鈴木武蔵 アジア大会2014韓国仁川 サッカーで注目の男! TBSゴリ押しかも?




アジア大会2014、アジアのオリンピックとも言われる4年に一度のアジア最大スポーツの祭典が韓国・仁川で2014年9月19日~10月4日(16日間)に開催されます。実施競技&種目は38競技439種目。男子サッカーは大会に先行して、2014年9月14(日)19:00~21:30に日本VSクウェート戦が行われます。男子サッカー日本代表で今回最も注目されたいる選手は、FW鈴木武蔵選手(20)です。この選手って日本人?

サッカー日本代表 鈴木武蔵


鈴木武蔵選手とは?

鈴木武蔵
群馬県太田市出身のプロサッカー選手。現在はJリーグ・アルビレックス新潟所属。ポジションはフォワード。

ジャマイカ人の父親と日本人の母親の間に生まれたハーフ、ジャマイカ生まれです。6歳の時に日本に来ています。外見は外人なので、幼い頃はいじめられていて、ずっと日本人になりたいと思っていたそうです。母親は日本の武士のようになってもらいたいと武蔵と名付けたそうです。鈴木武蔵選手は各世代の日本代表に選出されたした。アジア大会2014韓国仁川の男子サッカーでは鈴木武蔵は「国を背負って戦って何とか優勝します」と語っています。


ゴール後の決めポーズはボルト選手のポーズ!

鈴木武蔵のボルトポーズ
情熱なジャマイカ人の血が流れる鈴木武蔵選手はゴールを決めた後に、ジャマイカの英雄、陸上競技短距離選手のウサイン・セント・レオ・ボルト選手の得意のポーズを真似します。

このポーズを陸上のウサイン・ボルト選手に見せたところ
鈴木武蔵選手の決めポーズをボルト選手が見る
ウサイン・ボルト選手「ゴールを決め続けろ! W杯を目指せ、目標を見失うな!」と鈴木武蔵選手を応援したいました。

ウサイン・セント・レオ・ボルトは、ジャマイカの陸上競技短距離選手。稲妻を意味する「ライトニング・ボルト」の愛称を持つ人類史上最速のスプリンターである。
オリンピックの陸上競技100m、200m、4×100mリレーの3冠を2大会連続で達成し、通算6個の金メダルを獲得。世界陸上競技選手権大会の200mと4×100mリレーを3連覇し、100mとの3冠を2度達成し、最多タイとなる通算8個の金メダルを獲得。100m、200m、4×100mリレーの世界記録保持者。 引用元:Wikipedia -ウサイン・ボルト


足が超早い鈴木武蔵選手

50メートル、5秒09。小学校の時に徒競走を長靴で走っても1位になった武勇伝を持つ!

今回のアジア大会はTBSが独占生中継します。アジア大会2014韓国仁川のTBSの各番組やCMでは、鈴木武蔵選手をゴリ押ししています。マスコミのプレッシャーに真似ないで100%以上の実力を出して頑張ってほしいです。


男子サッカー日本代表は絶対に優勝しなくてはならない!

男子サッカー日本代表は2010年中国・広州開催のアジア大会では優勝(決勝でアラブ首長国連邦と対戦)、2012年ロンドン・オリンピックではベスト4となりました。無念にもオリンピックでは3位決定戦で韓国に負けています。今回のアジア大会は開催地が韓国ということもあり、絶対に優勝しなくてはならないですね。現在の悪化する日韓関係も考えると、絶対に絶対に負けてはならない!のです(笑)

記事参考&出典:TBS『ひるおび!』2014.9.12放送


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー」の人気記事

このページの先頭へ