【2014ブラジルW杯】本田圭佑選手、食べ物をを分け合う貧しい少年時代だった




 いよいよ明日、日本代表がブラジルW杯初戦を迎える。日本代表の本田圭佑選手の調子はどうだろうか、不調と言われているが、何か見せてくれるんじゃないかと期待感はある。日本中がそう思ってるのではないだろうか。本田圭佑選手は少年時代、貧しい生活を送っていた。食べ物一つを分け合う生活だったようだ。今では世界的な一流選手になった本田圭佑選手だが、過去には辛い思いもあったのだ。今大会で日本代表引退とも言われている本田圭佑選手、日本代表の勝利は彼にかかっているといっても過言ではない。

535

食べ物分け合う少年時代=離れた家族、思い胸に―サッカーに見た希望・本田〔W杯〕

サッカーの日本代表は14日(日本時間15日)、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会でコートジボワールとの初戦に挑む。強気の発言でチームを引っ張ってきた本田圭佑選手(28)の個性について、東京五輪のカヌー代表だった大叔父の大三郎さん(79)は「親と離れ離れになり、兄弟で食べ物を分け合った貧しい少年時代に原点がある」と話す。
 本田選手は小学2年の時、両親が離婚。引き取った父司さん(54)は仕事に追われ、大阪府摂津市の祖父母宅に兄弘幸さん(30)と預けられた。
 同い年のいとこも加わり、6畳間で始まった肩を寄せ合う暮らし。当時サッカーを始めた本田選手について、大三郎さんは「食べ物一つを分け合う生活の中、出会ったのがサッカーだった」と指摘する。裕福とは遠い環境にあっても、日没まで空き地でボールを蹴り、兄と枕を並べてプロ選手になる夢を語り合った。
 「セリエAに入団」「(背番号)10番で活躍」。4年前の南アフリカ大会で活躍した際、将来の夢をつづった小学校の卒業文集が反響を呼んだ。
 その後、セリエAの名門ACミランに移籍し有言実行。「世間の耳目を集め、活躍する姿を家族に伝えたいのだろう」。大三郎さんは強気の発言に込めた思いを推察する。
 小学生だった本田選手は小遣いをため、遠方の母親に会いに行ったことがあるという。文集には「大金持ちになって親孝行する」と記していた。
 父親代わりだった祖父満さんは昨年、ブラジルでの勇姿を見届けることなく他界した。セリエA最初のシーズンを不振のまま終えた本田選手だが、大三郎さんは「苦境に立ち、のちのち生きる技を学んだはず。得点を決め、エースとしての責務を果たしてほしい」と奮起を願っている。

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140614-00000090-jij-spo

本田圭佑選手のユース時代のチームメートが語る本田ハングリー時代

本田は幼いころに両親が離婚し、経済状況も決して裕福とは言えない複雑な家庭環境で育った。その当時の口癖は「絶対にサッカーでメシ食ったる」。そうした状況が並外れたハングリー精神を生み出し、現在の強靱な精神力を形成する要因の一つとなった。G大阪ジュニアユース時代に同僚だった與貴行氏(あたえ・たかゆき=28、同コーチ)が当時を振り返る。

「まずファッションが今からは想像もつかないですね。例えば、春から10月くらいまでタンクトップ1枚です。ちょっと寒くなってきたら、その上にダウンジャケット。そして、赤のリュックサックという格好なんですが、これを本当に3年間ずっと一緒なんですよ。靴もボロボロですしね。僕らもそこは触れてはいけないところなのかな、というのはあったけど、ただ本田はそれで暗い雰囲気にはならず常に明るく受け止めていた」

 まずは節約第一。服装に気を使うことは全くなかった。もちろん、他の服を買えない…というところまで困窮していたわけではない。自分のことで親に経済的負担をかけさせたくないという思いから、常に倹約を心がけていたのだ。

 こんなエピソードもある。淡路島の遠征に行った際、試合前日の夜にチームメートを付近の川に呼び出した。

「目の前に大きな川があって、真っ暗な中で向こう側にタッチして戻ってくると言いだして。家長は『そんなん無理や』と言うと、本田は『できたらどうする』と。そしたら家長が『1万円やる』と言いだして『みんな聞いたな、絶対やったる』と(川に)入って行った。そうしたら川の流れが速すぎて流されちゃって…みんなで助けたけど、もうすぐに海なんでホンマ、危なかった。あわや新聞沙汰ですよ(笑い)」(與氏)

 中学生にとっては高額の「1万円」という響きを聞いて命を落としかねないむちゃをしたわけだが、単にお金に目がくらんだわけではない。挑発してきた相手は当時からライバルのMF家長昭博(27=大宮)。そこで強烈な“負けん気”に火がついたのだ。

http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140610-00000016-tospoweb-socc

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





2014ワールドカップ」の人気記事

このページの先頭へ