アップルウォッチ(Apple WATCH)が2015年に発売へ、デザイン(画像)、機能、スペック(仕様)、価格は?日本発売するの?




米アップル社がスペシャルイベントで、クイックホイール操作で、写真、ビデオ、音楽の他、心拍数や歩数などが計測でき、健康管理にも活用出来るアップルウォッチ(Apple WATCH)を2015年に発売すると発表した。このアップルウォッチ(Apple WATCH)は日本発売するのか?その機能、スペック(仕様)、値段(価格)、日本発売はあるのか?調べてみた。

160

【クパチーノ(米カリフォルニア州)=越前谷知子】米アップルは9日、新商品発表会で、腕時計型端末「アップルウォッチ」を初披露した。

 米国で価格は349ドルからで、発売は2015年。

 時計を表示するほか、ワンタッチでアプリ(ソフト)を起動して、音楽を聴いたり、メッセージやスケジュール、地図を確認したり出来る。端末同士で、手書きのイラストを送りあうなど、新しいタイプのコミュニケーションをとれる。

 高級時計に使用されるサファイアガラスを採用。「デジタルクラウン」と呼ぶダイヤルで画面を操作する。好みの画面を選べるほか、ストラップを着せ替えが可能。通常モデルのほか、「スポーツコレクション」「エディション」の3種類がある。

 心拍数や歩数なども計測し、健康管理に活用出来る。

引用元:http://www.yomiuri.co.jp/economy/20140910-OYT1T50016.html

アップルウォッチ(Apple WATCH)のデザイン(画像)

▼ステンレススチール
162
左:ステンレススチール、右:スペースブラック

▼メタルメッシュのミラネーゼループ
163

▼NASAの無人火星探査車のパラシュートと同じ素材を使った
164
左:レザー、左中:ソフトピンク、右中:ブラウン、右:ミッドナイトブルー

▼キルト調のレザーループ
165
左:ストーン、中:ライトブラウン、右:ブライトブルー

▼なめし革のダッチレザー
166
ブラック

▼高性能フルオロエラストマー素材のスポーツバンド
167
ブラック、ホワイト


アップルウォッチ(Apple WATCH)のスペック(仕様)は?

アップルウォッチ(Apple WATCH)の仕様は3種類

・Apple WATCH
・Apple WATCH Edition
・Apple WATCH Sport

スポンサードリンク

アップルウォッチ(Apple WATCH)の機能は?

主な機能は以下の機能になる。

通話機能
168
アップルウォッチ(Apple WATCH)は内蔵スピーカーとマイクで電話ができ、iPhoneへの転送、車載用Bluetoothヘッドセットに転送が可能。Apple Watchを手で覆うことで着信音をミュートできる機能が備わっている。

ナビゲーション機能
161
画面に地図表示可能。アップルウォッチ(Apple WATCH)上で地図を操作することにより、iPhone側のGPSとWiFiを使って正確な位置を計測可能。また記録を取ることもできる。

iPhoneのカメラのビューファインダー、Apple TVやiTunesとの連動機能
iPhoneのカメラのビューファインダーやApple TV、iTunes、Siriと連動できる。

心拍計として脈拍を計測機能
時計の裏面の4つのレンズで心拍計として脈拍を計測可能。また計測データはアップルウォッチ同士での共有が可能。

Twitter、Facebookと連動
170
169

アップルウォッチ(Apple WATCH)の値段(価格)は?

価格は349ドル(約3万7000円)。日本発売はあるのだろうか?日本発売した場合の値段(価格)はどのくらいになるのだろう?6万円程度ではないかとも言われている。

アップルウォッチ(Apple WATCH)の発売時期は?

発売時期は2015年初頭を予定とされている。日本発売はアメリカと同時で、全世界同意発売となるかも知れない。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国際」の人気記事

このページの先頭へ