野々村県議、中学時代のあだ名「発作マン」、言い分が通らないとキレる性格、マザコンも有名だった




「号泣県議」こと、兵庫県の野々村竜太郎県議(47)へのバッシングが止まらない。「こんな人がなぜ議員になれたのか」といぶかる声が続出しているようだ。政務活動費の不正使用問題の会見で見せた意味不明な逆ギレや被害者面で雲隠れする姿勢は、まさに子供そのものだった。カラ出張疑惑や家電や切手の大量購入、スーパーでの連日にわたる数十円から数百円の不自然な買い物など、野々村県議への疑惑は日を追うごとにましている。野々村県議の詐欺容疑での刑事告発は避けられない見通しになっている。

野々村県議、号泣記者会見

660

野々村県議のあだなは『発作マン』

「野々村氏は、議員控室で県職員から説明を受けているときも急に声を荒らげたり、相手を怒鳴りつけることがあった。電話をしていても最初は穏やかに話しているのに、ある時点からスイッチが入り大声で怒鳴り出す。周囲はキレるポイントがよく分からない。自身の感情をうまくコントロールできないようで、号泣会見の前には、緊張した様子で『落ち着いて、落ち着いて』と何度も独り言を言っていた」

今週発売の「週刊新潮」は、野々村氏の中学時代のあだなが「発作マン」だったと報道。当時から、自分の言い分が通らないと駄々をこねてキレる性格だったと、同級生が証言している。

 なんかおかしいと思ってたが、『発作マン』ってあだ名やば過ぎ。これ命名した人センスありますね(笑)。いまなら『発狂マン』『号泣マン』とかいいかも…

野々村県議は『マザコン』

同氏に常に寄り添ってきたのが母親だった。

 マザコンぶりはつとに有名で、落選した2008年の西宮市長選では母親と一緒に街頭演説に立ち、落選後の会見にも母親がついてきて、取材陣を驚かせた。11年4月、44歳で晴れて兵庫県議になったときには、当選証書の受け渡しに両親を連れてきたという。

 「議会の傍聴席にも両親を呼んでいて、お母さんは5回ぐらいは見たことがある。議会が終わると、両親が控室にもやってくる。そんな議員はほかにいない。野々村氏は、お母さんに対して偉そうな口調で話すのが、意外だった」と丸尾氏。

 情緒不安定なのか、母親が一緒にいると落ち着くのかもね。

野々村県議は結婚を熱望

当選後は結婚を熱望。11年12月9日の本会議では、「当選し、議員として活躍する45歳独身、野々村議員の次の夢は甘い結婚生活です。そのために、婚活議員として運命の女性との出会いを求めて、県営お見合いのひょうご出会いサポート事業に登録し、文字どおり体を張って、実益を兼ねて体当たり調査をしております」と熱弁した。

 議会ではたびたび婚活にまつわる質問をし、「公私混同」との批判もあがった。肝心の婚活は不発だったよう。

 「実際に、県営のサポートセンターで県職員の女性など何人かとお見合いをしていたようだが、何回かデートして『ダメでした』と言っていた」(丸尾氏)

転載:http://news.livedoor.com/article/detail/9029587/

 野々村県議、なんでそんなバレバレの嘘をつくの?って言いたくなるが、虚言癖持ってる奴、学校に一人はいたような気がする。頭だけ良くてもこうなったらダメな気がするが、実際は頭良くないな…

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





ニュース」の人気記事

このページの先頭へ