『持ってる男』『 本田圭佑』がもたらす経済効果




イタリアリーグの名門ACミランに移籍した 本田圭佑選手。ACミランは低迷するチームの立て直しに期待しエースナンバーの背番号10としたことでもその大きな期待のあらわれである。ACミランの歴代の背番号10は錚々たる顔ぶれである。

44

スポンサードリンク

またその一方で、ACミラン 本田圭佑選手に期待しているのが 本田圭佑選手加入による経済効果である。そこで、少しその経済効果について調べてみた。

本田圭佑がもたらす経済効果は300億円

日本のエースがついに超ビッグクラブ入りを実現させたわけだが、生み出される経済効果も前代未聞の規模になるという。大手広告代理店関係者は「本田人気は日本では破格。サッカー選手としてこれまでにない影響力があるのは間違いない。正確な試算はこれからになるが、日本国内やイタリアを合わせて300億円を超えると予測される」。

 本田の契約は年俸250万ユーロの4年契約で約14億円。またCM契約も激増必至で年間10億円が見込まれる。また契約するスパイクメーカー「ミズノ」の本田モデルの売り上げアップも確実。南アフリカW杯の活躍後、累計で40万足以上も売れたが、同様に見積もると約80億円。さらにミズノの株価アップも見込め、周辺だけでも経済効果は100億円を超える。

 また日本代表FW香川真司(24)が加入したマンチェスター・ユナイテッドに多くの日本企業がスポンサーとなったように、ACミランの新規スポンサー契約も年間10億円規模で4年で40億円。放映権料の売り上げアップが推定5億円×4年で20億円。さらにレプリカを始めとするグッズ販売額も年間5億円増で20億円などが見込まれる。

 さらに本田観戦ツアー増による効果や日本代表への注目度アップ、各関連企業の広告効果アップなど、2次的な要素も含めると軽く300億円を超えると見込まれるわけだ。香川がマンチェスターUに移籍した際の経済効果は約260億円という試算が出ており、日本代表の10番をミランの10番が上回ることになる。

ソース:Yahooニュース

本田圭佑選手とACミランの関係は、ビジネスで言えば、『Win Win』の関係であり両者にとって『おいしい関係』になっている。 本田圭佑選手にとっては世界のビッククラブであるACミランでプレーすることで、自分の実力を遺憾なく発揮できる。チームメイトも世界屈指のプレーヤーが揃えているため質の高いプレーが可能となり結果も出やすい。一方のACミランにとっても、 本田圭佑選手を成功しやすい環境でプレーさせ、結果が出れば、期待以上の経済効果をもたらしてくれる。一説によると、すでにACミラン 本田圭佑選手の見込み経済効果で大物選手の補強に動いているとの話もある。

何にしても 本田圭佑選手には、低迷する名門ACミランを復活させるという最高の舞台が揃った事は間違いない。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー, 本田圭佑, 香川真司」の人気記事

このページの先頭へ