浅田真央金メダル獲得への施策【ソチ冬季オリンピック】




ソチ冬季オリンピックフィギュア団体戦の女子ショートプログラムが2月9日未明に行われた。浅田真央は団体戦でトリプルアクセルに失敗したものの無難にまとめ、日本チームの総合4位に貢献した。

61

浅田真央は4年前のバンクーバー五輪では銀メダルとなり、悔し涙を流した。昨年末までは3回転半ジャンプをフリーで2度挑むことにこだわっていたが、ソチでは金メダルをつかむため、あえて1度に抑える構成にするつもりだという。

浅田真央の代名詞と言える3回転半ジャンプを少なくすることを「また違った自分への挑戦」と位置づける。「4年間、待ちに待った五輪。できることをやって、笑顔で終われるようにしたい」と話した。

団体戦で緊張からトリプルアクセルを失敗した浅田真央。個人戦ではトリプルアクセルを成功させ金メダルを獲得してほしい。

浅田真央、トリプルアクセル失敗も3位 日本は総合で5位に フィギュア団体

国別に争う、ソチ冬季オリンピックフィギュア団体戦の女子ショートプログラムが2月9日未明に行われ、浅田真央選手が登場。64.07を記録し3位だった。浅田選手は冒頭のトリプルアクセルこそ失敗したが、そのあとのコンビネーションは決め、無難にまとめた。この結果、日本チームは総合点で4位となって、上位5カ国まで進めるフリーに進出した。
浅田選手の後にフリーも出場した高橋成美、木原龍一組のペアは86.33点で5組中最下位。この時点で、日本は総合点で合計30点で暫定5位。1位のロシア47点、2位カナダ41点、、3位にアメリカ34点、4位イタリア31点につぐ暫定成績となっている。
フィギュア団体は、男子・女子のシングルとアイスダンス、ペアを国別に演じ、順位ごとにポイントが割り振られ、その合計ポイントで争う競技。9日に男女シングルとアイスダンスのフリーが行われ、メダルが決まる予定。
ソース:http://www.huffingtonpost.jp/2014/02/08/figure-team_n_4752588.html?utm_hp_ref=japan

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





オリンピック」の人気記事

このページの先頭へ