LINEが脆弱性の報告に報奨金、最低$500、最高$2万!




過去にも多くの脆弱性を指摘されているLINEが、その脆弱性の報告に報奨金を出すことを決定した。期間限定で脆弱性を報告してくれた人に最低$500、最高で$2万と高額な報奨金を支払うとのことだ。

LINE-報奨金

LINEはコミュニケーションアプリ「LINE」(ver 5.2以上)を対象に、脆弱性を発見し報告すると報奨金がもらえる「LINE Bug Bounty Program」(脆弱性報奨金制度)を発表した。2015年8月24日12時~9月23日12時の期間中(日本時間)、重要度に応じて1件あたり最低500ドル(US)から最高2万ドル(US)まで支払われる。

ユーザーから報告された脆弱性は、LINE側で確認・審査。その内容が認められれば、報奨金のほか、該当脆弱性への対応後に報告者名や脆弱性の概要も公表される。

 LINEは「セキュリティ強化のための先進的な取り組み。多くの脆弱性が早期発見・対応され、より安全なサービスの提供につながっていく」とコメントしている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150805-00000079-it_nlab-sci

ネットの声

一番の脆弱性は運営会社だと思う人
明確に個人情報を守る法的義務はないって、どっかの国が言ってたな。
Lineそのものがキーロガー
LINEそのものがスマートフォンの脆弱性です。
LINE内でのみ使えるってオチかな
わあ、報奨金でラインが潰れちゃう。


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





お役立ち情報」の人気記事

このページの先頭へ