中古車を下取り(買取)で販売価格を高くする方法、正規ディラー、中古車買い取り(ガリバー、アップル等)はどっちがお得!?比較サイト口コミランキング、おすすめの中古車買取り(下取り)【まとめ】




新車や中古車の買い替えで、中古車を下取り(買取)で高く売りたいと考えている人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は、その中古車を高く売る方法について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




中古車を高く売る方法

ここでは、今すぐ中古車を高く売りたい(売却)したいと言う方のために情報をまとめました。


  • 売る時期を見極める
  • 走行距離や車検のタイミングを見極める
  • 買取専門店で下取り(販売)を行う
  • 相場を把握する
  • 交渉する


売る時期を見極める

1年の中で、1〜3月、9〜10月は中古車を販売(下取り)する最もお勧めな時期です。その理由は、中古車を購入する人が多いためです。

この時期は、神学、就職、移動等、他の月に比べ、イベントが多い時期です。このため、そのイベントに合わせて中古車を下取り(販売)することで、普段より高く販売(下取り)できる可能性が高くなります。

実際に、需要に対して供給が少なければ、買取(下取り)価格も高くなります。


走行距離や車検のタイミングを見極める


車検のタイミングを販売(下取り)時期について

車検の際に車を販売(下取り)したいという方も多いのではないでしょうか。この際に、車検前に売るか、車検後に売るかを迷う方も多いのではないでしょうか!?

実際の中古車の買取(下取り)査定は、車検の分の費用は、買い取り価格に転嫁されるため、あまりこだわる必要はありません。

中古車の買い取り価格を決定するのは、その売却する際の市場価格です。この市場価格は、一般的に、古くなればなる程安くなります。

つまり、車を販売(下取り)したい場合は、一日も早く販売(下取り)するのが、おすすめの方法です。


走行距離について

走行距離は販売(下取り)価格に大きな影響を与えます。特に大きなポイントは、5万kmと10万kmという境目になる走行距離です。

この走行距離を境に、販売(下取り)価格が下がることが多いです。中古車を高く販売販売(下取り)したい場合は、これらの距離を超える前に、販売(下取り)するのがおすすめです。


買取専門店で下取りを行う

中古車を販売(下取り)する方法としては、正規ディラーで新車購入時に販売(下取り)として販売する方法と、ガリバーの様な、中古車専門の買取店に依頼する場合が一般的です。

一般的に、正規ディーラーは、新車販売がメインの仕事です。従って、中古車の市場ニーズや価格についてあまり詳しくありません。

一方で、ガリバーの様な買取専門店は、中古車専門の買取を行っているため、市場ニーズや価格を詳しく把握しています。従って、実際の買取価格もより市場価格に近くなるため、高く買い取ってもらえる可能性が高くなります。


相場を把握する

中古車を販売(下取り)する場合は、相場を把握することが重要です。仮に正規ディラーで販売(下取り)を行おうとしていても、中古車専門の買取店にも販売(下取り)価格を同時に見積してもらう様にしてください。

これらの価格を比較し、最も高く下取り(買取)してくれるお店に販売する様にしてください。

ネットでも、走行距離や年式だけを入力すれば、下取り(販売)価格を教えてくれるサイトもあります。先ずは、多くの業者の価格を比較する様にしてください。



おすすめの中古車下取り価格サイト【まとめ】

・現在作成中


交渉する

多くの業者の価格が分かった段階で、再度買取価格の交渉を行ってください。『この業者は●円で下取り(買取)してくれる』と言われましたが、もう少し下取り(買取)価格を高く出来ませんか等と交渉してみるのが良いでしょう。





スポンサードリンク




中古車を高く売る方法(将来に備えて効果がある方法)

ここでは、将来、中古車を高く売るために、普段心がけておきたい事に付いてまとめました。中古車査定における減点ポイントになり易い項目を挙げさせて頂きました。これらの項目に注意するだけで、中古車で売却(下取り)する場合に、買取価格が高くなる可能性があります。


  • 塗装の痛みは大きな減点ポイント
  • 車の下周りの錆は減点ポイント
  • 改造は減点ポイントになりやすい
  • 傷・凹みは特に問題無い
  • 喫煙車は減点ポイント
  • ペットの同乗には気をつけよう


塗装の痛みは大きな減点

車の塗装の傷みは、下取り(買取)査定の際の大きな減点ポイントになります。従って、車の塗装が傷みにくい保管方法がおすすめです。塗装の劣化は、直射日光や雨などにより進みます。このため、カバーをかけたり、屋根のある駐車場での保管が理想的です。


車の下周りの錆は減点ポイント

中古車を査定する場合、車の下周りの錆は、大きな減点ポイントになります。海辺を走った場合等は、錆を防止するため洗車等を行い、錆防止に努めると、下取り(販売)時に、高く販売出来る可能性があります。


改造は減点ポイントになりやすい

純正部品以外の部品を使用した改造は、減点対象になり易いのが一般的です。下取り(販売)する際は、新車購入時の状態に戻して査定を受けるのがおすすめです。

一方で、純正部品のエアロパーツ、オプション等は、プラス査定になる場合もあります。この観点からも、下取り(販売)時は、出来るだけ、純正部品に戻して、査定を受けるようにしてください。


傷・凹みは特に問題無い

傷や凹みについては、ない方がプラス査定になりますが、あえて下取り(販売)前に修理する必要はありません。自分で修理費を出しても、それ以上に下取り(販売)価格が高くなることはありません。

実際に下取り(販売)を行う会社は、会社の繋がりで安く修理をすることが可能です。従って、傷や凹みがあっても、そのまま査定してもらうのがおすすめです。


喫煙車は減点ポイント

車内の臭いや、ヤニの付着は減点対象になります。出来るだけ車内での喫煙は避けるようにするのが、下取り(販売)価格を挙げるコツです。


ペットの同乗には気をつけよう

ペットを同乗させる場合、車内に臭い、傷が付く場合があります。これは下取り(販売)時の減点になる可能性があります。ペットをよく同乗させる場合は気をつけるようにしてください。



中古車査定のポイント【まとめ】

その他、細かい中古車査定のポイントについて【まとめ】ています。

・現在作成中




まとめ

いかがでしたか!?車の下取り(販売)価格を高くするための方法について【まとめ】てみました。是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




お役立ち情報」の人気記事

このページの先頭へ