Youtuber(ユーチューバー)企業の関心高まる《Youtubeで一攫千金》




youtuber(ユーチューバー)が今脚光を浴びている。

youtuber(ユーチューバー)とは、
動画を自分で製作しYoutube((ユーチューブ)に動画掲載を行っているユーザーのこと。

ヒット動画作品を作り出すトップユーチューバーと呼ばれるメディアクリエイターと企業がタッグを組み、作品を通して販売促進につなげる動きが活発化しているようだ。

391

スポンサードリンク

ユーチューバーと連携、企業の関心高まる 低コストで独自表現

 トップユーチューバーが、テレビCMとは違う独自の表現手法で商品の使用感や楽しみ方などを伝えることで商品やサービスがヒットする現象も発生。映像制作も低コストで対応可能なため、大企業だけでなく中小企業もタッグに関心を寄せる。

引用元:http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140504-00000000-biz_fsi-nb&p=1




なぜ企業がyoutuber(ユーチューバー)に着目しているか?

コストが安い
 通常のTVCMで広告を製作する場合、膨大なコストがかかる。大手企業であれば支払いができるが、中小企業では難しい。従って、トップユーチューバーのようにアクセスを集めることのできる『安価な動画の作り手』が注目を浴びているのだろう。

 実際にTVCM用の動画などの製作には数千万程度の製作費がかかるのに対し、Youtube動画では数十万~数百万でできる場合もあり、コスト的に圧倒的に有利になる。

集客力=宣伝効果が高い
 Youtubeの集客力はもはや誰もが認めるところである。実際に一日のアクセス数は、YahooGoogleに引けをとらない。つまり多くの人がYoutubeに集まる。

 つまり集客力が非常に高い事になる。このYoutubeでヒット動画を作りアクセスを集めることができれば、十分な広告宣伝効果を得ることができるわけだ。

動画広告費の市場規模拡大
 一昔前までは代表的なメディアと言えば、TV、新聞、雑誌等であった。現在では,
インターネットが発達しスマートフォンが普及したためにメディアが多様化した。このため、以前では、TV、新聞、雑誌にしか出ていなかった公告も、インターネットでも見ることができる。これは、広告費の分配が変わってきていることを示している。

例えば、今までは、TV:新聞:雑誌にかかっていた広告費が、1:1:1であったものが、インターネットの発達でインターネット:TV:新聞:雑誌=1:1:1:1のようになっている。仮に全体の広告費が一定の額だとすると、インターネットの広告費が増え、その他メディアの広告費が低下していることになる。また、その中でも、Youtubeをはじめとする動画広告の市場は上昇すると予想されている。

392

 調査会社シード・プランニングによると、国内インターネット動画広告市場は、2012年の40億円から5年後の17年には640億円に成長すると予測する。とはいえ、日本でトップユーチューバーと企業が組む動きは始まったばかり。「海外と比べると、VFX(視覚効果)の活用など技術的な部分で遅れている面もある」(石丸氏)

引用元:http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140504-00000000-biz_fsi-nb&p=2




youtube動画だけでも一攫千金

 この様にインターネット全盛期となった現在では、既存の価値観は崩壊し、新たなビジネスチャンスを生む。

プロが作ったTVCMの集客力より個人が作ったYoutube動画の集客力が勝れば、企業の広告費はプロのCM製作会社から個人へと移る。つまり富の分配が変わる。

 この様にYoutube動画を作るだけで一攫千金を狙える時代なのだ。不景気という逆風にさらされているが、Youtube閲覧者の心を掴めば、個人が大富豪になることも難しくない時代なのだ。副業などからはじめてみてはどうだろうか。

本場アメリカでは、トップユーチューバーは月に数百万~数千万稼ぐと言われている。

今なら儲かるYoutube動画ビジネス
超簡単『Youtube動画』ラクラク副収入

 

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





マネー」の人気記事

このページの先頭へ