【放送事故】『怖い苗山事件』って!?(Youtube動画)




放送事故」で話題になっている『怖い苗山事件』について調べてみた。 この『怖い苗山事件』は『Google』で『放送事故』と検索すると候補キーワードに出てくる程検索者数が多い『放送事故』だ。そこでネットにある情報をあらためてまとめてみた。

放送事故-苗山さん

スポンサードリンク

怖い苗山事件』って?

新潟県中越沖地震による柏崎刈羽原発事故について、NHKでの放送中に話していた村役場の苗山さんという人の声質が突然変化。

柏崎刈羽原発事故

新潟県中越沖地震により、外部電源用の変圧器が火災を起こし、微量の放射性物質の漏洩が検出された。震災後の高波によって敷地内が冠水、このため使用済み核燃料棒プールの冷却水が一部流失している。事故発生の翌日にすべての炉心の冷却を終えて、安全な状態になった。
引用元:Naverまとめ


柏崎刈羽原子力発電所

柏崎刈羽原子力発電所(かしわざきかりわげんしりょくはつでんしょ)は、新潟県柏崎市と、同県刈羽郡刈羽村にまたがる東京電力の原子力発電所である。略称はKK(ケーケー)。

1号機から7号機までの7基の原子炉を有し、合計出力821万2千キロワットで、7号機の営業運転開始1997年7月2日時点で、それまで最大だったカナダのブルース原子力発電所を抜き、世界最大の原子力発電所となった。

発電された電気は、新新潟幹線及び南新潟幹線の2系統の50万Vの送電により一旦群馬県の西群馬開閉所に収容され、そこから山梨県を経て首都圏に送電されている。なお、この発電所が所在する新潟県は、東京電力の事業地域ではなく、東北電力の事業地域である。両者の協定に基づき、この電力の一部を東北電力に供給している。

引用元:柏崎刈羽原子力発電所 – Wikipedia


『怖い苗山事件』Youtube動画

▼話題になっている『苗山さん』の動画

会話記録

通話記録はこのような内容です。文章にしてみました。

苗山さん:「いや、あの~、ここはなっておりません。」

NHKアナウンサー:「あ、そうですか。」

苗山さん:「ええ。それとですね、すぐ、そういう事態になれば、あの~、非常発電もありますので。それについては、もう~、機能的には、あ~、じ・・・」
通話がとぎれた感じ

―沈黙―

NHKアナウンサー:「もしもし?」

???「はい?」

NHKアナウンサー:「あっ、あの、えー、引き続き、苗山さんでしょうか?」
確認1回目

自称:苗山さん:「はい?」
聞こえてるのに疑問系で質問に答えない感じ

NHKアナウンサー:「あ、もしもし?あの、電話の方、代わられましたですか?」
確認2回目

自称:苗山さん:「いえ、代わっておりません。」

NHKアナウンサー:「あっ、あの、苗山さんですね?」
確認3回目

自称苗山さん:「・・・・・」
答えない

NHKアナウンサー:「あ、今も信号機の停電などは確認、あの、停電によって信号機が、例えば、あの、止まってたりというようなことはあるでしょうか?」

自称苗山さん:「ふきゅしております。復旧しております。」

NHKアナウンサー:「あ、復旧していますか。」

NHKアナウンサー:「はい、わかりました。」

自称苗山さん:「はい」

NHKアナウンサー:「情報収集中、どうもありがとうございました」
無理やりまとめて終了する


苗山さんの真相

苗山さんとは?

勤務先:中能登町役場総務課に勤務
年齢等:50歳~60歳くらいの男性の声で、非常におっとりとした口調

苗山さん事件-電話混線説-

最も有力な説がこの電話混線説だ。音声が一瞬途切れた後、混線して役所内の別の電話に繋がった。ただ、どうして「電話の方~」のくだりで「変わってません」と即座に対応できたのか疑問が残る。

苗山さん事件-機械不調説-

機械の不調か何かで妙に機械的な発言になったとの説もある。

苗山さん事件-圧力説説-

何かを話そうとした苗山さんが何者かに消されたのではなどとネットでは話題になった。

参考元:Naverまとめ

『怖い苗山事件』に一言

苗山さんの現在は分かっていない。この『苗山事件』は「放送事故」で、Google検索の候補キーワードになるくらい検索数の多いキーワードだ。

『苗山事件』の真相が分からないのは、誰も真剣に調査をしていないからだろう。これが人命に関る様な事件であればそれなりの調査が進んでいるのだろう。動画で音声を聞いたが明らかに別人の様な気がする。はじめから何らかの狙いがあったのか?NHKのアナウンサーは明らかに同様していた(笑)。

最終更新:2014年11月05日



『有名な放送事故』に関する記事!

これだけは知っておきたい放送事故!?の有名なテレビ事件です。


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





ニュース」の人気記事

このページの先頭へ