レゴ(LEGO)ブロックが子供(幼児)に与える教育(知育)効果について【まとめ】てみました!脳への影響は!?




レゴ(LEGO)ブロックは、子供(幼児)の教育(知育)に良い効果(効果)があると言われています。脳への影響ははどのようなものなのか【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




レゴ(ブロック)の教育(知育)効果

昔から、レゴ(LEGO)ブロックは、子供(幼児)の教育(知育)に良いと言われてきました。具体的には、どのような効果(影響)が見込めるのか、ネットにある情報を【まとめ】てみました。


  • 指先を使う事で脳が刺激される
  • 発想力が高まる
  • 3次元的(立体的)な創造力が養われる
  • 構築力が培われる
  • 問題解決力が高まる


指先を使う事で脳が刺激される

細かい部品を指先で扱う作業は、脳の刺激になります。「手と脳」については、古くから多くの哲学者や脳科学者がその密接な関係性を示唆されており、18世紀ドイツの哲学者エマヌエル・カントは、「手は外部の脳である」と語ったと伝えられています。日本の脳科学者・茂木健一郎氏は、「手はある意味で私たちの脳内にある概念と現実世界とをつなぐメディア」とも述べています。


発想力が高まる

レゴ(LEGO)ブロックを使い、何かを作ろうとする行為は、想像力が必要になります。自ら作りたいものを想像しするため発想力が身に付きます。


3次元的(立体的)な創造力が養われる

レゴの最大の魅力は、絵やゲームでは身につきにくい3次元的思考を必要とすることです。

どのブロックとどのブロックを組み合わせればどういう形になるのか等を考えながら作業をするため、集中力も同時に養われます。


問題解決力が高まる

限られたブロックの形状で、目標とする形状を作りあげるため、問題を解決する能力が培われます。




海外でも高く評価されている

国内、および海外で、レゴ(LEGO)の教育(知育)効果に関する学術論文が発表されています。


論文

・現在指作成中




教育(知育)にはどんなレゴが良いの!?

レゴ(LEGO)には、大きく分けて、2つの種類があります。ひとつは、単なるブロック(基本ブロック)だけのもの、もうひとつは、あるテーマ、例えば車やお城など、決まった形状を作るものがあります。

特に効果があると言われているものは、単なるブロックだけのものです。その理由は、答えのない物を1から作りあげる必要があるためです。

従って、最初に子供(幼児)に買い与えるレゴ(LEGO)は、この基本ブロックと言われる、ブロックだけのものがおすすめです。


【年齢別】基本ブロック

レゴ(LEGO)は、【年齢】に応じて、多くの商品をラインナップしています。有る程度の難易度を【年齢別】に分けているため、子供の年齢に合わせて購入するのがおすすめです。


デュプロ


ジュニア


クラシック

『クラシック』 Amazon 売れ筋ランキング【最新】




まとめ

いかがでしたか!?レゴ(LEGO)ブロックには、脳を刺激し、創造力を高める等、遊びの中で、脳への効果が得られる知育玩具であることがわかりました。これは子供(幼児)だけではなく、大人でも同様の事が言えます。親子揃って、レゴ(LEGO)で脳を鍛えてみてはいかがでしょうか。


『レゴ(LEGO)』種類(シリーズ)・選び方・おすすめ(人気)等【まとめ】



レゴ(LEGO)Amazon【最新】売れ筋(人気)ランキング

おすすめ

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





トレンド」の人気記事

このページの先頭へ