【東京マラソン注目】走りながらトマトを食べさせるロボット「ウェアラブルトマト」装着ランナーが参加!【動画】




今年(2015年)も2月22日(日)に東京マラソンが開催されます。歴史あるマラソン大会なのですが、仮装大会や宣伝の場としても使われています。今年の東京マラソンの注目は、ロボットを装備したランナーです。

東京マラソン カゴメ ウェアラブルトマト

走りながらトマトを食べさせるロボット「ウェアラブルトマト」を装着したランナー!なぜトマトなのか?

食品会社カゴメと芸術ユニット「明和電機」が、走りながらトマトが食べられる機械装置を共同開発。

トマトに含まれる疲労軽減に効くとされる栄養素のPRのため開発。次世代型端末にあやかり「ウェアラブルトマト」と命名した。

重さ8キロで実用に向かず、非売品だが、22日の東京マラソンで、小型版を社員が装着して参加する。給水ポイントを涼しげに通過してトマトをかじるスタイルで、次世代型マラソンを提案?

引用元:http://www.msn.com/ja-jp/news/national/トマト走りながら食べられる装置…東京マラソンに参加/ar-BBhN6ru?ocid=UP97DHP

スポンサードリンク

「ウェアラブルトマト」の動画

ウェアラブルトマト完成篇
「トマトはスポーツとの相性が抜群なのに、スポーツシーンで食べられないのはなぜなのか­­?」と悩んでいたカゴメ社員の鈴木さん、ふとしたきっかけで発見した。「トマトに足りないのはモバイル性だけ」

2015年2月19日から開催のイベント「ウエアラブルトマト」が登場。ボタン1つで、いつでもどこでもトマトを補給できる着用型タイプ。

「ウエアラブルトマト」完成発表会を都内で開催した様子

ガゴメに一言

「明和電機」との共同開発って! カゴメのお偉いさんの包容力を感じます。メーカH社では絶対に許されないこの開発です。

トマトはスポーツとの相性が抜群」なのでトマトだったんですね。カゴメさん、給水ポイントで、吸収しやすいカゴメトマトジュースじゃダメなの?あえて固形のトマトを食べる意味があるのだろう(笑)

「ウエアラブルトマト」を装着したカゴメ社員はおふざけでの参加は許されない。フルマラソンを完走、上位入賞に向けてガチな走りを見せて欲しい!「トマトはスポーツとの相性が抜群」なのだから、それを証明してこそカゴメがトマトを本当にPRしたことになるのですよ。


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





スポーツ」の人気記事

このページの先頭へ