2013年度の車名別新車販売台数首位は?




日本自動車販売協会連合会全国軽自動車協会連合会が発表した2013年度車名別新車販売台数は、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」が2年連続で首位となった。同じくトヨタのHV「プリウス」が僅差の2位。燃費性能の高いHV軽自動車が上位を占めた。2011年12月に発売されたアクアは根強い人気が続いている。ホンダが13年9月に発売した主力小型車「フィット」はHVモデルが人気で、4位に入った。

220

低燃費トップのアクア
アクアは11年12月に発売した。13年12月の一部改良でガソリン1リットル当たりの走行可能距離が35.4キロから37.0キロに向上。ホンダが同年9月に発売した「フィットHV」(36.4キロ)を抜いて低燃費トップの座を奪い返した。 

トヨタ小型HV『アクア』が売れる理由

世界最高の燃費(2012年1月現在)
約35.4km/リットル~40km/リットルの燃費(モード、グレードによって変動)

トヨタの全系列店で扱う「併売車」である
TOYOTA』『TOYOPET』『CAROLLA』『Netz』とトヨタ全店で販売
人気車種の需要を別の系列店に奪われまいと、いろいろ策を練っている
各系列ごとにアクアの大型イベントを続々と仕掛けている

トヨタ自動車が「昇り竜」「復興の原動力」として力を入れている
豊田社長のコメント
「何よりもアクアは(子会社である関東自動車工業の)岩手工場で造っている。アクアが売れれば売れるほど、東北の復興のスピードが速まる」
「(アクアの)受注状況は好調だ。東北復興の原動力になれればいい」
アクアが日本のモビリティー社会を変えると信じている」
アクア生産はトヨタのグローバルな成長につながる。夢に向かって大切な一歩を着実に踏み出した」

アクアの性能
※燃費【10・15モード】
グレード「L」は40km/リットル
グレード「S」、「G」は37km/リットル

乗車定員:5名
最小回転半径:4.8m
エンジン:水冷直列4気筒DOHC
最高出力:54kW/4,800r.p.m.
動力用主電池:ニッケル水素電池直列(20個)
車両総重量:1325~1355kg、

http://matome.naver.jp/odai/2132728451043534101

2013年度の車名別新車販売ランキング

1位 アクア(トヨタ) 25万9686台
2位 プリウス(トヨタ) 25万1915台
3位 N-BOX(ホンダ)(軽自動車) 22万5900台
4位 フィット(ホンダ) 21万7100台
5位 ムーヴ(ダイハツ)(軽自動車) 19万3672台
6位 タント(ダイハツ)(軽自動車) 18万0590台
7位 ワゴンR(スズキ)(軽自動車) 18万0029台
8位 ミラ(ダイハツ)(軽自動車) 16万4027台
9位 デイズ(日産)(軽自動車) 13万9810台
10位 スペーシア(スズキ)(軽自動車) 13万8469台

「アクア」2年連続首位=13年度の車名別販売

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が4日発表した2013年度の車名別新車販売台数は、トヨタ自動車の小型ハイブリッド車(HV)「アクア」が2年連続で首位となった。同じくトヨタのHV「プリウス」が僅差の2位。燃費性能の高いHV軽自動車が上位を占めた。
 2011年12月に発売されたアクアは根強い人気が続いている。ホンダが13年9月に発売した主力小型車「フィット」はHVモデルが人気で、4位に入った。

 

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





ニュース」の人気記事

このページの先頭へ