新型フォード マスタング、仕様公開、エンジンは2.3 直4ターボは310ps、価格、発売時期は?




 米国の自動車大手、フォードモーターは7月17日、新型フォード『マスタング』の仕様を公開した。

704

705

706

707

フォード マスタング 新型、エンジンスペック公表…2.3 直4ターボは310ps

新型マスタングは、2013年12月に発表。発表当時、エンジンのスペックは、暫定値の予想スペックが示されていた。今回、今秋の納車開始を前に、正式スペックが確定している。

新型の搭載エンジンは、米国ではガソリン3種類。中でも注目は、直噴2.3リットル直列4気筒ガソリンターボ「エコブースト」。マスタングといえば、大排気量のV8やV6のイメージが強い。しかし、新型は欧州に初投入されることもあり、2.3リットル直4ターボというダウンサイジングユニットを用意する。

この2.3「エコブースト」の確定スペックは、最大出力310ps、最大トルク44.3kgm。排気量をダウンサイジングしながら、ターボで過給することで、パフォーマンスと燃費の両立を追求した。

新型の標準エンジンに位置付けられるのは、自然吸気の3.7リットルV型6気筒ガソリン。こちらは、最大出力300ps、最大トルク41.5kgmを引き出す。

新型のトップユニットになるのが、自然吸気の5.0リットルV型8気筒ガソリン。先代をベースに、バルブトレインやシリンダーヘッドを中心に改良を受けており、最大出力435ps、最大トルク55.3kgmを発生する。新開発のインテークマニホールドが低速域での吸気性能を向上。燃費やアイドリングの安定性、排出ガスの低減に効果を発揮する。

なお米国では、新型マスタング(クーペボディ)の受注を2014年5月に開始。最も価格が安い3.7リットルV6搭載車の現地ベース価格は、2万4425ドル(約247万円)と公表されている。
《森脇稔》

転載:http://response.jp/article/2014/07/18/228032.html

新型マスタングについて

 マスタングといえばV8-7.0リッターをイメージしてしまう。4気筒のマスタングをなると若干イメージが違う。外観がセリカリフトバックに似ている。マスタングというと2000回転ぐらいで最大トルクをドロドロ言わせながら楽しむのがイメージ。時代が変わったのだろう。



お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ