マンU香川真司やはり移籍か?移籍先は?




マンU香川真司選手の移籍が取りざたされている。英国(イギリス)の有力紙『ミラー』が伝えた。移籍先としては古巣のドイツ一部のドルトムントで完全移籍ではなくレンタルでの獲得を考えている模様。

209

古巣のドルトムント香川の復帰を切望している。ドルトムント時代の香川にはサポータも好印象をもっおりマンU香川が控えに回っている状況を見てドルトムントへの復帰を願っている。ドルトムント時代に香川が燦然と輝きを放っていたのは周知の事実。

モイーズ監督この動画を見よ!これが香川真司じゃ!

マンU香川真司、レンタル移籍でドルトムント復帰か…英紙報道
マンチェスター・Uに所属する日本代表MF香川真司が、古巣ドルトムントにレンタル移籍する可能性が浮上した。イギリス紙『サン』が報じ、イギリス紙『ミラー』が伝えている。

 香川のドルトムント復帰は以前から噂されており、一部ではドイツ代表MFマルコ・ロイスとのトレード移籍が報じられていた。しかし、ドルトムントは完全移籍ではなくレンタルでの獲得を考えている模様。香川がマンチェスター・Uを離れる可能性があると伝えられた。

 香川は今シーズンのリーグ戦で13試合に出場。29日に行われたプレミアリーグ第32節のアストン・ヴィラ戦では、1アシストを含め、2ゴールに絡む活躍を見せている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140331-00178875-soccerk-socc

先日29日の試合では、左MFで2試合ぶり先発の香川は0―1の前半20分、FWルーニーにクロスを通して今季初アシストを記録する活躍を見せた。

イギリスでは香川の起用法をめぐって論議も起きている

英紙がマンU香川真司の起用法を疑問視…モイーズ監督の采配を批判
イギリス紙『テレグラフ』が、マンチェスター・Uを率いるデイヴィッド・モイーズ監督に関する記事を掲載し、日本代表MF香川真司の起用法について触れた。

 同紙は、モイーズ監督がクラブを去らなければいけない31の理由を列挙。その中で、最も創造性のある香川の起用に積極的ではないモイーズ監督に困惑しているサポーターがいると主張した。

 さらに香川の古巣であるドルトムントのユルゲン・クロップ監督が「香川は世界のベストプレーヤーの1人だが、マンチェスター・Uではウイングのポジションで20分ほどプレーしている。心が痛い。最も適しているのは中央でのプレーだ」と語ったコメントを紹介。香川をサイドで起用するモイーズ監督の采配に疑問を投げかけていた。

http://www.soccer-king.jp/news/world/wc/20140327/177970.html

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー」の人気記事

このページの先頭へ