2014年のペルセウス座流星群(動画・画像)は8月12日、8月13日がピーク




 毎年安定して多くの流れ星を見ることのできるペルセウス座流星群。今年は12日(火)夜から13日(水)の未明にかけて流星群の活動が活発化、多くの流れ星を期待できそうです。

5

ペルセウス座流星群、12日夜から見頃 狙え「月の逆」

毎年多くの流れ星が見られる「ペルセウス座流星群」が、12日深夜から見頃を迎える。国立天文台(東京都三鷹市)の予測によると、今年の出現のピークは13日午前9時ごろ。日中の観測は難しいため、12日深夜から13日未明にかけてが狙い目という。

転載:http://www.asahi.com/articles/ASG875TLKG87ULBJ00W.html

ペルセウス座流星群とは?

▼2013年のペルセウス座流星群

ペルセウス座流星群(ペルセウスざりゅうせいぐん、学名 Perseids)はペルセウス座γ星付近を放射点として出現する流星群である。ペルセウス座γ流星群(ペルセウスざガンマ流星群)とも呼ばれる。7月20日頃から8月20日頃にかけて出現し、8月13日前後に極大を迎える。しぶんぎ座流星群、ふたご座流星群と並んで、年間三大流星群の1つ。

転載:ペルセウス座流星群 – Wikipedia

ペルセウス座流星群の流れ星を見るためには?

街の明かりが少なく、広く空を見渡せる場所がベスト。北東の空からのぼってくるペルセウス座の近くから星が流れますが、四方八方に飛ぶため、空全体を見渡した方が肉眼で観測しやすいでしょう。今年は月明かりがあるため、月が視界に入らない方向を見た方が良さそうです。

転載:http://www.tenki.jp/forecaster/diary/j_sakakibara/2014/08/12/14791.html

ペルセウス座流星群が良く見られる観測場所(関東)

関東近県の星がよく見えるスポットをピックアップしてみました。
【東京】奥多摩
【神奈川県】箱根
【神奈川県】みなとみらい21周辺
【千葉県】利根川
【千葉県】鴨川市 嶺岡林道嶺岡苑
【千葉県】鴨川
【埼玉県】秩父 栃本広場
【栃木県】那須
【栃木県】那須 黒川橋梁
【栃木県】八方ヶ原
【栃木県】奥日光
【群馬県】新坂平駐車場
【群馬県】赤城山
【群馬県】草津白根山
【茨城県】常陸太田市 里美牧場
【静岡県】西伊豆スカイライン土肥駐車場
【静岡県】富士スカイライン五合目駐車場
【静岡県】御殿場市 箱根スカイライン
【静岡県】田貫湖畔
【山梨県】山中湖パノラマ台
【山梨県】清里・美しの森駐車場
【山梨県】高根町
【山梨県】山伏峠
【長野県】八ヶ岳高原 原村

ペルセウス座流星群画像集

7

8

9

お盆休みに家族で夜空を眺めて夏の思い出を作ってみてはどうだろうか。写真などを撮って子供の夏休みの自由研究の題材にしてもいいかもしれない。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国内」の人気記事

このページの先頭へ