【2014ブラジルW杯】ネイマールを怪我させたスニガ選手がついにギャンブルの対象に




 ブラジルW杯の準々決勝で、ブラジル代表のネイマール選手に脊椎骨折のけがを負わせたコロンビア代表のフアン・スニガ選手。ブラジルのマフィアから報復宣言がなされているだけでなく、すでに海外の違法ギャンブルサイトではスニガ選手の殺害されるかについて賭けが行われた。

668

ネイマール加害選手の「殺害」賭博開始 アングラサイトで「KILL」に1.4倍の賭け率

今月9日、同サイトではスニガ選手の顔写真と配当率が公開され、約24時間以内に殺されるかどうかについてユーザーたちが賭けを行ったという。

「Kill ​​1.40 VS Save 4.30」という賭け率となり、スニがが時間内に死亡すれば「Kill」に賭けた人は1.40倍の賞金を獲得、殺害されなければ「Save」に賭けた人は4.30倍の賞金となる。マフィアが報復宣言をしたために、「KILL」へ賭ける人が多くなったようだ。

このギャンブルは「SAVE」側が勝利、またスニガ選手は現在コロンビア連盟のもと保護されている。とはいえ、マフィアサイドは同選手に賞金をかけたとも言われており、余談は許さない状況だ。

出展:http://mogumogunews.com/2014/07/topic_7465/

 ネイマール選手を怪我させたコロンビアのスニガ選手。故意にやったかどうかは分らないが、ブラジル代表が敗退したため、その原因になったと言われかねない。
 今回のブラジル代表は、ネイマール選手がいなかった事だけで敗退したとも思えない。いつになく脆いチームだった。ネイマールは途中怪我で抜けることになったが、結果から見るとそのおかげでバッシングの対象から外れたようにも見える。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





2014ワールドカップ」の人気記事

このページの先頭へ