【レゴ(LEGO)ブロック(おもちゃ売上世界1位)】が人気の理由(魅力)、歴史、作品集等【まとめ】おすすめ(人気)のレゴ(LEGO)は!?値上がりを期待した投資も!?




今回は、おもちゃ売上世界1位)のレゴ(LEGO)ブロックについて、その歴史、魅力、作品集等を【まとめ】てみました。おすすめ(人気)のレゴについても合わせてご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク




歴史

レゴ(LEGO)は、デンマークにある玩具メーカ。1934年に『よく遊べ』を意味するデンマーク語の『LegGodt』から社名を『LEGO』としたとした。


レゴ(LEGO)は元々木製の玩具を製造していた

レゴ(LEGO)は元々、木製玩具を製造していましたが、1949年からプラスチック製の玩具販売を開始いたしました。1929年までは、レゴは大工をやっていました、世界恐慌で仕事も目減りしたため、大量に残った材木から『おもちゃ』を造ることをはじめました。


初期のレゴ(LEGO)ブロック

初期のレゴ(LEGO)ブロックは、レゴ(LEGO)マークもなく、裏は空洞でチューブもありません。組み上げたときにブリック内の気圧の変化で、うまく組めなかったり、逆に外れなくなる事を防ぐため、ピースの横に溝をつけていました。


現在のレゴ(LEGO)ブロックは誤飲した場合の窒息防止用の『穴』が付いている

左のレゴ(LEGO)は1990年以前のレゴ(LEGO)、右のレゴ(LEGO)1990年以降のレゴ(LEGO)の画像です。左のレゴ(LEGO)には穴が無く、右のレゴ(LEGO)には穴があります。これは、子供が誤飲した場合に、窒息を防止するための物です。


レゴ(LEGO)には世界に10人しかいない『マスター・ビルダー』がいる

マスター・ビルダーの大澤よしひろさん。日本唯一のマスター・ビルダーです。マスター・ビルダーを選出するコンテストで優勝して選ばれたそうです。


レゴ(LEGO)マスタービルダーの作品集


代表的なレゴ(LEGO)シリーズ

レゴ(LEGO)は現在まで何千種類もの商品を販売してきました。その題材は多岐に亘り、銀河、ロボット、海賊、中世の城、恐竜、街、郊外、西部開拓時代、北極調査隊、船艇、レーシングカー、鉄道、スター・ウォーズ・シリーズ、ハリー・ポッター、スパイダーマン、バットマン、インディ・ジョーンズ、トイ・ストーリー、パイレーツ・オブ・カリビアン等様々な種類が存在します。




レゴ(LEGO)の売上

2014年6月期は中間期ながら『バービー』で知られる米マテルを抜き、玩具で世界最大手となりました。




レゴ(LEGO)作品集

レゴ(LEGO)は、どんなものでも作りあげることが可能です。


お城


戦艦


キャラクター




レゴ(LEGO)が人気の理由(魅力)

レゴ(LEGO)ブロックの魅力は、どの商品もザインが単純明快で、使い方の説明を要する部品は少なく。 子供向け玩具なので、説明書を読まなくてもそのブロックの機能が分かるよう仕様ではないでしょうか。


  • 遊びながら学べる
  • 作ることで学ぶ


遊びながら学べる

子供は、遊びの中で様々な発見をしています。遊びには子どもたちの好奇心や探究心をかき立てる無限の可能性があります。子供達は、多くの知識を自然に体験し学んでいるのです。レゴ(LEGO)は、この『遊び』の中で感じる『楽しい』『面白い』という気持ちこそが、自発的な学びを促すのです。


作ることで学ぶ

学ぶということは、子供にとってごく自然なことであり、すべての人間が持っている能力です。身の回りを探究することで子どもたちは世界とそこにあるものを理解しようとし、物事がどのように関連しているのかを見つけ出そうとします。

レゴ(LEGO)は『本当の理解は実体験から得られる。子どもたちが何かを夢中で作り上げているとき、その過程で学んだことはだれかに言われたどんな教えよりも深くしみ込む』と言われています。

子供もたちがレゴ(LEGO)ブロックで何かを組み立てているとき、頭の中においても知識が築き上げられています。新しい知識は、さらに高度な解決策を編み出し、より多くの知識を生み出します。このように自然増幅のサイクルを繰り返し、学びのプロセスを振り返りながら子どもたちは達成感と自信を育み、さらなる挑戦を続けいていきます。



レゴ(LEGO)の教育(知育)効果、子供(幼児)の脳に与える影響は!?

レゴ(LEGO)は子供(幼児)の脳に良い影響を与えると言われています。

レゴ-知育-教育-効果-脳
【レゴ(LEGO)の教育(知育)効果】については、こちらの記事をご覧ください。
・レゴ(LEGO)ブロックが子供(幼児)に与える教育(知育)効果について【まとめ】てみました!脳への影響は!?




レゴ(LEGO)は値上がりする!?

過去に発売されたレゴ(LEGO)は、現在高値で取引されている商品も多数存在します。過去にはこんなに値上がりした商品もありました。レゴ(LEGO)は、型を廃却してしまうため同一商品の再販がありません。このため、人気が出た商品は、価値が上がり、値上がりします。このため、投資家の中には、レゴ(LEGO)購入して売却する、投資目的で購入する投資家もいるようです。過去に販売された商品で、いくつか高値になっている商品をご紹介させて頂きます。


レゴ (LEGO) クリエイター・タージ・マハル 10189

定価:23,100円

画像 品名 販売サイト
レゴ (LEGO) クリエイター カフェコーナー 10182 ・Amazon
・楽天


レゴ (LEGO) クリエイター カフェコーナー 10182

画像 品名 販売サイト
レゴ (LEGO) クリエイター・タージ・マハル 10189 ・Amazon
・楽天


レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン 10179

定価:79,800円

画像 品名 販売サイト
レゴ (LEGO) スター・ウォーズ ミレニアム・ファルコン 10179 ・Amazon
・楽天
レゴ-値上がり
【過去に値上がりしたレゴ(LEGO)】については、こちらの記事をご覧ください。
・レゴ(LEGO)で『過去/歴代』値上がりした商品【ランキング】




まとめ

いかがでしたか!?レゴ(LEGO)は全世界で最も売れているおもちゃ(玩具)です。子供だけではなく、大人でも大作を作ったり一生付き合う事ができるおもちゃ(玩具)です。早い段階で、お子様のプレゼント(誕生日・クリスマス)して、レゴ(LEGO)の世界を体感させてみるのもいいのではないでしょうか。


『レゴ(LEGO)』種類(シリーズ)・選び方・おすすめ(人気)等【まとめ】



レゴ(LEGO)Amazon【最新】売れ筋(人気)ランキング

おすすめ

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





トレンド」の人気記事

このページの先頭へ