小保方晴子さん 博士号剥奪!?「STAP細胞はあります」なのに早稲田大学が判断が・・・




早稲田大学は、「STAP細胞はあります」の元理化学研究所研究員の小保方晴子さんの博士号を取り消す方針を固めたそうです。

STAP細胞あります

STAP論文:不正問題 小保方氏の博士号取り消し 再提出論文で判断 早大方針
毎日新聞 2015年10月30日 東京朝刊

 撤回されたSTAP細胞論文の筆頭著者だった小保方(おぼかた)晴子・元理化学研究所研究員(32)の博士号について、早稲田大が取り消す方針を固めたことが29日、複数の関係者への取材で分かった。小保方氏は博士論文に盗用や不適切な記述があると認定され、大学の指示で再提出したが、学内の審査委員会が検討した結果、博士号取り消しが妥当と判断したとみられる。早大が近く発表する。

早大は同10月、「研究者としての基本的な注意義務を著しく怠った」として、博士号を1年程度の猶予期間を設けたうえで取り消すことを決定。大学側にも審査の不備などの責任があったことを理由に、期間中に小保方氏が研究倫理の再教育を受け、論文を適切に訂正すれば学位を維持するとの異例の判断を示していた。

引用元:http://mainichi.jp/shimen/news/20151030ddm041040106000c.html

スポンサードリンク

ツイッターまとめ

一言

「STAP細胞あります」

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ