「札幌かに本家」看板落下事故 予知は出来たのでは?落下物の衝撃力はどのどのくらい?




札幌かに本家」札幌駅前本店(JR札幌駅付近にある飲食店)の看板の一部が落下しました。2015年2月15日14時過ぎの出来事です。当時は風速25mを超える強風状態。

札幌-看板落下-札幌かに本家

落下物は、看板の一部で20kg鉄製(30cmx30cmx150cm)のもです。落下物は歩行者21歳女性に直撃、今現在も重体です。

スポンサードリンク

看板落下の予知は出来たのか?

落下する約2時間前の12時に看板の別部品も落下していた。店側もこれに対して把握していたようですが、「下からの目視だったものですから看板がどうのこうのという状況までは把握できませんでした。」加藤昇副店長の話です。

最初の落下物が何だったのか?小さなネジのような部品と思っていましたが、そこそこ大きな部品でした。ワイドショー「ひるおび!」で紹介していました。

-札幌-看板落下-札幌かに本家

-札幌-最初の看板部品落下-札幌かに本家

強風だったため、野外から看板の落下防止の迅速ない対応は難しいと思いましたが、「ひるおび!」での放送で、落ちた看板はビル内から確認や取り付け、補強対応出来る場所に設置されていた感じです。

札幌-看板落下-札幌かに本家

最初の落下物、これが落ちたことに、店側は危険の重大性を感じていなかったのか? 落ちた時の衝撃音、衝撃力はすさまじいモノだったと思いますよ。

次に何か大きな部品が落ちてくるのでは?と予知できたはずです! 店側も危険の重大性を感じていれば、最初の落下物付近を通行規制などの対策も出来たのではと思います。



落下物の威力はどのくらい?

落下物は鉄製の1.5mで20kgある看板の一部です。高さ15mからの落下です。

重力加速度が加わった落下物は、500kg~1t(トン)の衝撃力となります。

通行人に当たってくても落下しただけで大事件になります。これは歩行者に直撃しているのですから・・・。

一言

この衝撃力を知ると、看板が多い街中を歩くのがとても怖くなりますね。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ