メッシ(FCバルセロナ)史上最高で移籍か?




FCバルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(26)が史上最高額の移籍金で、イングランドに移籍する可能性が浮上したとバルセロナのあるカタロニア地方のスポーツ専門局「エスポルト3」が報じた。移籍金は、2億5000万ユーロ(約353億円)で実現すれば09年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(29)がマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍した際の移籍金8000万ポンド(当時約129億円)をはるかに超える。

280

バルセロナ所属のFWリオネル・メッシ。クラブとの契約延長交渉が難航していると伝えられているメッシだが、自らの去就について興味深い発言をしている。

「 人々が望んでいる間は、僕はここに留まるよ。僕は引退するまでここにいるつもりだ。このクラブで幸せだからね 」

 クラブが提示する条件と選手側が望む条件とに大きな隔たりがあると伝えられている。とはいえ、両者の結びつきは強いものがあり最終的には生涯契約も視野に入れた契約がバルセロナ側から提示されることになるのではないかと思われる。今回のメッシの発言が、今後の契約延長交渉にどのような影響をあたえることになるのかは未知数であるが、条件云々以前にクラブ残留が基本路線でクラブがメッシに対してどのようなオファーを提示できるかが争点となるのかもしれないが。

▼メッシスーパープレイ

メッシ 史上最高353億円でイングランド移籍報道

バルセロナアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(26)が、イングランドに移籍する可能性が浮上した。

 バルセロナのあるカタロニア地方のスポーツ専門局「エスポルト3」は19日、マンチェスター・シティーが今夏にメッシの獲得を狙っていると報道。移籍金2億5000万ユーロ(約353億円)を準備しているということで、実現すれば09年にポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(29)がマンチェスター・ユナイテッドからレアル・マドリードに移籍した際の移籍金8000万ポンド(当時約129億円)をはるかに超える史上最高額となる。パリSGは2013年にもメッシの移籍先として噂されている。

 同局によると、メッシは下部組織時代から所属しているバルセロナと18年まで契約を結んでいるが、契約延長交渉が難航していることや、欧州CL準々決勝敗退などチームの低迷で批判を浴びていることなどから、今季終了後に新たな挑戦に動く可能性があるという。マンチェスター・シティーのほかに、パリSGもメッシの獲得を目指しているということで、今後の動向に注目が集まりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000082-dal-socc.view-000

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー」の人気記事

このページの先頭へ