子供に『ひらがな(平仮名)』を教えるのは『いつ(何歳)』から!?書き方、読み方の教え方(覚えさせ方)のコツ【まとめ】、おすすめ(人気)の玩具(おもちゃ)は!?Amazonで評価・評判・口コミ(レビュー)を確認しました!




子供に『ひらがな(平仮名)』を教えるのは『いつ(何歳)』から!?と悩んでいる親子さんも多いのではないでしょうか!?そこで今回は、そのひらがな(平仮名)の書き方、読み方の教え方(覚えさせ方)のコツ等について【まとめ】てみました。また、合わせて、おすすめ(人気)の玩具(おもちゃ)についてもご紹介させて頂きます。



スポンサードリンク




子供が『ひらがな(平仮名)』を覚えるのはいつ(何歳)が良い!?

子供に『ひらがな(平仮名)』を教えるのはいつ(何歳)からが良いか迷っている親子さんも多いと思います。

実際に世の中の子供はいつ(何歳)から『ひらがな(平仮名)』の読み書きが出来るのか調べてみました。


子供はいつ(何歳)から『ひらがな(平仮名)』の読み書きができる!?

引用元:http://www2.shimajiro.co.jp/contents/hiragana/oshiekata/index.html

通信教育をはじめとする教育、育児等のサービスを提供している、ベネッセが統計データを掲載していたので、引用させて頂きました。


ひらがな(平仮名)が読める年齢

ベネッセが調べたデータによると、3際〜4歳にかけて、ひらがなが全部読める子が一気に増えるようです。ひらがな(平仮名)を読める子供は3歳では21%だった割合が、5歳には85%になります。

このデータから、5歳までには、ひらがな(平仮名)の読みは出来るようになっていた方が良いようです。


ひらがな(平仮名)が書ける年齢

ベネッセが調べたデータによると、4歳からは、幼稚園でのお手紙交換などをきっかけに、自分で「ひらがなを書きたい!」という意欲がわいてくることが多いようです。

6歳までで、全体の8割弱の子供が、ひらがな(平仮名)を書けるようになるようです。6歳を目安に、ひらがな(平仮名)を書けるように教えるのが良いのではないでしょうか。


ひらがな(平仮名)・数字・足し算・引き算を覚えるのは何歳(いつ)!?

ネットの情報から、一般的に『ひらがな(平仮名)・数字・足し算・引き算』を何歳(いつ)覚えるのかについて【まとめ】てみました。




『書き方・読み方』の教え方(覚えさせ方)のコツ

実際に、どのような方法で『ひらがな(平仮名)』を教える(覚えさせる)のが良いのでしょうか!?教え方(覚えさせ方)とそのコツ等について解説させて頂きます。


  • 子供が興味を持ったタイミングで教える(覚えさせる)
  • 読み方から教える(覚えさせる)
  • 書き方を教える(覚えさせる)
  • アプリで覚えさせる
  • 玩具(おもちゃ)を使い楽しませながら教える(覚えさせる)


子供が興味を持ったタイミングで教える(覚えさせる)

子供にひらがな(平仮名)を教えるは、子供の好奇心を利用するのがおすすめです。3歳頃から、本を読み聞かせたり、幼稚園の友達の名前の読み方等を教えるのが良いでしょう。

特に読み方を覚えさせようとするのではなく、出来るだけ生活の中で、子供が興味をもった事や物を中心に『ひらがな(平仮名)』の読み方を教える(覚えさせる)のがコツです。


読み方から教える(覚えさせる)

先ずは、『ひらがな(平仮名)』の読み方を読み方を中心に教えるのが良いでしょう。3歳くらいになったら、家のリビングやお風呂など、子供の目の付くところ等に、「あいうえお」を書いた紙などを貼り付け、文字の形と音を教える(覚えさせる)ようにしてみましょう。また、好きな絵本を読みながら教えたり、自分の名前の読み方を教えたり等が有効的な方法です。


書き方を教える(覚えさせる)

読み方が分かってきた段階で、書き方を少しずつ教える様にしましょう。先ずは、文字を書かせようと思うのではなく、鉛筆や色鉛筆等を与え、手で何かを描く楽しみを教えながら、最終的に『ひらがな(平仮名)』を書かせるような方法がおすすめです。


アプリで覚えさせる

アプリでも、『ひらがな(平仮名)』の読み書きをおぼえる事ができます。無料なので是非活用してみてください。


iphone

・現在作成中


Android

・現在作成中


玩具(おもちゃ)を使い楽しませながら教える(覚えさせる)

最近では、楽しく『ひらがな(平仮名)』の書き方を覚える事が出来る玩具(おもちゃ)も多数販売されています。これらの玩具(おもちゃ)を使い、楽しませながら『ひらがな(平仮名)』を覚えさせるのもおすすめの方法です。





スポンサードリンク




おすすめ(人気)の玩具(おもちゃ)【ランキング】

人気(おすすめ)【ランキング】については、お手通販サイトAmazonの【ランキング】を採用しました。Amazonは圧倒的な販売数量があるため【ランキング】の信頼性も高くなります。人気の商品を知るために活用してみてください。

最新のAmazon【ランキング】は、以下のリンクからご確認ください。
・【ひらがな・カタカナ・漢字(知育・学習玩具)】 Amazon【最新】ランキング


順位 画像 商品名 販売サイト
1位 くもんの磁石あいうえお盤(すうじ盤50) ・Amazon
・楽天


商品説明

駒の表はひらがな、裏は数字。盤も表はひらがな、裏は1から50までの数字になっている。表面では、ひらがなの形や五十音の並びを身につける「あいうえお盤」として、裏面では「すうじ盤50」として使用可能。駒用の収納袋つき。

【対象年齢】:1歳6ヶ月から


評価・評判・レビュー(口コミ)
2歳から
利点
程よい大きさで、持ちやすい。
ひらがなも数字も使える。
とてもいいです!買って良かったです!
磁石遊び、ひらがな遊び、数字あわせ、
手触りも値段もちょうどいいです。
ありがとうございました❗
大満足です
子供とても好きだった、2歳子今1から10まで数えることができました、とても嬉しかった、おすすめです。


順位 画像 商品名 販売サイト
2位 ひらがなさいころつみき ・Amazon
・楽天


商品説明

立方体の1面はイラストで、ほかの5面にはそれぞれにひらがなが書かれています。同じひらがなが書かれているつみきは5個あるので、「きつつき」「しまうま」など、文字が重なることばも多く作れます。

また、濁音、半濁音、拗音、促音のつみきもあるので、「きんぎょ」「きって」などのことばにも対応。通常のつみき遊びはもちろん、しりとり遊び、クロスワード、名前作り、ことば合わせなど、楽しみながらひらがなやことばの世界を広げることができます。

【対象年齢】:3歳から


評価・評判・レビュー(口コミ)
悩みに悩んで選んだ知育玩具の積み木
孫に購入しました。まだ遊ばせていないのでわかりませんが、気になることがあります…長く使用して絵が剥がれないかです。
孫が大人になって懐かしいと手に取る事が出来るようにしっかりした商品ならと思っています。 孫が来て喜ぶ顔が早く見たいです。 木の温もりが気に入りました。
お気に入り
2歳5ヶ月で、ひらがなの認識はまだですが、絵を見て食べ物や動物を探したり、汽車の荷物にしたりして遊んでいます。文字に興味を持ったらもっと遊びが広がりそうです。
三歳の息子に
ひらがなを教える為に購入しました。

選んだ理由として、
・濁点、半濁点の文字も入っている。
・「あ」と書かれたブロックが五つある。(一文字につき五個ずつブロックがあります)

なので、家族全員の名前を並べたりすることも出来、「ず、づ」「ぢ、じ」など聞くだけでは判別しにくい文字の使い方も勉強できたようです。


順位 画像 商品名 販売サイト
3位 何度でもできる! れんしゅうシート ひらがな・カタカナ ・Amazon
・楽天


商品説明

乾かせば何回でも練習できます!

☆れんしゅうシートをなぞって文字や数字の練習ができます。
☆水道水を専用ペンに入れるだけ。
☆水で書くから服や手を汚しません。
☆持ち運びもでき手軽にお勉強できます。

【対象年齢】:3歳から


評価・評判・レビュー(口コミ)
いい
甥っ子のために購入。
鉛筆とかクレヨンだと壁とか机を汚してしまう可能性があったのでこれを試しに渡しました
何かあっても水で濡れるだけなので、それほど心配もしないでいいみたいです
喜んで使ってくれているのでいい
3歳の子に
ひらがなを教えたくて購入。
水が入るペンでなぞると文字の部分が色づきます。油などの汚れがついてしまうと色が変わったまま元に戻らないので注意が必要。
さすがに書き順通りになぞるの無理で色ぬり状態になっていましたが、塗るためにじっと文字を見るのであっという間に覚えて読めるようになりました。カタカナもセットになっており同じく塗るだけですがすぐ読めるようになりました。
ペン先が柔らかいので力一杯書くと潰れてしまうの残念。リングももっと直しやすいものにして欲しいです。(穴が潰れボロボロになってしまう)
読めるようになるという目的が達したので、書きたい意欲がでてきたらまた書き順やらせようと思います。手頃な価格なのもありがたい
お誕生日プレゼント
3歳には、まだ早かったかなぁ~?と、思いましたが、遊びながら、文字を覚えられるかなぁ~と、思います。まずは、遊びが一番先❗




まとめ

いかがでしたか!?今回は、こどもに『ひらがな(平仮名)』を教える(覚えさせる)コツ、人気(おすすめ)の玩具(おもちゃ)について解説させて頂きました。文字は人間が生きていくために必要な手段です。是非、参考にしてみてください。


【数字】を覚えるコツ


【時計】の読み方を覚えるコツ


【足し算】を覚えるコツ


その他の『知育玩具』について

『知育・学習・教育』玩具(おもちゃ)の【まとめ】。

▼おすすめ

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




トレンド」の人気記事

このページの先頭へ