ソウル地下鉄駅で後続列車が追突 100人超負傷




 またも韓国事故が起きた。今度は韓国ソウル市内を走る地下鉄2号線で停車中の列車に後続の電車が衝突した。この事故による死者はなく、100人以上が怪我をした模様。ソウルにある日本大使館によると、この事故で日本人のけが人がいるとの情報はないようだと伝えている。ソウルメトロ関係者は「前方の車両が駅に停車していたのは正常で、後続車両が追突した原因を調べている」と話した。

376

377

ソウル地下鉄駅で後続列車が追突 100人超負傷

【ソウル澤田克己】聯合ニュースによると、韓国ソウル市内の地下鉄2号線、上往十里(サンワンシムリ)駅で2日午後3時半(日本時間同)ごろ、停車中の列車に後続の列車が追突した。100人以上がけがをしたが、死者はいない模様だ。

 先行する列車は、車両故障のため駅に停車中だった。後続列車の運転手が急ブレーキをかけたが、間に合わなかったという。事故で追突された列車の最後尾2両が脱線した。

http://mainichi.jp/select/news/20140502k0000e030257000c.html

韓国地下鉄追突事故 安全装置が正常に作動しなかったとの見方

378

韓国・ソウルで2日午後、地下鉄が前の車両に追突する事故があった。
ソウル市内の地下鉄では、列車間の距離を維持する安全装置によって、前後の列車との距離が保たれているが、この装置が正常に作動しなかったことが、事故の原因との見方が浮上している。
韓国の国土交通省は、事故の対策本部を設置して、事故原因の調査に乗り出している。
最新の情報では、韓国の消防によると、これまでに117人が救急車で搬送されているが、いずれも軽傷だという。

地下鉄事故でセウォル号の事故が影響していた

 この事故の際にセウォル号の事故の影響があったとの報道があった。その影響とは、地下鉄で事故が起こった際に乗客が勝手に車外にでて脱出を図ったという。地下鉄の館内放送は社内に留まってくださいとの放送が流れた。にもかかわらず乗客が勝手に外にでて非難したという。社内放送は近くを通る地下鉄がいるために車外に出ると危険との判断から放送された。しかし、乗客は勝手に車外に出て脱出を図った。これは、セウォル号の館内放送で多くの犠牲者が船内に留まり、死亡したことが大きく影響しているとの報道があった。

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国際, 韓国」の人気記事

このページの先頭へ