東横線「時速40キロで衝突」




東急東横線は、15日夜から事故車両の移動が始まったが、武蔵小杉―菊名間で運休。目黒線も武蔵小杉―日吉間で運休している。両線とも16日朝、始発から全線で運転再開の見通し。

70

スポンサードリンク

東横線の事故状況

 川崎市にある東急東横線の駅で止まっていた電車に後続の電車が追突し、乗客19人がけがをした事故で、東急電鉄は15日の夜、記者会見を行って謝罪するとともに、後続の電車が非常ブレーキをかけたものの停車できず、時速およそ40キロで衝突したと説明しました。

東横線の事故でけが人は?

15日午前0時半ごろ、川崎市中原区にある東急東横線の元住吉駅で、止まっていた元町・中華街駅行きの8両編成の電車に後続の電車が追突し、乗客19人がけがをしました。

東横線のじこについて東急電鉄の説明

この事故について、東急電鉄が午後6時から記者会見を行い、この中で城石文明鉄道事業本部長は、「けがをされたお客様や関係する皆様に多大なご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。おわび申し上げます」と謝罪しました。

事故状況

 そのうえで、追突した後続の電車は事故の前、時速およそ80キロで走行し、元住吉駅のおよそ600メートル手前で非常ブレーキをかけたものの停車できず、止まっていた電車に時速およそ40キロで衝突したと説明しました。

 一方で、衝突事故を防ぐために東横線に導入されているATC=自動列車制御装置は正常に作動していたと説明しました。ATCは前方の列車に近づくと運転士が操作しなくても自動的にブレーキがかかり、近づくほどブレーキが強まって電車を停止させる仕組みとなっていますが、今回は結果として衝突を防ぐことができませんでした。会社側は事故の原因をさらに詳しく調べるとしています。

引用元:http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140215/k10015271301000.htm

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ