日航機墜落30年目に判明した爆発音の新事実、フジが特番へ、真相、原因が明らかに!?




 昭和60年に墜落した日航機123便の事故から30年、新たにフジテレビがボイスレコーダーを解析した結果「ドーン、ドーン、ドーン」と3つの衝撃音が確認できたという。

特番では、この衝撃音が意味することを詳しく取り上げ、「事故のさらなる真相」に迫る様だ。

放送予定
2014年8月12日午後6時半から フジテレビ系列
特番「8.12日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い” ボイスレコーダーの“新たな声”」

2
出典:日航機123便の機内の様子などを再現したドラマの一場面(フジテレビ提供)(写真:産経新聞)

「ドーン、ドーン、ドーン」日航機墜落30年目に判明した爆発音 フジが特番

昭和60年の日航機墜落事故から30年目となる8月12日、フジテレビは機内の再現ドラマや当時の映像、墜落現場での中継などを交えた特番「8.12日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い” ボイスレコーダーの“新たな声”」(午後6時半)を生放送する。

フジは今回、コックピットのやりとりを記録したボイスレコーダーの詳細な解析を実施。衝撃音の回数や、これまで判読不能とされてきた会話の一部など「新事実」が判明したという。

 事故にあった日航機123便は昭和60年8月12日、羽田空港から伊丹空港に向かう飛行中、機体に異常が発生。機体は制御を失い、32分後に群馬県上野村の「御巣鷹(おすたか)の尾根」に墜落し、乗客乗員524人のうち520人が死亡した。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140810-00000523-san-soci


日航機墜落とは?

3

日本航空123便墜落事故(にほんこうくう123びんついらくじこ)は、1985年(昭和60年)8月12日月曜日18時56分に、東京(羽田)発大阪(伊丹)行同社定期123便ボーイング747SR-46(ジャンボジェット、機体記号JA8119)が、群馬県多野郡上野村の高天原山の尾根(通称「御巣鷹の尾根」)に墜落した航空事故である。

引用元:Wikipedia



日航機墜落の事故原因

1987年6月19日、事故調査委員会(委員長:武田 峻)は事故調査報告書を公表し、本事故の推定原因を発表した。その要旨は以下のとおりである。

事故機の後部圧力隔壁が損壊し、その損壊部分から客室内の空気が機体後部に流出したことによって、機体尾部と垂直尾翼の破壊が起こった。さらに、4系統ある油圧パイプがすべて破壊されたことで作動油が流出し、操縦機能の喪失が起こった。

圧力隔壁の損壊は、隔壁の接続部の金属疲労によって発生した亀裂により、隔壁の強度が低下し、飛行中の与圧に耐えられなくなったために生じたと推定される。この亀裂の発生は、1978年に起きた同機の「しりもち事故」の際に、米国ボーイング社による修理が不適切なもの(修理交換した隔壁の下半分と上半分との接続強度が不足した状態)であったことに起因する。また、点検でこれらの異常を発見できなかったことも事故原因に関与したと思われる。

 また、報告書では調査結果に基づき、大規模な機体の修理を行う場合は、その修理部分を特別に点検項目に加えて継続監視することや、与圧構造が損壊した場合のフェイルセーフ性を耐空基準に追加することなどを勧告した。

引用元:Wikipedia



日航機墜落の真相は?

遺族や航空関係者(労働組合)などの間では、事故調査報告書の内容に納得せず、再調査を求める声も多い。また、事故原因は圧力隔壁の破壊ではなく、垂直尾翼の方向舵に発生したフラッターによるものではないかという異論も出された。

加えてグリコ・森永事件で脅迫されたハウス食品の社長が巻き込まれたことから「北朝鮮工作員によるテロ」説が、他にも「自衛隊の無人標的機と衝突した」「米軍によって撃墜された」「中性子爆弾搭載のミサイルによって破壊された」などの説もあり、それらの主張者による書籍も出版されている。

引用元:Wikipedia


15年目の検証 動画

スポンサードリンク

中曽根元総理だけが知っている真相!?

ネットにはその他にこんな情報もあった。

日航ジャンボ機123便墜落事故には総理だった中曽根だけが知っている真相がある?

質問
日航ジャンボ機123便墜落事故には総理だった中曽根だけが知っている真相がある?
中曽根は1985年8月12日に発生した日航ジャンボ機123便墜落事故について、「墓場まで持っていく」ような発言をしましたが、明るみに出ていない真実が隠されているのでしょうか?

質問(補足)
運輸省の事故調査委員会はボーイング社が1978年に起こったしりもち事故の圧力隔壁の修理ミスによるものと結論付け、ボーイング社もそれをあっさり認める不可解な終息でした。専門家によれば、「あの事故は圧力隔壁云々ではない。墜落現場の山林はほとんど焼けていなく、機体だけが焼けてほとんどの犠牲者の遺体が丸焦げというのは不可解である。」とか、生存者は「機体の急降下はなかった。

墜落直後はまだ生きている人が多数いた」など、その他に軍事的なアクシデントや日米経済摩擦や江崎グリコ事件の犯人が乗っていたなど様々な説が飛び交っていて、事の真相は総理だった中曽根だけ知り得ているような気がします?
回答(ベストアンサー)
どこかの阿呆が民間機にロックオンして遊んでたら、本当にサイドワインダー発射して当たったんじゃないですか?だから発生当初からどこかの軍が情報を抑えて、自衛隊が独力で発見できるまで放置し、証拠が燃え尽きるのを待ったんじゃないか?とも思えます。実際垂直尾翼発見されましたか?一般のテレビ報道だけしか見てなくても、穿った見方をするような人はそういう疑惑も持ちます。

証拠がないだけです。それだけに、真相がある等と言ってしまえば、「やっぱりね」と疑惑を裏打ちしてしまいますから、週刊誌のネタになってしまいます。50年経ったら米国国立公文書館を調べれば出てくると思いますよ。属国の元総理程度で守られるべき情報なんて。

引用元:Yahoo知恵袋


日航機墜落については多くの疑念についてネットで調べることができる。今回放送の「8.12日航機墜落 30回目の夏 生存者が今明かす“32分間の闘い” ボイスレコーダーの“新たな声”」で新たな事実が明らかにされる様だ。どんな事が明らかになるのか?新たな証拠に基づく見解に期待したい。

下記のキーワードでGoogle検索してみると、日航機墜落に迫ることができるかもしれない。


123便・日航機墜落事故30年の真相が明らかに!8月12日 川上慶子さんの兄が語る! 2015年8月12日19:00~ TBS系で放送!
123便・日航機墜落事故30年の真相が明らかに!8月12日 川上慶子さんの兄が語る!


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





ニュース」の人気記事

このページの先頭へ