千葉県警が紀州犬を撃った!リアル警察官がバンバン!千葉県松戸市稔台の住宅街で




紀州犬に噛まれた飼い主を救うため、警察官に向かって来たため、千葉県警の警察官が犬に向けて、拳銃を計13発発砲した。もちろん、犬は他界しました。

現場は、一軒家やアパートが建ち並ぶ住宅街です。

千葉県警:人襲った犬に拳銃13発射殺…「使用は適正」
毎日新聞 2015年09月14日 12時19分(最終更新 09月14日 13時24分)

 14日午前2時ごろ、千葉県松戸市稔台で「女性が犬にかまれた」と110番があった。県警松戸署員が駆けつけると、飼い主の男性(71)が犬に襲われており、警察官3人が拳銃を計13発発砲し、犬を射殺した。通行人の女性(23)と飼い主が腕などを犬にかまれて軽傷を負った。

千葉県警-発砲-紀州犬

 同署によると、紀州犬の雄(7歳)で体長122センチ、体高58センチ。飼い主に警察官が「離れてください。拳銃を使います」と呼びかけ、飼い主が自力で振り払うと、犬が警察官に向かってきたため、発砲したという。飼い主は13日午後11時過ぎから、行方が分からなくなっていた犬を捜していたという。

 同署の浜元裕彦副署長は「現時点では、拳銃の使用は適正かつ妥当だったと考えている」と話している。

引用元:http://mainichi.jp/select/news/20150914k0000e040110000c.html


スポンサードリンク

紀州犬(きしゅうけん)について

和歌山県原産の日本犬の一種。日本犬としては中型である。1934年、秋田犬や甲斐犬に次いで天然記念物に指定された。

家庭犬としての適性が高く、日本犬の中では柴犬に次ぐ飼育頭数を誇る。

紀州犬について
体高 – オス49~55cm/メス46~52cm
体重 – オス18~25kg/メス15~20kg

利口で忠実、警戒心が強い性質である。

本来の作出目的は、「紀伊山地周辺の山村におけるイノシシの狩猟およびそれに伴う諸作業」であり、一時はシカ狩りにも用いられた。

優れた犬は1頭でもイノシシを倒すと言われるほどの勇猛さで知られ、気性は荒い傾向がある。そのため躾けを怠って野放しにすると非常に攻撃的な性格になり、(特に家族以外の)人間や犬に噛みつく危険性がある。しかし、きちんと躾を施せば優秀な家庭犬になり、小さな子供のいる家庭でも問題なく飼育できる。

一部自治体では、紀州犬を人に危害を加える恐れがある犬種として「特定犬」に指定している。

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/紀州犬

ツイッターの反応



スポンサードリンク

この事件に一言

映画では、繁華街でバンバンやっているのに、リアルな世界では大ニュースになる。当たり前のことですが・・・

犬一匹に13発とは、怪獣退治に思えてしまいました。犬が飼い主に襲いかかるということは、「狂犬病」だったのではと思ってしまいました。

上記の「紀州犬について」の説明からもわかるように、紀州犬は、気性は荒い傾向があります。躾けを怠って野放しにすると非常に攻撃的な性格になり、特に家族以外の人間や犬に噛みつく危険性があります。 問題の紀州犬は、飼い主にまで襲いかかっています。

躾けを怠ってしまったのだろうか? この結末は、飼い主は納得しているのか?

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




国内」の人気記事

このページの先頭へ