香川真司の有力移籍先にあのイタリアの名門クラブが急浮上




マンチェスターUで出場機会が減っている日本代表の香川真司の移籍先に、イタリア1部リーグ(セリエA)で日本代表DF長友佑都(27)が所属するインテル・ミラノが興味を示しているとのこと。

119

報道では、香川真司とマンチェスターUの関係が決裂しかかっているとの内容で、香川真司の代理人がインテル・ミラノへ売り込みをしたとの報道であった。

また、古巣のドルトムントをはじめとするブンデスリーガのクラブも興味を示しているとも言われている。

香川真司にはワールドカップで日本を上位に導く原動力になってほしい、先日のNZランド選でのPKで得点はしたもののマンチェスターUでは出場機会に恵まれていない。

ワールドカップをベストコンデションで迎えるためにも、クラブチームでの試合出場は不可欠である。今の香川真司にとって最も重要なことは試合に出ることではないだろうか?

インテル 香川に興味「有力なFIFA公認代理人から売り込み」と伊紙

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)で日本代表DF長友佑都(27)が所属するインテル・ミラノが、マンチェスターUの同代表MF香川真司(24)の獲得に興味を示していると、6日付のイタリア紙トゥット・スポルトが報じた。

 インドネシア出身のトヒル会長が、マンチェスターUから元セルビア代表DFビディッチを獲得したのに続いて香川獲りを画策しており、調査に本腰を入れるという。

 同紙は「本田とともに日本代表の中で最も優秀な選手は、マンチェスターUとの関係が決裂しかかっている。そして、ある有力なFIFA公認代理人からインテル側に売り込みがあった」と報道。香川にはすでに古巣ドルトムントやボルフスブルクなどブンデスリーガのクラブも興味を示している上に、移籍金が1500万~1600万ユーロ(21億4500万円~22億8800万円)と高額なため「交渉は簡単なものではないだろう」と伝えている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140306-00000146-spnannex-socc

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





サッカー, スポーツ」の人気記事

このページの先頭へ