子供(幼児:0歳~6歳)の誕生日(クリスマス)プレゼントに【スマホ・タブレッド】を買うべき!?影響等【まとめ】、年齢(何歳)、何がおすすめ(人気)!?




子供(幼児:0歳~6歳)の誕生日やクリスマスプレゼントに【タブレッド】を買うべきか悩んでいる人も多いのではないでしょうか!?そこで今回は『スマホ・タブレット』が何歳程度から使われはじめ、どの様な用途(目的)で使われているかを調べ、また、良い影響【メリット】悪い影響【デメリット】を整理し、実際にどの様に子供(幼児:0歳~6歳)に与える(プレゼント等)をするべきか考えてみました。



スポンサードリンク




子供(幼児:0歳~6歳)にタブレットをプレゼント(買う)時期(年齢)は何時が最適!?

最近は、親がスマホを持っているため、そのスマホを小さい時(幼児)から触れる機会があります。一度手にしたらなかなか放さないので、子供(幼児:0歳~6歳)にタブレットを買う(プレゼント)しようと思っている親も多いのではないだろうか。

ここでは、実際の統計やアンケートから得られた、『使いはじめの年齢』『どんな端末(スマホ・タブレット)』を使用しているかについてご紹介させて頂きます。



実際には子供(幼児:0歳~6歳)は何歳くらいで実際に使いはじめてる!?



子どもたちのインターネット利用について考える研究会

『子どもたちのインターネット利用について考える研究会』のデータを調べてみました。このデータは、0~6歳の未就学児を持つ保護者を対象とした、子どもたちのインターネット利用についてまとめられた報告書『未就学児の生活習慣とインターネット利用に関する保護者意識調査結果』(2016年)によると、スマートフォンなどの情報通信機器の利用は、以下の結果となっている。

実際に使っている年齢
0歳児:21.8%
1歳児:41.8%
2歳児:56.0%
3歳児:60.3%
4歳児:62.5%
5歳児:62.5%
6歳児:74.2%

使い始めた年齢は、0歳時からで6歳では7割以上が使用したことがあると言う結果となっている。



スマホやタブレットはどっちを使っている!?



安心ネットづくり促進協議会

安心ネットづくり促進協議会がまとめた『低年齢層の子どものネット利用実態と、その保護者の意識実態調査アンケート報告』(2016年)では、

幼児の利用端末の種類
スマホが38%
タブレット:23%
子供が端末を所有している割合:14%

このデータから、0歳~6歳で14%は子供専用のスマホ・タブレット端末を所有している(買い与えている)と言う事がわかります。恐らく、年齢が上がるにつれて、その保有率は上昇するのではないかと思います。




子供はどんな用途に『スマホ・タブレット』を使用しているか!?

利用しているアプリやコンテンツは、どんなものなのか、【まとめ】てみました。

用途
動画(youtube)視聴:66%
ゲーム::61%
撮った写真・動画を見る:37%
知育:21%

このデータから、6割以上を占める用途は、『動画(youtube)視聴』『ゲーム』という事が分かりました。




『スマホ・タブレット』の子供への影響は!?

ここでは、『スマホ・タブレット』を子供(幼児)に与える影響について【まとめ】てみました。



良い影響【メリット】


  • 機器の対応力が身につく
  • 将来的は仕事にも役立つ
  • 言葉、画像、動画に触れることで視野や知識が広がる


機器の対応力が身につく

現在の学校教育では実際に、iPadやパソコンなどの電子機器での教育ははじまっています。最近では、iPadに変わってきている学校もかなり多い様です。幼児の頃からこれらの機器きに触れていれば、学校教育で導入された時も問題無く対応できるでしょう。


将来的は仕事にも役立つ

ITが発達した現代では、パソコンや『スマホ・タブレット』は、仕事には絶対に欠かす事の出来ないツールになりました。このツールは、全世界の子供~大人まで使っています。仕事をするうえでは必ず使うツールなので、早期に使用を開始することは、重要な事と言えるでしょう。



言葉、画像、動画に触れることで視野や知識が広がる

アメリカの医学者であり人類学者でもあるリチャード・E・スキャモン博士が発表した『スキャモンの発育/成長曲線』では、脳、せき髄、頭の大きさは3歳時までに決まると言われています。この期間に多くの情報(言葉、画像、動画)等に触れることは良い事かもしれません。



悪い影響【デメリット】

『スマホ・タブレット』の過度の使用で問題になる悪影響について【まとめ】てみました。


  • 視力低下
  • コミュニケーション能力の低下
  • 有害情報へのアクセス
  • 課金
  • 電磁波の影響



視力低下

長時間『スマホ・タブレット』を使い続けることは視力の低下を招きます。『スマホ・タブレット』は画面からはブルーライト光線を出しています。子供の目はまだ発達途中で未熟なため、角膜や網膜を傷つけることも言われています。

また、このブルーライト光線は、テレビに比べても『スマホ・タブレット』は強く、長時間の使用は、目に悪影響を及ぼします。近い距離で画面を見る事もまた、視力低下の原因になります。過度の使用は良くない事が分かります。



コミュニケーション能力(言語能力)の低下

『スマホ・タブレット』を使っている子供と、そうでない子供では、言語能力が低下するという研究結果がでているようです。

-以下抜粋-

カナダのトロント大学と医療機関が、スマートフォンを使っている子どもの約半分に言語能力の発達に遅れがみられる、との研究結果を発表しました。

生後6か月から2歳の子ども894人について調査

トロント大学と医療機関Hospital for Sick Childrenは、子どものスマートフォン使用時間と言語発達の関係を4年間にわたって調査した共同研究の結果を発表しました。

調査は、生後6カ月から2歳の間の子ども894人について、親が申告したスマートフォンの画面を見ていた時間と、言語能力の発達状況を検査するInfant Toddler Checklist(ITC)と呼ばれる調査のデータの関係を測定しています。

スマホを使用する子ども、約半分に発話能力の遅れ

大半の親たちは、子どもはスマートフォンを使用していないと回答しています。一方、18カ月に達する前の子どもの20%がスマートフォンを使用しており、平均使用時間は1日あたり28分間でした。

スマートフォンを使用しているグループの子どもたちのうち、49%に発話能力の遅れがみられ、月齢18カ月の時点での発話能力は、全体を10等分したうちの最下位グループに位置していました。

ジェスチャー能力は正常だが、言語能力には遅れ

研究グループは、子どもたちのジェスチャーやボディランゲージや社会的交流の能力に遅れは見られないものの、スマートフォンを使っている子どもたちは、言葉を声にする能力に遅れがみられる、と指摘しています。

調査を実施した小児科医のキャサリン・ビルケン医師は、調査からはスマートフォンの使用と言語能力発達の相関関係はみられるものの、子どもたちがスマートフォンで何をしていたのか、使用していたのが一人だったのか親と一緒だったのか、に関する情報がないため、因果関係は立証できないとして、今後、詳細な研究が進められる予定である、と述べています。

専門家「親の期待とは正反対の結果」

小児科医のクリスティン・コープランド医師は、特に月齢30カ月未満の子どもたちについては、子どもがスマートフォンを使って学習できるのではないか、という親たちの期待とは正反対の結果になっている、と指摘しています。

コープランド医師は、調査結果は、言語能力を豊かにする活動をスマートフォンで代替しようとする親たちに原因があることを示している、として「スマートフォンは魅力的だが、子どもたちも我々大人も使い過ぎないように意識する必要がある」と警鐘を鳴らしています。

引用元:http://iphone-mania.jp/news-166828/



課金

知らないうちに課金する。



有害情報へのアクセス

インターネットのアクセスを利用し、有害情報へアクセスする可能性が高くなります。機能や、アクセス制限等を使用する防止策が必要です。



電磁波の影響

『スマホ・タブレット』からでる電磁波は、人体に悪影響を及ぼすと言われています。




実際に子供(幼児)に『スマホ・タブレット』を買うべきか!?

物事には、必ず、『良い影響【メリット】・悪い影響【デメリット】』が存在します。悪い影響【デメリット】が多いからと言って使わなければ、良い影響【メリット】を教授する事も出来ません。従って、リスク『悪い影響【デメリット】』を理解しながら、その『悪い影響【デメリット】』をどの程度排除しながら使えるかが重要ではないでしょうか。



悪い影響【デメリット】を理解しリスクコントロール

先ほど挙げた『悪い影響【デメリット】』を考慮し、『スマホ・タブレット』を子供に使わせる場合の対応につてアイディアを【まとめ】てみました。

No 項目 対応策
1 視力低下 時間を制限
2 コミュニケーション能力の低下 時間を制限
3 有害情報へのアクセス アクセスを制限
4 課金 アクセスを制限
5 電磁波の影響 時間を制限

概、使用時間と、アクセス制限を行えば、ある程度のリスク管理は出来そうな気がします。子供(幼児:0歳~6歳)がやりたい放題にならない様に、ある程度、親のコントロールが必要だと思います。

使い方によっては『スマホ・タブレット』は有効なツールです。実際に、子供(幼児:0歳~6歳)もほしがる物なので、出来るだけリスクを理解し、使わせると言うのが、正しい方法ではないかと思います。



スマホとタブレットはどっちが良い!?

この年代の子供(幼児:0歳~6歳)に買い与える場合は、まだスマホの様な通信機能は不要なので、家庭のwifi環境を利用出来るタブレットを与えるのが良いでしょう。



何歳になったら買う(プレゼント)するべきか!?

何歳でタブレットを購入するべきかについては、なかなか判断に迷うところですが、先ほどのデータから、『スマホ・タブレット』の使用は、0歳~はじまり、6歳になれば、7割程度の子供が使用しています。

あまり低年齢から、与えることは良くないと思いますが、ある程度の分別が付くようになった6歳あたりであれば、プレゼント等の機会に買い与えるのは問題ないと思います。



どんなタブレットがおすすめか

おすすめのタブレットは、先ほどの子供(幼児:0歳~6歳)が使用する用途を満足し、リスク回避できる機能があるタブレットが良いのではないでしょうか。


  • 動画が見れる
  • ゲームが出来る
  • アクセス制限が使える、または、アクセス出来ない





スポンサードリンク




おすすめ(人気)タブレット




まとめ

いかがでしたか!?現在、どの程度の年齢から『スマホ・タブレット』を子供が使用するか、またどの様な使用目的で使われることが多いか、良い影響【メリット】・悪い影響【デメリット】についても理解がふかまぅったのではないでしょうか。

これらを踏まえ、子供に『スマホ・タブレット』を買い与える時期を、あらためて考えてみるのも良いのではないでしょうか。現在の風潮では、使わせないと言う事は、実際には難しいため、リスクを理解しコントロールする事で、『スマホ・タブレット』を使用させるのが良いのではないかと思います。



幼稚園児(男の子)(2歳 3歳 4歳 5歳 6歳)の子供(孫)の 誕生日(クリスマス)プレゼント

誕生日-クリスマス
幼稚園児(男の子)(2歳 3歳 4歳 5歳 6歳)の子供(孫)の 誕生日(クリスマス)プレゼントについては、こちらの記事をご覧ください。
・幼稚園児(男の子)(2歳 3歳 4歳 5歳 6歳)の子供(孫)の 誕生日(クリスマス)プレゼントは 何が良い!? 予算(価格・値段)!?人気おすすめ【ランキング】



幼稚園児(女の子)(2歳 3歳 4歳 5歳 6歳)の子供(孫)の 誕生日(クリスマス)プレゼント

誕生日-クリスマス
幼稚園児(女の子)(2歳 3歳 4歳 5歳 6歳)の子供(孫)の 誕生日(クリスマス)プレゼントについては、こちらの記事をご覧ください。
・幼稚園児(女の子)(2歳 3歳 4歳 5歳 6歳)の子供(孫)の 誕生日(クリスマス)プレゼントは 何が良い!? 予算(価格・値段)!?人気おすすめ【ランキング】
スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




トレンド」の人気記事

このページの先頭へ