本田圭佑ACミラン退団?




イタリアのイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙によると、不審のACミランのチーム改革について報道したようだ。この中で本田圭佑は「去就は分からない」と分類されているようだ。

139

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』の寸評
・「戦う意欲なし。失望」
・「全く試合に入っていなかった」
・「本田は大失敗」
・「押し寄せる波一つない。穏やかな日本の海のよう」
・「覇気のないプレー。状況を打開する気概を欠いた」

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、本田圭佑を「火星人」「大失敗」とし酷評している。ACミランでの本田は出場機会も限られているが、プレーの質自体も本来の精度を欠いているように見える。

本田移籍後に指揮官に就任したセードルフ監督(元オランダ代表の)は「本田のようなタイプの選手には時間が必要だ。(本田が移籍前に所属していたCSKAモスクワの)ロシアとイタリアではサッカーそのものが大きく異なる」と話し、本田がまだイタリアのサッカーに適応できていないことを理由に挙げている。

しかし、不調はそれだけの理由ではない気がする。3月2日に行われたユベントス戦では、後半途中の0-2で負けていた局面で、ピッチにたった。ポジションは本職のトップ下ではなく守備的MF。この時も本田は本来の動きを披露できず、試合後はチームメートと言葉を交わさずにピッチを後にした。また、2月23日のサンプドリア戦では右MFでフル出場し、チームも2-0で勝ったが、敵地での勝利を祝う仲間の輪には加わらなかった。

このことからも、本田圭佑がチームメートとうまくコミュニケーションが取れていないのではないかと指摘されている。「同僚は金星人で本田は火星人。またはその逆。意思が伝わらない」と評した地元紙もあった。

不振ミラン、夏に大改革?

イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は13日、ミランの夏のチーム改革について報じた。MF本田圭佑は「去就は分からない」と分類されている。

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦でアトレティコ・マドリーに2試合合計1-5と大敗し、欧州の舞台から姿を消したミラン。リーグ戦でも欧州カップ戦出場ラインから勝ち点8差と苦しんでいる。

『ガゼッタ』は、アトレティコ戦後にチーム内部の亀裂も窺えたと報道。クラブはレンタル中のDFアディル・ラミやMFアデル・ターラブの買い取りもストップし、再度チーム改革を検討し直していると伝えている。

これによると、退団に分類されたのは、以下の選手たち。

アメーリア、ガブリエウ、コンスタン、メクセス、シルベストレ、ザッカルド、ビルサ、ムンタリ、サポナーラ、ロビーニョ

残留に分類されたのは、こちらのとおりだ。

アッビアーティ、コッポラ、アバーテ、デ・シリオ、クリスタンテ、デ・ヨング、モントリーヴォ、ポーリ、エル・シャーラウィ、パッツィーニ

そして、不透明の分類となったのは、以下の選手たちだ。

ボネーラ、ラミ、サパタ、エマヌエルソン、エッシェン、バロテッリ、本田、カカー、ペターニャ、ターラブ

なお、『ガゼッタ』は、ミランがキエーヴォGKミカエル・アガッツィの獲得を決めており、さらに今季でパリ・サンジェルマンとの契約が満了するDFアレックスを狙っていると報じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140314-00000010-goal-socc

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー, 本田圭佑」の人気記事

このページの先頭へ