モイズ監督が解任も『香川真司選手』の移籍の噂が絶えない




ロイター通信は23日、モイズ監督が解任されたマンチェスターUの分析記事を打電。日本代表MF香川真司(25)は、モイズ監督の肝いりで獲得したMFフェライニらとともに、今夏チームを去る可能性が高いとした。ロイター通信は来季も残留する可能性が高い選手としてFWルーニー、GKデヘア、MFマタ、MFヤヌザイ、DFジョーンズ、DFエバンズの名を挙げ、スピードがあり堅実なバレンシアも残るかもしれないとした。

307

香川については

「今季は能力を示すのに十分な機会が与えられなかった。だがマタと共存するには、マタに似すぎている」

と記している。

ギグス「マンUの伝説になる」マタを絶賛

 マンチェスターUの象徴ともいえる元ウェールズ代表MFライアン・ギグス(40)が、クラブ史上最高額の移籍金約65億円で新メンバーとなったスペイン代表MFフアン・マタ(25)を

「マンUの伝説になる」

と絶賛した。英デーリーメール紙が報じた。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/f-sc-tp3-20140205-1253670.html

香川真司選手の移籍先として噂されているのは、古巣のドルトムントが有力とされている。ドルトムント在籍中は、ドルトムントのリーグ制覇に2度貢献した実績は記憶に新しいところだ。22日には、ドイツのサッカー専門誌キッカーは

「ドルトムントにいた方がより成長できることを、香川は認めなければならない」

とコメントしている。

ドルトムントは香川復帰望む

ドイツのサッカー専門誌キッカーは22日付で、ドルトムントがMF香川真司(25)の復帰を望んでいると報じた。同誌は今夏の補強についての記事で「ドルトムントにいた方がより成長できることを、香川は認めなければならない」とした。香川は2季在籍し、リーグ2連覇などに貢献。12年、マンチェスターUに移籍した。今季のドルトムントは3位以上を確定させ、来季の欧州CL出場権を得た。

http://www.nikkansports.com/soccer/world/news/p-sc-tp3-20140423-1289382.html

香川真司選手の移籍も、モイズ監督の後任監督によるところも大いにあるだろう。現在は、昨年夏からコーチを兼任してきたMFライアン・ギグスが暫定的に指揮を執ることが発表されている。来期については、現在監督候補としてマンチェスターUが多くの監督をリストアップしている。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー」の人気記事

このページの先頭へ