本田圭佑選手の頭に10円禿げ!ネットで話題騒然!再発か?




 本田圭佑選手の10円禿げが話題になっている。ブラジルW杯の日本代表敗退は残念だった。本田圭佑選手の気苦労も耐えなかったのだろう。でもこの10円ハゲは初戦のコートジボワール戦の写真なので、恐らく大会前に出来たものだ。ACミランでの本田圭佑選手の苦難を物語っているかもしれない。ネットを調べるとどうやらこの10円禿げは再発したものらしい。

568

567

本田圭佑 「10円ハゲ」再発と「ファッション」へのこだわり

ファッションリーダーとしては、隠したい部分だろう。サッカー日本代表・本田圭佑(28)の右後頭部には、10円ハゲがある。

「強雨のコートジボワール戦で見つけました。髪が濡れてまとまっていたため、後頭部の“空白地帯”が浮かび上がって見えたのです。銀髪へのイメチェンは、『10円ハゲを隠すためか』とウワサされています」(日刊ゲンダイ本紙・現地派遣カメラマン真野慎也)

 10円ハゲはストレスの影響が強いとされる。本田は、CSKAモスクワに所属していた2年前にも、10円ハゲが見つかっている。その後、治まっていたから、どうやら再発したらしい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000008-nkgendai-life

本田圭佑選手の髪は年間2,000万円!

 本田圭佑選手には専属の美容師さんがいて、海外にその美容師さんを呼び寄せているため、年間に2,000万円かかっているらしい。

■美容師呼び寄せに年間2000万円

 何が本田を苦しめ、10円ハゲを再発させたのか。再発までの流れとファッションリーダーとしてのこだわりを考え合わせると、意外な点と線が結びつく。

「本田は、2年前の6月に受けたレーシック手術の直後から、目が飛び出したようになりました。眼球突出はバセドー病の特徴で、かつて週刊文春は『本田のバセドー病説』を詳報した。今回のW杯直前には、首の傷痕が日刊スポーツの1面に掲載され、<バセドー病の手術を受けたのか>と騒然となっています。常にサングラスをかけたり、年間2000万円もかけて日本からお気に入りの美容師をロシアやイタリアに呼び寄せたりするのが、体の異変をなるべく隠すための“情報管理”だったとすれば、あのこだわりも納得です」(サッカー記者)

 バセドー病の症状は、じっとしていても疲れやすくなること。文春報道が事実なら、厄介な病気によるストレスは相当だろう。10円ハゲが再発したのは、日本のエースの体調に異変が起きている証拠か。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000008-nkgendai-life

 年間2,000万円かけて髪形を整えてるなら、10円ハゲがもっとバレない髪形にすれば…

10円ハゲとは?

円形脱毛症(えんけいだつもうしょう、通称:十円ハゲ)とは

円形脱毛症とは?

頭に十円玉大の脱毛部分が出来る自己免疫病の1つである。一般的に男性型脱毛症とは原因が違うため区別される事が多い。槇佐知子『日本の古代医術 光源氏が医者にかかるとき』文春新書 (1999年)p.71には平安時代には「鬼舐頭(きしとう)」、つまり鬼が舐めたあとと考えられたという。

原因は?
 古くは精神的ストレスによって発症すると言われていた病気であることなどから体内でなんらかの影響を受けている可能性が高い。

Wikipedia

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





本田圭佑」の人気記事

このページの先頭へ