レーシック手術失敗で後遺症、患者が提訴!?




レーシックの手術の失敗で後遺症が残ったと患者12人が提訴した模様。レーシック手術とは、角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。最近は、視力を矯正の手段として普及している。

レーシック

「レーシック手術で後遺症」、患者12人が提訴

レーザーで角膜を削り視力を矯正するレーシック手術を受けた患者12人が17日、「十分なリスクの説明がないまま手術が行われ、後遺症が生じた」などとして、2クリニックを運営する医療法人社団に計約8000万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。

 訴えたのは、首都圏や九州に住む30~60歳代の男女で、2006~13年、品川近視クリニック(東京都千代田区)で手術を受けた10人と、錦糸眼科(港区)で手術を受けた2人。

 訴状などによると、原告側は品川近視クリニックについて、過剰な矯正によって目の疲労や痛みなどが生じる可能性があることを十分説明しないまま、手術を行ったと主張。錦糸眼科については、日本眼科学会の指針が示す角膜切除の限度基準を逸脱したとしている。

 レーシック被害対策弁護団には、他の医療機関の患者も含め、計174件の相談が寄せられており、今後、追加提訴する方針。

 クリニック側は「訴状が届いていないのでお答えできない」としている。

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141217-00050129-yom-soci

レーシックとは?

レーシック(英語: LASIK)とは角膜屈折矯正手術の一種で、目の表面の角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の曲率を変えることにより視力を矯正する手術である。LASIKは、正式名称である「LASER(-assisted) in situ κερατόμῑλευσις」(英語・ラテン語・ギリシア語からなる)の略であり、「レーザー照射を本来の場所に収まったままの眼球に施し、角膜を彫り整えること」の語意がある。近視を補正する場合、眼鏡やコンタクトレンズ等の道具を使用することが一般的だが、レーシックでは角膜を矯正手術することにより正視の状態に近づける。これにより、裸眼視力を向上することができる。1990年代にアメリカを中心にその手術方法が認知されるようになった。

参考元:Wikipedia –レーシック – Wikipedia


スポンサードリンク

レーシック難民とは?

レーシック難民とはレーシック手術を受けたあとの後遺症に悩まされている人の事を示している。主な症状としては、深刻なドライアイ、ハロー・グレア現象など合併症や、必要以上の視力があることによって引き起こされる眼精疲労や吐き気、さらに目の感染症に苦しむ場合などがあるようです。

角膜感染症

レーシックは角膜を手術するため感染症を引き起こす場合がある。屈折矯正手術に伴う角膜感染症の発生頻度は5,000例に1例程度とされる。通常、レーシックを行う場所では、手術道具の消毒等が徹底的に行われているが、2008年から2009年にかけ、東京・銀座にある眼科でレーシックによる近視の矯正手術を受けた患者67人が、感染性角膜炎などに集団感染していたことが判明した。中央区などによると、2008年9月から2009年2月にかけ、「銀座眼科」でレーシック手術を受けた患者639人のうち1割に当たる67人というかなりの高い割合で感染性角膜炎などを発症し、うち2人が入院。レーシック手術に適応するかチェックせず即日に手術を行うなどずさんな事前検査の体制や、日常的に手術室が待合室から見えるほど衛生的に隔離されておらず、また医療機器の滅菌消毒が不十分だったことが集団感染の原因と見られたため、2009年2月に入って3回の立ち入り調査が行われ、2010年12月7日に元院長が業務上過失傷害の容疑で警視庁に逮捕されるに至った。

参考元:Wikipedia –レーシック – Wikipedia

過矯正

特に最近、レーシック手術の後遺症として話題になっていつのが過矯正です。『過矯正』とは読んで字の如く、『矯正し過ぎる』ことです。近視矯正手術(医学的には屈折矯正手術)とは近視状態を矯正して、近視が無い状態にすることです。しかしその矯正が行き過ぎてしまうと、『遠視状態』になってしまうのです。これを『過矯正』と言います。

『過矯正で遠視になった』と云うと近くが見にくいだけではありません。眼は脳と直接つながっています。実際に、眼の調節筋と自律神経は結びついている為、見え方が体調に大きく影響するのです。

主な過矯正の症状
・疲れ目
・頭痛
・首の凝り
・肩の凝り
・めまい
・吐き気
・全身倦怠感
・うつ症状

特に深刻と言われているのは、「目まいと吐き気」です。

レーシック手術失敗?有名人(スポーツ選手)

一場靖弘投手(元ヤクルトスワローズ)
レーシック-一場靖弘
2007年のオフにレーシックを受けて、翌年1月に右目で角膜炎を発症し入院。一時は失明の危機があったものの、なんとか回復したとの事。現在は、戦力外通告され何処の球団にも所属していません。

井端弘和選手(中日ドラゴンズ )
レーシック-井端弘和
2008年オフにレーシックを受けた。その後、炎症を起こし2回も再手術を受ける。最終的にコンタクトとメガネに戻したそうです。術後しばらくは不調でしたが、WBCで活躍をしており現在は問題ない様です。

鈴木尚典選手(元横浜ベイスターズ)
レーシック-鈴木尚典
97,98年のセ・リーグ首位打者。マシンガン打線の3番バッターを務めていました。2004年にレーシックを受けてから成績が低迷し2008年に引退。成績低下の原因は年齢的な衰えと、同年の落合氏による指導の影響と言われています。

白崎浩之選手(横浜DeNAベイスターズ)
レーシック-白崎浩之
大学3回生のときにレーシックを受け、曇でも日中は眩しく感じるようになり、試合中はサングラスが欠かせないそうです。現在は調光機能に優れたサングラスを装着しながら試合に挑んでいます。

吉村裕基選手(ソフトバンクホークス )
レーシック-吉村裕基
2008年オフにレーシックを受ける。翌年から成績がガタ落ちし、特にナイターゲームの時の成績はかなり悪くなったと言われている。原因は照明が眩しく見えるハロ・グレアだと言われています。

タイガー・ウッズ選手(プロゴルファー)
レーシック-タイガー・ウッズ
1999年にレーシックを受けました。しばらくは問題なく、驚異的な活躍をされましたが、少しずつ視力がおかしくなりプレーに影響が出るようになりました。原因は超強度近視だったため、角膜を削りすぎたことだと考えられます。

引用元:http://matome.naver.jp/odai/2139001628748213701

レーシック手術難民、失敗に一言

色々調べていると、レーシック手術も万能では無いようですね。大半の人は特に問題は無い様ですが、一部の人はかなりこのレーシック手術で苦しんでいる様ですね。最先端の技術というのは一長一短で、過去のデータがほとんど無いた為、問題が明確に分からないのが現状です。なのでできうる限りの正しい情報を集め自己判断とリスクから判断するしか無さそうですね。私はとても怖くて角膜を削るなんてできそうにありません...

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ