【2014ブラジルW杯】オランダvsメキシコ、オランダ終盤2発で劇的逆転!メキシコ無念




 ブラジルW杯の決勝リーグ初戦、オランダ(FIFAランク15位)が2-1でメキシコ(同20位)に逆転勝ちし、準優勝だった前回に続きベスト8に進出となった。。1点をリードされた後半43分にスナイデルのゴールで追いつき、終了間際の同49分に途中出場のフンテラールがPKを決めて勝ち越した。メキシコは28年ぶりのベスト8進出はならなかった。オランダは7月5日の準々決勝では、コスタリカと対戦する。一方のメキシコは、W杯では6大会連続の決勝トーナメント1回戦敗退となった。

 後半3分に先制されたオランダは、何度も相手GKオチョアの好セーブに阻まれた。

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/f-sc-tp0-20140630-1326050.html

▼ゴールを喜ぶドスサントス(メキシコ)
595

▼後半3分 ドスサントス(メキシコ)

後半12分にゴール前のDFデフライが右足で押し込むが、オチョアが両手を上げてブロック。さらに同29分、ロッベンがドリブルで持ち込み、メキシコDFをエリア内でジャンプしてかわして右足シュート。しかしこれもオチョアが股を締め太ももでクリアした。

 しかし同43分、オランダがついに追いついた。右CKからファーサイドでフンテラールが頭で落としたボールをフリーのスナイダーが強烈な右足シュート。ゴールネットに突き刺さり、1-1とした。
ttp://www.nikkansports.com/brazil2014/news/f-sc-tp0-20140630-1326050.html

▼後半43分 スナイデル(オランダ)

 さらに同49分、エリア内のドリブルでDFをかわそうとしたロッベンが倒されPKを獲得。これをフンテラールが右足で決めて勝ち越した。

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/f-sc-tp0-20140630-1326050.html

▼決勝PKを決め喜ぶオランダのフンテラール。右はメキシコDFマルケス(AP)
594

▼後半49分 フンテラール(オランダ)

 メキシコの先制点はドスサントスだった。後半3分、右サイドでパスを受け、胸トラップからDFをかわして中央に持ち込み、そのままエリア外から左足シュート。ゴール右すみに決めた。その後も必死にオランダの猛攻に耐えたが、最後に守備の中心で主将のDFマルケスがPKを取られる痛恨のミスで力尽きた。

http://www.nikkansports.com/brazil2014/news/f-sc-tp0-20140630-1326050.html

オランダがメキシコ下し8強 勝敗を分けた給水タイム

 晴天のなか、現地時間午後1時の試合開始時の気温は32度。冷涼な気候の欧州で普段プレーしているオランダより、過酷な環境に慣れているメキシコに分があると見られた。両チームともウイングを下げ気味に5バックでスタートし、持久戦を想定。それでもオランダは押し込まれた。前半9分には守備的MFデヨング(29)が故障し、メキシコの連続攻撃をしのぐので精一杯だった。

 そんななか迎えた32分過ぎ、主審は給水タイムで試合を中断。オランダにとってはありがたい“水入り”となり、その間にファンハール監督(62)から戦術を4―2―4に修正するよう指示を受けた。
これで前半を乗り切った。

 後半に入ると3分に失点を喫し、その後も押し込まれる苦しい展開。だが、31分過ぎのこの日2度目の給水タイムで選手の気力と体力の消耗は最小限に抑えられた。終盤で踏ん張りが利いたオレンジ軍団は、国際サッカー連盟(FIFA)に救われた形となった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140630-00000032-tospoweb-socc

 対戦前には、メキシコが有利でオランダはDF陣にもろさがあるとの報道もあったが、結果オランダの底力が勝った。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





2014ワールドカップ」の人気記事

このページの先頭へ