ふなごろー(ふなっしーの弟)の登場で話題騒然!




ゆるキャラで人気のふなっしーの弟のふなごろーが登場し話題になっている。Twitterでは既にふなごろーと名のるなりすましアカウントが発生するほど注目を浴びている。

【モデルプレス】15日、千葉県船橋市非公認のご当地キャラクター・ふなっしーの弟“ふなごろー”がお披露目され大きな話題となる中、早くもなりすましが出現。兄ふなっしーが注意を呼びかけた。
転載:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000005-modelpn-ent

▼写真の左がふなごろー
28

ふなごろーとは?

ふなっしー 弟ふなごろーを初公開!56番目の弟で梨と芋虫のハーフ

同商品は、ふなっしーの名前にちなみ、274体の兄弟と梨の妖精のキャラクターを名刺風カードにしたコレクションプレート。ふなごろーは、名前のごとく56番目の兄弟で梨と芋虫のハーフという設定。ふなっしーにはない尻尾があり、そこから梨汁を噴射する。

転載:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141015-00000042-dal-ent

ふなっしーとは?

29

ふなっしーは、千葉県船橋市在住の「梨の妖精」という設定のシンボルキャラクターである。着ぐるみと中の人が一体となり、地域おこし活動のほかにタレント・歌手・声優としても活躍している。2011年(平成23年)11月、船橋市名産の梨をモチーフにして、いち船橋市民が「個人的に」始めたゆるキャラである。当初は船橋市役所などに売り込んでも受け入れてもらえなかったが、自主的に参加した地域イベントなどでの活動や、インターネット上の活動でじわじわと浸透し、2013年(平成25年)2月のCM出演を機に一気にブレークした。人気が出ても、市や県から公認されていない。

転載:ふなっしー – Wikipedia

ふなっしーはなぜ人気なのか?その理由は?

ふなっしーは紅白歌合戦をはじめ、多数のテレビ番組に出演したり、様々なグッズが発売されている。去年頃から社会現象と言っていいほど露出度が高いキャラクターだ。ただ、なぜ、このキャラがここまでの人気になったのだろう?私にはあまり理解できない世界なのだが、その人気の理由について調査してみた。

巷で集めた情報によると、こんなところがふなっしーの人気の秘密らしい

・人気を博した現在でも謙虚さを持ち続けていること。
・スケジュール管理から、出演交渉など全て1人で行っていること。

・ふなっしーについては「群れていないのがいい」と好感の声が多い。

・所属事務所の力関係が見え隠れする昨今の芸能界で、そういった後ろ盾がないところ。

・オーダーに対して驚くほどNGが少ない。『さすがにこれは怒るかも…』という無理なオーダーをしても、『オッケーなっしー!』と快く答えてくれる ところ。

・スタッフのムチャぶりにも冷静に応じるサービス精神。しゃべる、食事をするゆるキャラなんて前代未聞で、一つひとつの出会いを驚きに変えていくところ。

・人気者になってもブレることのない“自己プロデュース能力

なぜふなごろーはあらわれたか?

ふなっしーがあまりにも多忙になりすぎて、一人の営業回りが厳しくなってきたのだろう。商業的にもおいしいのだろう。そのうち、ふなじろーやふなきちが現れるかもしれない。AKB48やEXILEの様に増殖し続けるのか?ネットでは、『こういうことやりだしたらおわりだよな』というような意見が多く見られた。この戦略が成功だったのか今後を見守りたい。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ