デング熱の予防対策とは?ヒトスジシマカ(やぶ蚊)に要注意!




2014年8月28日、デング熱感染者が日本国内で3人報告されました。東京・代々木公園に生息している蚊に刺されたことが原因と言われています。デング熱の予防ワクチンは無いと言われています。刺されたらアウト! 100%蚊に刺されない自信はないのですが・・・デング熱に感染しない予防対策ってあるのですかね?


「デング熱」主に感染を媒介する蚊は国内では1種類!

デング熱の主に感染を媒介するネッタイシマカと言われています。しかし日本にはネッタイシマカは常在していません。日本にはヒトスジシマカやぶ蚊)が媒介する能力があると言われています。

日本国内に住む我々はヒトスジシマカに刺されないように注意すれば良いのですね。


ヒトスジシマカの特徴を知ろう!

デング熱の原因となる蚊

行動範囲:50~100m
活動時間:昼でもヤブや日陰で活発に活動する
寿命:1週間~1ヶ月
発生期間:5月中旬~10月下旬


デング熱に感染しないためには蚊に刺されないこと!

デング熱の原因となる蚊

・黒などの濃い色の服を着ない!
・薄い生地やストッキングの上から刺すこともある!
・長袖、長ズボン、靴下などを着用して露出部を少なくする!
・野外では虫除け剤を使用する。長時間野外活動する場合は数回塗布すること!

デング熱は死亡率が高い感染症です。特にお年寄りや子供は危険です。十分な蚊よけ対策が必要だと思います。それにしても恐ろしいウイルス感染症『デング熱』が流行ってしまいましたね。なぜ日本に上陸してしまったのでしょうかね。


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ