プロレス『FMW』が13年ぶりに復活!2015年4月22日、プレ旗揚げ弘前大会!ハヤブサ選手の復帰の時が来る!




伝説のインディープロレス「FMW」が13年ぶりに「超戦闘プロレスFMW」として復活します。2015年4月21日、青森県弘前市・弘前市河西体育センターで開催されます。その後は、4月22日に仙台、4月23日福島県会津若松でプレ再旗揚げ戦が行われる予定。

4月27日に東京・新宿FACEで再旗揚げ戦を予定。大仁田厚選手(57)の参戦も決定です。 なぜ今、FMWが復活するのか? 2001年に試合中に大怪我をしたハヤブサ選手の復帰の場なのである!

FMW復活 ハヤブサ復帰リングを用意 2015/04/03

 旧FMWで専務取締役営業部長を務め、今回、FMWプロモーションの代表取締役社長に就任した高橋英樹氏(55)は「休眠していたFMWをもう1回復活させようと考えた。当時の荒井社長の悲しい事件の後、ちりぢりになった選手でもう1回集まろうということ。そして、(01年10月の試合中に大けがをした)ハヤブサの帰ってくるリングを用意したい」と再興の理由を説明した。

FMW-復活-プロレス-ハヤブサ

引用元&参考元:http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2015/04/03/0007881138.shtml

スポンサードリンク

FMWについて

フロンティア・マーシャルアーツ・レスリング(Frontier Martial-arts Wrestling )

元全日本プロレスの大仁田厚選手が1989年に5万円の資金で設立したプロレス団体がFMW。日本におけるインディープロレス団体の草分け的存在、男女混合団体で日本初ミックスファイト、女子単独興行など手がけた。

大仁田厚時代のFMWの成功の影響力は強く、それに倣ったインディープロレス団体の乱立を招くことになり、1990年代以降の日本プロレス界が多団体時代を迎える影響を及ぼしている。世界のハードコア・レスリングの先駆的存在にもなり、FMWは伝説のインディープロレス団体であった。

初期FMWは、格闘技色が強い

1989年10月6日、名古屋市露橋スポーツセンターでFMWは旗揚げしました。 初期FMWは、「フロンティア・マーシャルアーツ・レスリング」の団体名が示す通り、キックボクシング、柔道、テコンドーなどの格闘家の参加も多く異種格闘技的な要素が強かった

これは、当時隆盛だった格闘技要素の多いUWFへの対抗心によるところが大きかったようだ。 しかし、格闘技を皮肉った面も多く「総合格闘技オープン・トーナメント」と銘打たれた大会で、栗栖正伸選手がイス攻撃を駆使して優勝したり、ボクシングの元世界チャンピオン、柔道メダリスト、空手家、プロレスラーなどの「タッグチーム」が競う「世界最強総合格闘技タッグリーグ戦」が開催されたりしたり、プロレス色を活かした戦いが多かった。

大仁田厚選手引退

1994年5月5日の川崎球場大会で、自らの土俵である電流爆破マッチに持ち込みながらも天龍源一郎(当時WAR)に敗れた大仁田は引退を決意。一年間の引退シリーズを経て、1995年5月5日に川崎球場大会で引退試合を行いプロレスを引退しました。

新生FMWの時代はハードコアスタイルへ

大仁田選手引退後、新生FMWの時代が始まります。ハヤブサ選手を中心に、女子・工藤めぐみ選手、田中正人選手(現・田中将斗)、松永光弘選手、金村ゆきひろ選手(現・金村キンタロー)らがリングに活力を蘇らせ、大仁田時代の胡散臭さや怪しさを押し出したスタイルとは異なる、後にハードコアスタイルと呼ばれる激しい戦いのスタイルとなった。

ハヤブサ選手の頸椎損傷の大怪我!

2001年10月22日に、ハヤブサ選手が後楽園ホールでの試合中の事故で頸椎損傷の大怪我で長期欠場となった。特にハヤブサが大怪我をした時のシリーズの試合日程が異常ともいえるほどのハードスケジュールだったと元荒井社長の著書に記されている。

加えて2002年1月にはミスター雁之助選手も負傷、長期欠場となった。看板選手の欠場は、経営基盤の弱いFMWには致命傷となり、コストカットのため、田中選手、邪道選手、外道選手、中山香里選手の4名の契約解除となった。

FMWは消滅

2002年2月14日、団体は不渡りを出す。その翌2月15日にも、二日連続で不渡りを出し事実上倒産。負債総額は3億円。そしてFMWは消滅となりました。

参考元:http://ja.wikipedia.org/wiki/フロンティア・マーシャルアーツ・レスリング



超戦闘プロレスFMW

今回、再旗揚げをするFMW。元FMWの営業、全日本プロレスの営業であった高橋英樹氏が代表を務める。

プレ旗揚げ戦「FMW復活シリーズVol.1」

・2015年4月21日(火) 試合開始 18:30 青森県・弘前市河西体育センター
・2015年4月22日(水) 宮城県仙台市
・2015年4月23日(木) 福島県会津若松市

旗揚げ戦

・2015年4月27日(月) 東京・新宿FACE

参戦予定選手

ハヤブサ(出場時期は未定)、大仁田厚(東京・新宿FACEを予定)、超電戦士バトレンジャー 他

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





スポーツ」の人気記事

このページの先頭へ