【子供に『足し算』は何歳(いつ)から教えれば良いの!?】苦手(できない・わからない)子供に『足し算』を教える方法(コツ)、無料でう買える『アプリ』、玩具(おもちゃ)(人気・おすすめ・【ランキング】)等について【まとめ】てみました!




子供に足し算は何歳(いつ)から教えれば良いのでしょうか!?また、足し算が苦手(できない・わからない)子供に算数を教える方法(コツ)、無料でう買える『アプリ』、玩具(おもちゃ)(人気・おすすめ・【ランキング】)等について【まとめ】てみました!




足し算は何歳から教えれば良い!?

足し算は小学校1年生で習い始めます。一般的には、個人差はあるものの、概、小学校入学前には2桁程度の足し算の習得している様です。

1年生で足し算は、習いはじめるものの、そこで足し算を理解していないと、少しで送れる場合があります。焦ることはありませんが、足し算は、小学校入学前程度には習得出来ているのがおすすめです。


ひらがな(平仮名)・数字・足し算・引き算を覚えるのは何歳(いつ)!?

ネットの情報から、一般的に『ひらがな(平仮名)・数字・足し算・引き算』を何歳(いつ)覚えるのかについて【まとめ】てみました。


数字・ひらがな(平仮名)の読み書き、足し算・引き算は何歳(いつ)出来れば良い!?

ご自分の子供さんが、『数字・ひらがな(平仮名)の読み書き、足し算・引き算』が出来ていないと不安になられている親子さんも多いんではないでしょうか!?

一般的に、何歳(いつ)から、『数字・ひらがな(平仮名)の読み書き、足し算・引き算』が出来ているのか、ネットで情報を調べてみました。


『数字・ひらがな(平仮名)の読み書き、足し算・引き算』が出来るようになった年齢【インターネット調べ】【まとめ】

・現在作成中




足し算をはじめる準備

何はともあれ、足し算を出来るようにするためには、数字を覚える必要があります。足し算をはじめる前に、数字については理解出来ている様にしましょう。


【数字】を覚えるコツ


【時計】の読み方を覚えるコツ




足し算の教え方のコツ

足し算は子供が最初に出会う算数であり、長い人生で、様々な数式に関わることになる数式とのはじめての関わりになります。従って、誰でも必ず一生使うものです。従って、子供に苦手意識(できない・わからない)を与えずに教える様にしましょう。算数に才能は必要ありません。必要なのは何度も繰り返し問題を解いていくことです。

足し算を覚えさせるためには、楽しませて教えるのが重要です。また、生活の一部に取り入れ、遊び感覚で教える事が重要です。


  • 繰り返し教える
  • アプリで教える
  • 玩具(おもちゃ)を使う


繰り返し教える

何度も繰り返し学習することで、足し算の習得が可能になります。個人差もあるので、根気よく教える様にしてください。

出来るまで、何度も何度も繰り返す様にしてください。無理やりやらせると言う事ではなく、会話の中で足し算を取り入れたり、あえて特別な時間を設けなくても自然に足し算を教える工夫をしてみてください。


アプリで教える

スマホ全盛時代の現在では、無料で使える『足し算』アプリが多数存在します。子供がスマホをいじっているタイミング等でアプリを使用して『足し算』を教えるのもおすすめの方法です。


玩具(おもちゃ)を使う

昔ながらの方法ですが、子供に玩具(おもちゃ)で遊ばせながら、『足し算』を覚えさせるのもおすすめです。遊びの中で、手足を動かしながら習得するため、割と簡単に覚えられる方法です。




『足し算』を教える順番


  • 繰り上がりのない『足し算』の習得
  • 繰り上がりがある『足し算』の習得

先ずは、子供の混乱を避けるため『繰り上がりのない足し算』を教え、習得後『繰り上がりのある足し算』を教えてください。



スポンサードリンク




出来ない場合の対応

基本的には、出来ない場合は、練習不足で有る場合が多く、出来ている子供は、多くの練習をしている場合が多いだけです。従って、何度も何度も数字と答えのパターンを覚えるくらい練習する様にしてください。

何度もやっているうちに、子供は『○+△=□』の様に、形やパターンから暗記してしまいます。何しろ、何度も繰り返して、楽しませながら『足し算』を教えるのがおすすめです。


間違いの分析

子供に『足し算』をやらせてると、その間違いの共通点を見つける事が出来るかもしれません。例えば、『8+5=12』等、何時も同じ様な間違いをする場合があります。

この原因(パターン)を掴む事が重要です。それに対して、なぜ同じ間違いをするのか、必ず原因があるはずです。この原因について親が分析を行い、対策を考えてください。

重点的に、間違いを起こす問題を意図的に覚えさせるのもおすすめの方法です。この様な教え方をしながら、徐々に精度をあげ、子供に正しく『足し算』を習得させるようにしてください。





スポンサードリンク




『足し算』を覚えるための玩具(おもちゃ)人気(おすすめ・売れ筋)【ランキング】

『足し算』を覚えるための玩具(おもちゃ)【ランキング】については、Amazonの【ランキング】を採用させて頂きました。

Amazonでレビューの評価・評判が高い商品を【ランキング】でご紹介させて頂きます。

・『足し算』を覚える玩具(おもちゃ) Amazon【最新】ランキング

順位 画像 商品名 販売サイト
1位 学研のあそびながらよくわかる さんすうタブレット ・Amazon
・楽天


商品説明

学研のあそびながらよくわかる さんすうタブレット登場!らくらくタッチキーで押しやすく、これひとつでたし算・ひき算・かけ算・わり算の学習ができる。液晶パネル付き。 使用電池:単3×2(別売)


評価・評判・口コミ(レビュー)
いい商品です
早速小1の娘が使っています。楽しそうです。九九もいやいや覚えるよりも楽しんで覚えられそうです。正解するとほめてくれるのでやる気も出るようです
知的な遅れの我が子にピッタリ
我が子は、発達障害で、知的な遅れもある小学4年生です。対象年齢が3歳、4歳との事ですが、本当に我が子には丁度良かったです。視覚や音で関連ずけられるものを覚えるのは得意なので、このての商品には期待してしまいます。せっかくに学研の開発蓄積したものをもっと、障碍者特に、知的な障碍者に向けて開発していただきたいと願っています。
これ一台で四則演算の学習ができる優れもの。
シートの入れ替えを行うことで、これ一台で足し算、引き算、掛け算、割り算の学習ができる優れもの。
単3電池を2本使用しますが、ねじ止め仕様の蓋なので安心です。

本体上部の「ON/OFF」ボタンを押すと、「楽しく学ぼう!」と言う音声と共に電源が入ります。
すべてのモードで音声ともに液晶部分に表示がでて、分かり易く学習できます。

・お勉強モード
 押すボタンまたは計算式のボタンを押すと、式と答えを発声しつつ液晶部分に表示します。

・問題モード
 「あわせていくつ・のこりはいくつ」の問題は3問、そのほかの問題は15問出題します。
 問題を発声しつつ液晶部分に表示します。
 答えは電卓部分で入力します。
 何度間違えても最終的に正解を選べば、全問正解となるのが良い点だと思います。
 ただ15問はちょっと長いので、10問で良いかと思います。

・電卓モード
 2桁と2桁の計算が音声付でできます。
 ただし、計算結果がマイナスや分数、0による割り算などはエラー音がして計算できません。

電源ボタン以外のボタンは押した感がありませんが、誤作動する事なく使えます。
4分ほど無操作が続くと自動で電源が切れたり、4段階で音量調整ができたりします。

もう少し流暢にしゃべって頂けると、より良いかと思います。


順位 画像 商品名 販売サイト
2位 学研のよくわかる 木製 かず・さんすう ・Amazon
・楽天


商品説明

数の大きさを体感しながら数を合わせたり、分けたり操作している内に、数の概念を身につけることができる。「数の仕組み」などの基礎を覚えて「数式」が解けるようになるまでの遊び方を丁寧に説明したガイドブック付き。

就学前の準備はもちろん、小学生にもオススメ。木のぬくもりを感じながら、繰り返し遊んでいただける知育玩具。【商品内容】本体ボード、木製バー1~10各2本、おはじき20個、数字カード21枚(0~20)、足し算、引き算カード各1枚、目盛りカード2枚、ガイドブック1冊、がんばったねシール1枚


評価・評判・口コミ(レビュー)
便利!
幼児の子供向けに買いました。数の仕組みや、足し算引き算の仕組み等説明する時に実際積み木を使ってやると目で見て確かめながら教える事が出来るので重宝してます。百聞は一見にしかずを実感した一品です。
見つけました☆
前から子供に教える教材を色々見ていて、商品を見つけて使えると思い購入しました☆
子供もわかりやすいと思います☆


順位 画像 商品名 販売サイト
3位 くもんの玉そろばん120 ・Amazon
・楽天


商品説明

●【数の世界を広げる】
120までの数唱をくり返すことで数の規則性に気づき、121以上の数の理解ができるようになります。
そうすることで、たし算・ひき算の力につながります。

●【使いやすいサイズ】
本体の幅は幼児の肩幅のサイズなので、無理なく玉を動かすことができます。
また、立ててもねかせても使えます。

●【数シートつき】
いろいろな数の学習ができるシートが2枚付いています。

●【二人で遊べる】
仕切り板を使って、二人で遊ぶこともできます。

●セット内容/本体1台、数シート2枚、仕切り板1枚、ガイドブック1部

[セット内容]本体1台、数シート2枚、仕切り板1枚、ガイドブック1部


評価・評判・口コミ(レビュー)
小さな子供の手に、ちょうど良いヾ(๑╹◡╹)ノ”
4歳の子供が興味を持って数を数えるのに、とても便利です。色もきれいで、子供が、すぐ手にとって、数を数えだすので、良かったです。




まとめ

いかがでしたか!?『足し算』について、『足し算』覚える年齢、教え方のコツ等について【まとめ】てみました。『足し算』が出来ないと、苦手意識(できない・わからない)に繋がります。一つの方法で出来なかった場合は、複数の方法から子供に向いている最適な方法を考えてください。玩具(おもちゃ)等を使い、楽しみながら自然に覚えさせるような方法がおすすめです。


【数字】を覚えるコツ


【時計】の読み方を覚えるコツ


ひらがな(平仮名)を覚えるコツ


その他の『知育玩具』について

『知育・学習・教育』玩具(おもちゃ)の【まとめ】。

▼おすすめ

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




トレンド」の人気記事

このページの先頭へ