牛丼チェーン「すき家」が相次いで一時閉店




 外食産業最大手ゼンショーグループが経営する牛丼チェーン『すき家』が一時閉店する事態になっている。『すき家』は全国に1985店舗あり、この一時閉店は人手不足が原因との事。

 203

すき家』は通常24時間営業の飲食店だが、東京都内でも店内が真っ暗になっている店舗を散見する。この状況は『Twitter』などでも報告されていている。これに対し『すき家』を経営するゼンショーグループは24日に公式ホームページにて、

『リニューアル(改装)工事」を順次開始すると発表』

『全国百数十店舗がリニューアル閉店中』

と発表している。

人員不足による閉店
公式ホームページでの発表はリニューアルとの事だが、実際の閉店は人員不足によるものと店舗に貼紙がされている店舗もあり、公式ホームページとのずれがある。

▼人員不足のため閉店した店舗に貼られていた貼紙
204

・八王子市の八王子東町店は、21日午後6時~22日午前9時まで、人員不足で閉店していました。

・武蔵野市の「井ノ頭通り吉祥寺店」は、21日に「機器メンテナンスの為、閉店させていただきます」と貼り紙していました。24日には「人員不足の為、カウンター席のみの営業となっております」と書いてありました。

Twitter(ツイッター)では、全国各地で突発的に閉店した店舗の画像が投稿されている様です。

2ちゃんねる』アルバイト板の『すき家』スレッドには、2月中旬より『吉野家』の後追いで始めた「鍋メニュー」があまりにも手間がかかりアルバイトがキレて辞める事態が続出しているという書き込みが相次いでいた。

過酷な24時間シフト

職場はどうなっているのか。深夜の勤務シフトを終えた女性店員は「24時間続けてシフトに入っていました」と悲鳴をあげました。

 「新メニューの牛すき鍋定食がとにかく負担なんです」。牛丼などの従来メニューは、工場である程度調理しておき、店舗で仕上げて提供していました。牛すき鍋定食は、店舗での仕込みの手間が格段に求められるといいます。

 「同じ時給でもっと楽な仕事があるので、店員がやめていくのではないでしょうか」とも。

 すき家は、店舗にぎりぎりの人員しか配置しないことで有名でした。その時間帯の売り上げによって、人員配置数を決めているため、仕込みにかかる手間が考慮されていない、との不満の声が店員からあがっています。

 この女性の働く店舗は、近隣店舗が一時閉店になっており、営業中の同店に客が集中しているといいます。

組合員のいる店は優遇?

首都圏青年ユニオンの山田真吾事務局長は「すき家は、深夜帯に『ワンオペ』といわれる1人勤務をさせるため、休憩が取れない、体調不良でも休ませてもらえない、という訴えがありました。強盗が頻発する問題もありました」と指摘します。

 会社は一時期、青年ユニオンとの団体交渉を拒否していましたが、現在は和解し、昨年から団体交渉に応じています。組合員たちの昇給差別が是正され、一気に時給20円~30円引き上げとなりました。組合員のいる店舗で閉店は起こっていない、といいます。

 青年ユニオンは、すべてのアルバイトの時給水準引き上げ、休憩のとれる人員配置で、人間らしく働ける職場にするよう会社に要求。会社都合の閉店時の賃金補償について、店員の相談に応じるとしています。

 ゼンショー広報は、本紙に対し、リニューアルによる一時閉店は、人員不足とは別問題だとしつつ、「イレギュラー(不規則な事態)による閉店は、過去から起きていた問題です」と回答。1人勤務体制が閉店を起こしやすい原因ではないかとの質問に、「そういうところを含めて、対応したい」と答えました。

情報源:http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-03-28/2014032801_04_1.html

この『すき家』の閉店騒動は日本社会の縮図をあらわしている。長期デフレによる販売価格の低下。これにより会社収益が圧迫され従業員給与を圧迫し現場では過酷な労働が強いられる。だが、一方で日本の大手企業は、過去最高益を記録したり、内部留保(会社の余剰資金)は史上最高に積みあがっている。何かがおかしい…やはり政治が悪いのだろう。お金を使えば世の中は好循環になり景気は良くなるはずだ。この史上最大に積みあがった大手企業の内部留保を使う施策を考えてみたらどうだろうか?

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ