【ドローン】の選び方はどおすれば良いの!?種類(メーカ・仕様)、価格、おすすめ(人気)【ランキング】、目的(用途)別【ドローン】選定方法




最近流行りの【ドローン】を購入したいと考えている人も多いと思います。でもいざ購入しようとすると何を選んだらいいのか分からないと言う人も多いのでは無いでしょうか!?そこで今回は、その【ドローン】の選び方、種類(メーカ・仕様)、価格、おすすめ(人気)【ランキング】等について【まとめ】てみました。是非参考にして頂ければと思います。



スポンサードリンク




ドローンとは!?

ドローンと言う言葉の意味は、ハチの(ブーンという低い)羽音、羽音、はばたき、ハミング等の意味があります。この意味の様に、ハチが羽ばたく様な音で飛ぶラジコンをドローンと総称しています。

ドローンは、無人で遠隔操作や自動制御によって飛行できる航空機の総称で、2015年7月に閣議決定された改正航空法では、ドローン(無人航空機)について次のように定義されました。ドローンと呼ばれる機器にはさまざまな用途、大きさ、形状の航空機が含まれる。

航空の用に供することができる飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船そのた政令で定める機器であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦(中着)により、飛行させることができるものをいう。




ドローンの価格帯

ドローンの価格帯は、低価格なものは1万円以下から、高額なものは、30万円以上する物まであります。高額な商品は、それなりの仕様になっていますが、一般的には、低価格なドローンを購入される方が多いのではないでしょうか。




ドーンのメーカ

価格帯も幅広くあるため、その種類(メーカ・仕様)は多種多様です。以下にメーカ、仕様の違い等について【まとめ】てみました。


ドローンを製造するメーカ

次に、ドローンを代表するメーカについてご紹介させていただきます。ドローン業界は、既に市場規模が、11億ドル(日本円で1000億円)以上であると言われています。産業用に加え、今後も増え続けると予測されています。従って、数多くのメーカがその市場に参入しています。

ドローンは、元々軍事用としての用途が多かったが、現在では、商業用や個人の重要も増えている。商業用としては、運送、通信環境構築、撮影などなど用途が多い様だ。

特に有名なメーカを以下にご紹介させていただきます。全世界では、ドローンメーカは400社以上あると言われている。


  • DJI
  • Parrot
  • 3DR


DJI

主要なメーカーの筆頭は中国は深センに拠点を置くDJIだ。2014年に売上5億ドル、2016年には15億ドルと公表している。上記の通り、2014年のドローンの世界市場が11億ドルと言われる。

このデータから、DJIはシェアの約半分を取っていることになる。当面はこのDJIがシェアトップを走るのではないだろうか。

DJIのPhantomは比較的安く、価格帯としては数万円からと高性能なドローン安価にを利用できるのが特徴だ。

『Phantom3』というシリーズでは、4K動画の撮影も可能にり、『空撮』という目的であれば世界トップと言ってよいだろう。

また、DJIの代表機『Phantom』モデルは、小型カメラのGoProをつけて空撮する、という世界的なトレンドがうまれた。

商業的な用途としては、世界No.1小売りのウォルマートのドローン空輸プロジェクトにおいて、DJI社製のドローンが採用された。加えて、DJIの代理店としてAppleもその名を連ねる。

ドローンを購入するなら、DJI製のドローンを購入すれば、問題になることは無いだろう。

・【DJI】 Amazon最新ランキング


主なシリーズ
画像 品名 特徴 販売サイト
Phantom(ファントム)シリーズ フラッグシップモデルのクアッドコプター。世界で一番有名なドローンと言っても良いだろう。現在4まで出ており、4K動画の空撮まで可能に。 ・Amazon
・楽天
Mavic(マヴィック)シリーズ GoPro搭載、2016年に出た比較的新しい小型ドローン。Phantomシリーズはでかく重たかったがこちらはコンパクト。障害物を自動でよける機能が有名。そして折りたためる。DJIがライトユーザー向けのモデルとして発売したモデル。 ・Amazon
・楽天
Inspire(インスパイア)シリーズ Phantomシリーズをベースとしたプロ用。5.2Kのカメラをはじめ速度、バッテリー、ボディなど全てハイエンド仕様。AGRAS MG-1は、農業用。農薬を10kg搭載し散布できるというもの。Matrice 600は、産業用ハイエンド機種。プロ向け、産業向けの空撮が可能。 ・Amazon
・楽天
Spark(スパーク)シリーズ 現段階で公式発表は無い、小型・軽量のMavic Proより更に小型と言われるシリーズ。 ・Amazon
・楽天


Parrot

フランスのメーカとして有名なのが、(パロット)と言うメーカです。Parrot(パロット)はフランスの老舗企業で売上規模は、2014年度で110億円と言われています。

Parrot(パロット)は元々、スマートX(スマートヘッドホン等)を製造していたメーカです。

Parrot(パロット)のドローンは種類が多彩で、最も有名なシリーズは『Bebopシリーズ』です。その他に13種類も及ぶシリーズは、ミニドローンをはじめ多彩なラインナップになっています。

・【Parrot】 Amazon最新ランキング

主なモデル

画像 品名 特徴 販売サイト
Bebopシリーズ Parrot(パロット)のフラッグシップモデル ・Amazon
・楽天


3DR

アメリカのメーカとして有名なのは3DRobotics(スリーディロボティクス)が挙げられる。

3D Roboticsは略して3DRと呼ばれることが多く、ドローンの売上規模は、2014年度で21億円と言われている。

世界初の『スマートドローン』製造したのが3DRである。機種名は『Solo』で、専用のコントローラではなく、スマホでドローン操作が可能なのが特徴です。また、価格面でもかなり安価に設定されている。

DJIが『Phantom3』安くしたのは、『Solo』の影響が大きいと言われています。

3DRのドローンは2017年現在、芝本産業が正規代理店として『SOLO』を販売している。

・【3DR】 Amazon最新ランキング

主なモデル

画像 品名 特徴 販売サイト
Solo 世界初の『スマートドローン』 ・Amazon
・楽天


その他のドローンブランド

・現在作成中




ドローンの仕様の違いと種類

ドローンは、その機能(仕様)により種類の分類する事が可能です。


  • ローター数の違い
  • カメラの有無
  • FPVが可能か


ローター数の違い

ドローンの飛行性能を大きく左右するのが、この『ローター』の数です。具体的には以下の様な表現で記載されている場合が多いです。ローター数が多くなれば、揚力が高くなります。一方、価格が高くなるのが一般的です。

トライコプター:ローターが3個のドローン
クアッドコプター:ローターが4個つのドローン
ヘキサコプター:ローターが6個のドローン
オクトコプター:ローターが8個のドローン


カメラの有無

カメラが付属しているか否以下によっても仕様を分けることが出来ます。また、カメラの画素数でもその仕様が分かれます。


FPVが可能か

FPVとは「First Person View」の略で一人称視点という意味で、搭載されているカメラに映し出された映像を観て操縦することができる機能をさします。ドローンは、空撮目的で購入する場合が多いため、FPVを利用したドローンのレースもありドローンにはなくてはならない機能となっています。

FPVという機能に対応しているドローンであれば、ドローンが撮影中の動画をリアルタイムでコントローラーやスマホの画面に映し出す事が可能であるため、自分が撮影したい画像をある程度、思い通りに撮影することが可能になります。




ドローンの選び方

ドローンは、その仕様の違いによって、価格も大きく異なります。従って、ドローンを購入して何をやりたいかという、ドローン購入の目的を決めてから、商品を選ぶ事をおすすめします。

とは言え、基本的に、ドローンを購入する目的は、空撮ではないでしょうか。これ以外で購入する人はほとんど居らっしゃらないのが現実ではあります。

従って、空撮を最終的な目標とし、初めは、有る程度の機能の物を購入し、その後本格的に空撮したい場合は、高級モデルに移行するのがおすすめの方法です。




『メーカ別・価格帯・仕様別』【ドローン】人気(おすすめ)ランキング

・現在作成中




まとめ

一言でドローンと言ってもその種類や昨日は様々です。仕様目的を明確にして選ぶようにしてください。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





トレンド」の人気記事

このページの先頭へ