性ワクチンは、毒性を弱めたり、死滅させた病原体そのものを注射するため、ワクチン接種後に軽い感染状態(副反応)が起きることがあります。

また、風邪をひいていたり、体が弱っているときや、ワクチン中の病原体が強力であるときは、予防したい感染症のワクチン接種のつもりが、その感染症そのものに感染してしまうこともありえます。

インフルエンザワクチンは、不活化ワクチンなので、体調が悪いとき、風邪をひいているときに接種した場合、副反応として、かえってインフルエンザ様の症状が出現することもあります。

引用元:http://woman.mynavi.jp/article/150111-3/

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





お役立ち情報」の人気記事

このページの先頭へ