北海道新幹線 東京から新函館北斗まで最速4時間2分!新型車両H5系とE5系の違いは?




2016年3月26日に北海道新幹線が開業されます。北海道新幹線の区間は、まずは新青森~新函館北斗間の約148kmとなります。将来的には札幌駅まで延長予定となっています。

H5系-北海道新幹線開業
出典:http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/

また、新青森駅で東北新幹線と接続して直通運転を行う予定です。そして、東京から新函館北斗まで最速4時間2分で行くことが出来るのです!

基本データ

開業 2016年3月26日(新青森駅-新函館北斗駅間)
新青森,奥津軽いまべつ,木小内,新函館北斗,(新八雲,長万部,倶知安,新小樽,札幌)
路線距離 360.3 km
所有者 鉄道建設・運輸施設整備支援機構
運営者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
使用車両 E5系(東北新幹線車両)、H5系
最高速度 260 km/h
定員(10両編成) 731名(グランクラス:18名,グリーン車:55名,普通車:658名)
列車名 はやぶさ」東京・仙台 – 新函館北斗間
はやて」盛岡・新青森 – 新函館北斗間
最速到達時間 東京~新函館北斗間 4時間02分
仙台~新函館北斗間 2時間30分
新青森~新函館北斗間 1時間01分

スポンサードリンク

注目はH5系の車両!

北海道新幹線の車両は、東北新幹線に於いて最高速度320km/h運転を行うために開発されE5系と、JR北海道がE5系とほぼ同仕様で製造する新型車両H5系の2種類となります。

気になる H5系とE5系の違いは? 外観はまったく同じのようです。
想像通りH5系の「H」は北海道(Hokkaido)のイニシャルを意味します。JR北海道が製造しているE5系ということなのでしょう。

北海道新幹線と東北新幹線の違いは帯ボディカラーとマークになります。
H5系-E5系-北海道新幹線と東北新幹線の違い

H5系-E5系-北海道新幹線と東北新幹線の違い
出典:http://tramo-freight.com/blog01/index.php/archives/12314

模型では、ボディ上部のグリーン色も若干異なっているようですよ。

H5系の10両編成が4本登場する予定となっている。



スポンサードリンク

北海道新幹線の動画(開業前)

JR北海道と鉄道建設・運輸施設整備支援機構は2016年12月26日、2016年3月26日に開業予定­の北海道新幹線「H5系」車両で、営業時の最高速度となる時速260キロまで初めてス­ピードを上げる「速度向上試験」を、新函館北斗(北斗市)―木古内(渡島管内木古内町­)で実施しました。そのときのニュースを北海道新聞が報道しました。

参考サイト

・https://ja.wikipedia.org/wiki/北海道新幹線
・http://hokkaido-shinkansen.com/
・http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/skt/
・http://tramo-freight.com/blog01/index.php/archives/12314

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




乗物」の人気記事

このページの先頭へ