ファミコンを小型PC「ラズパイ」で再現!エミュでレトロゲームの名作「ドラクエ」「怒」「キングスナイト」が動く!




「ファミリーコンピューター」通称ファミコンは、1980年に一世風靡した任天堂の家庭用テレビゲームです。

任天堂アーケードゲーム「ドンキーコング」「マリオブラザーズ」などから始まり、「ロードランナー」など人気PCゲームの移植、ファミコンオリジナル「スーパーマリオブラザーズ」「ドラクエ」など数々のヒット作ゲームを世に広め、いまだに人気を誇る名作ゲーム機です。

近年、3000円代から購入出来る安価で、小型ボードPC「ラズベリーパイ(Raspberry Pi)」通称ラズパイが登場しました。マニアには人気で一般的ではありませんが、このラズパイを使ってファミコンが実現出来るのです。

ファミコン-ラズパイ-エミュ

気になったので、まとめてみました。

ラズパイとは

学校で基本的なコンピュータ科学の教育を促進することを意図して登場したシングルボードコンピュータ。イギリスのラズベリーパイ財団 (Raspberry Pi Foundation) によって開発され、2012年2月29日発売、2015年10月13日までに累計700万台を販売している人気です。

フリーで公開されているOS上で公開ソフトウェアや自作プログラムを使って動かし、学習以外にも、パソコンとしてWeb観覧、ワープロや表計算、サーバー、リモコンや防犯カメラなど家電デバイス、自作おもちゃ、ネットワークサーバーなど用途は無限です。

オフィシャルサイト:http://www.raspberrypi.org/

ラズパイ概要

名称 ラズベリーパイ(Raspberry Pi)
製造元メーカー ラズベリーパイ財団(Raspberry Pi Foundation)
発売 2012年2月29日
機種 販売終了:1 Model A、1 Model B
販売中:1 Model A+、1 Model B+、2 Model B、Compute Module、Zero
(2016年2月調査)
仕様(スペック)
2 Model B
シングルボードコンピュータ
SoC:Broadcom BCM2836
CPU:ARM Cortex-A7,クアッドコア,900MHz
GPU:Broadcom VideoCore IV(250MHz)
メモリー:512MB
電源:DC5V,600mA (3W)
基板サイズ:85.6 mm × 56.5 mm
重量:45g
ターゲット価格 1 Model A+:20US$
2 Model B1:30US$
Zero:5US$
累計販売台数 700万台(2015年10月13日まで)

参考元:Wikipedia –https://ja.wikipedia.org/wiki/Raspberry_Pi

ファミコン

ファミコンは、ファミリーコンピュータ (Family Computer)の略。1983年7月15日に任天堂より発売された家庭用ゲーム機です。

ファミコン概要

名称 ファミリーコンピュータ
Family Computer
メーカー 任天堂
発売 初期型(HVC-001):1983年7月15日~
新型AV仕様(HVC-101):1993年12月1日
 ~ 2003年9月25日(製造年月)
メーカー希望小売価格
(発売当初)
HVC-001:14800円
HVC-101:7000円
国内売上台数 1935万台
代表ゲーム スーパーマリオブラザーズ、ドンキーコング、ドラクエ

参考元:https://ja.wikipedia.org/wiki/ファミリーコンピュータ

任天堂からファミコンをミニが登場!

2016年11月10日に、ファミコンミニ(ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ)が登場!ファミコンの人気ゲーム30タイトルを厳選して本体に収録されています。

ファミコンミニ が入手困難! ヨドバシ 予約不可 入荷未定! アマゾンでは1万円超えプレミアム価格!! ファミコンミニ が入手困難! ヨドバシ 予約不可 入荷未定! アマゾンでは1万円超えプレミアム価格!!

スポンサードリンク

ファミコンを再現!

簡単に言うと、ラズパイ上のエミュ(Emu)で、ファミコンを模倣するのです。

ファミコン-ラズパイ-ファミコンタイプのコントロール

エミュについて

エミュは、エミュレータ(Emulator)の略。一般的に機械装置やコンピュータのハードウェア構造を、別の装置やソフトウェアで模倣することで実現させたモノです。

ここでは、ファミコンのゲーム機をラズパイのハードウェアとフリーで公開されているソフトウェアで実現させています。

参考元:Wikipedia –http://dic.nicovideo.jp/a/エミュレータ

ファミコンをエミュ『recalboxOS』で再現!

recalboxOS』レトロゲームエミュに特化したコンソールのソフトウェアを、ラズパイに導入することでファミコンが再現できるのです。実は、この『recalboxOS』はファミコンだけでなく、PCエンジン、セガ・メガドライブ、スーパーファミコン、プレステ1なども再現出来るすぐれものなのですよ。

必要なモノ

簡単ですが、まとめてみます。

・ラズパイ(RaspberryPi2 Model Bという新型を使った)
・HDMI接続のPCモニターまたはテレビ
・HDMIケーブル
・電源ケーブル+アダプター(Androidスマホと同様)
・マウス(USB接続)
・キーボード(USB接続)
・microSD 8GB(SDカードアダプター要)
・LANケーブル
・パソコン(PC、Windows機の方が簡単)
・インターネット環境
・USB接続可能なゲームコントロール(あれば望ましい)
・ゲーム(ROM)


導入方法

ここでは、こんな感じです的に説明いたします。

PC側
・microSDをSD Formatter 4.0でフォーマットする
recalboxOSをサイトからダウンロードして解凍、展開されたファイルをmicroSDへコピー

ラズパイ
・そのmicroSDをラズパイに挿入
・HDMIケーブルでモニターに接続
・キーボード、マウス、ネット接続(LANケーブル)接続
・電源ケーブルを接続して電源投入

・recalboxOSをインストール
・recalboxOS起動後、ネット環境、キー操作&コントロール設定
・ゲーム(ROM)インストール(PCとローカルネットワーク接続してラズパイ内miscoSDへコピーする)
・recalboxOSを再起動

これでファミコンが再現されるのです。

ファミコン-ラズパイ-エミュレータ
デフォルトでゲーム(ROM)が数本入っていた。でも糞ゲーでした。

ファミコン-ラズパイ-怒3
シルベスター・スタローン主演映画「ランボー3 怒りの脱出」がヒントとなった人気ゲーム「怒3」、リアル・ファミコンには無かったどこでもセーブ&ロードが出来るのもエミュレータの良いところです。



スポンサードリンク

エミュ出来たゲーム

エミュレータでは、100%再現出来るわけではありません。ファミコンのゲームもすべて起動するとは限りません。今は、ほとんど再現できるようです。

再現出来たゲーム

ゲーム名 再現性
スーパーマリオブラザーズ(任天堂 1985年)
怒(SNK 1986年)
ドラゴンクエスト(エニックス 1986年)
キングスナイト(エニックス 1986年)
ドンキーコング(任天堂 1983年)

サイト調査による

ゲーム(ROM)は何処から?

エミュ業界では、ゲームのことをROM(ロム)と呼びます。ROMは何処から入手出来るのでしょうか?

あなたが所持しているファミコンのゲームカートリッジ内に入っています。専用機器とパソコン(PC)を使って、データとして吸い出す必要があります。ゲームカートリッジを売ったり、処分してしまった場合は、そのROMを破棄しなくてはなりません。

そうなると、ROMを入手することは、かなり難しいことになりますね。

デフォルトで、ファミコン上で動く、著作権フリーやオリジナルのゲームが収納されています。こちらでは問題なく遊べますよ。

でも、これだけエミュレータが世に浸透しているのですから、難しくなくROMは入手出来るのでしょうね・・・たぶん。

ということで、この記事の內容は、読みモノとして楽しんでいただけたら幸いです。

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




ゲーム」の人気記事

このページの先頭へ