南シナ海 中国主張の管轄権は認めない!2016年7月12日国際仲裁裁判




南シナ海のほぼ全域にわたる管轄権は中国にある!”中国が主張していました。

南シナ海を巡って、フィリピンが申し立てた国際的な仲裁裁判において、日本時間2016年7月12日18時頃、裁判所は「中国が歴史的な権利を主張する法的な根拠はない」などと判断、中国の主張を認めない結果となりました。

南シナ海を巡っての国際仲裁裁判

中国が南シナ海のほぼ全域の管轄権を主張しているのに対し、フィリピンは「国際法に違反している」などとして2013年に仲裁裁判を申し立て、国際法に基づく妥当性の判断を求めてきました。

南シナ海に中国が独自に設定した九段線(きゅうだんせん)と呼ばれる境界線、その内側に主権、管轄権や歴史的権利がある中国は主張している。

裁判所は、「中国が、この海域や資源に対して歴史的に排他的な支配をしてきたという証拠はない」と指摘。そのうえで、「九段線の内側にある資源に対して中国が歴史的な権利を主張する法的な根拠はない」という判断を示した。

南沙諸島など、中国が人工島などを造成している場所についても判断を下した。
・スカボロー、クアテロン、ファイアリークロスなどの各礁を「島」ではなく「岩」と認定。排他的経済水域(EEZ)は設けられないとした。
・スービ、ミスチーフ、セカンドトーマスなどの各礁は、満潮時に水没する「低潮高地」(岩礁)だとして、EEZだけでなく、領海も設定できない。

よって、中国の主張を認められないことになりました。

スポンサードリンク

中国の声明

この国際仲裁裁判で判断に対して、中国外務省が声明しました。

「判断は無効で、拘束力はない。中国は受け入れず、認めない」とする声明を速報で発表。

日本は?

岸田外務大臣が談話を発表しました。

「日本は、海洋を巡る紛争の解決には法の支配と力や威圧ではなく平和的な手段を用いることの重要性を一貫して主張してきた。当事国は、今回の仲裁判断に従う必要があり、日本としては、当事国がこの判断に従うことで、今後、南シナ海における紛争の平和的解決につながっていくことを強く期待する

参考サイト

・http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160712/k10010592651000.html
・http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM12H5B_S6A710C1000000/

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国際」の人気記事

このページの先頭へ