日本代表、ザッケローニ監督が日本に残した感動の言葉




 日本代表のザッケローニ監督がイタリアに帰国した。帰国の際に、内田篤人、主将の長谷部がザッケローニ監督を成田空港で見送り、ザッケローニ監督が日本に残した感動のメッセージを長谷部選手がブログで報告した。

597

ザック監督 異例のラストメッセージ 長谷部主将のブログで「とても寂しい」

 ワールドカップ(W杯)ブラジル大会で1次リーグ敗退を喫したサッカー日本代表のアルベルト・ザッケローニ監督(61)が、異例な形で日本国民とサポーターに感謝のメッセージを残して母国イタリアに向けて旅立った。

親愛なる日本の皆様へ」と題し、「4年間応援ありがとうございました。日本を離れる事、とても寂しい気持ちでいます」で始まるザッケローニ監督のラストメッセージが発信されたのは、ザックジャパンで4年間キャプテンを務めたMF長谷部誠(30=ニュルンベルク)のブログ上でのこと。

この日、離日するザッケローニ監督の見送りにDF内田篤人(26=シャルケ)とともに羽田空港に姿を見せた長谷部が、指揮官を見送った後に自身のブログを更新。「是非皆様に伝えて欲しいとメッセージを預かりました」として、ザッケローニ監督の言葉をつづった。

 「4年間応援ありがとうございました。日本を離れる事、とても寂しい気持ちでいます。この4年間沢山のサポーター、日本国民の皆様が私の事を受け入れてくれサポートしてくれたおかげで最高の時間を過ごすことが出来ました。私が与えた以上に皆さんが私に沢山のものを与えてくれたと思っています。4年間皆様に沢山力を頂きました。応援してくれた皆さんの事は永遠に私の心に留まり続けます。ありがとうございました」と日本のサポーターへ送る感謝のメッセージを信頼するキャプテンに託したザッケローニ監督。最後は「サヨナラ」と締めくくった。

 長谷部は改めてザッケローニ監督の帰国をブログで報告し、笑顔で並ぶ監督とキャプテンの2ショット写真を掲載。「今日から彼とは友人です。Grazie Zac-san!!」と親愛の情がにじむ言葉をつづった。

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140701-00000111-spnannex-socc

 日本代表は予選敗退したものの、最後に感動のメッセージを残したザッケローニ監督。『終わりよければ全てよし』ではないが、バッシングや批評はあっただろう。だがこのイタリア人紳士は最後に日本に感謝の言葉を残した。勝負の世界『勝ち負けは』最も重要なことだと思う。ワールドカップで敗退し帰国したザッケローニ監督は、勝利で得られる感動とは別の感動を日本に残して帰国した。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





2014ワールドカップ」の人気記事

このページの先頭へ