【Windows9】(ウィンドウズ9)ついに来月発表へ、新機能、発売時期は!?




【Windows9】(ウィンドウズ9)がついに発表へ。米マイクロソフト(MS)が基本ソフト(OS)【Windows9】(ウィンドウズ)の最新版を9月下旬にも発表する見通しと報じている。新機能、発売時期は?

80

「ウィンドウズ9」来月発表=米マイクロソフト―IT情報サイト

【シリコンバレー時事】複数の米有力IT情報サイトは21日までに、米マイクロソフト(MS)が基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」の最新版を9月下旬にも発表する見通しだと報じた。名称は「ウィンドウズ9」となる公算が大きく、来年前半に一般発売されるという。
 一部報道では、MSは9月30日に次期OSの発表会を計画している。ほぼ同時にソフト開発者向けに試験版を公開する。 

転載:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140822-00000048-jij-n_ame

windows9 beta ダウンロード

windows9のbeta版がダウンロードできるようだ。

windows9 beta ダウンロード


Microsoft、9月30日に「Windows 9」発表イベントを開催か

 米The Vergeが関係者から得た情報によると、Microsoftは「Threshold」というコード名で開発を進めている次期OSについて、9月30日のイベントで変更点や新機能を説明する計画という。イベント開催日は仮決定の段階であり、変更になる可能性もある。イベント当日、またはその後すぐにThresholdの技術プレビュー版がリリースされる見込み。

転載:http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/082200523/

【Windows9】(ウィンドウズ9)の新機能は?

ネットでしらべた【Windows9】(ウィンドウズ9)の新機能をまとめてみた。

「音声アシスタント」

Windows 9はSiriのような音声アシスタントを搭載?

Windows Phone 8.1で実装した音声アシスタント「Cortana」の拡張で、Windows 9からはすべてのデバイスで使えるようになるという噂が飛び込んできました。

CortanaとはiOSのSiriとGoogle Nowを足したような音声対話型アシスタントシステム。

Windows 9への実装は少し前から確認されていたようですが、新たなリークでは、より完成度が高く、このまま本当に出荷されてもオッケーなレベルにまで仕上がっているんだとか。どうやらWindows 9版は、Windows Phone 8.1版のように全画面を使用するUIではなく、4分の1の画面サイズにポップアップする標準アプリとして常駐させるようです。

転載:http://www.gizmodo.jp/2014/08/windows_9siri.html


「チャームバー」廃止、仮想デスクトップ追加

次期Windows「Threshold」、仮想デスクトップが追加か

Neowin.netのBrad Sams氏は、MicrosoftがThresholdに仮想デスクトップを追加する方向で作業しており、

(中略)

Appleの「OS X」や、「Ubuntu」を含むその他のOSでは既に仮想デスクトップがサポートされており、ユーザーはアプリやアプリ群の間を簡単に切り替えて作業できるようになっている。

 仮想デスクトップにより、ユーザーはアプリを個別のデスクトップ空間で動作させられるようになる(同時に表示されるデスクトップ空間は1つのみである)。Microsoftが仮想デスクトップ機能をすべてのThresholdユーザーに明確な、そしてすぐに利用できるかたちで提供するのか、パワーユーザーにしか使えないような隠し機能として提供するのかは筆者にも分からない。

転載:http://japan.cnet.com/sp/allaboutms/35052020/


デスクトップ重視へ スタートメニュー復活か

従来型のデスクトップPCやノートPC向けのバージョンではWindows 7と似たWindows Desktopが表示され、Build 2014で披露された小さいスタートメニューが利用できるという。このスタートメニューは従来のようなソフトウェアの一覧に加え、ライブタイルも表示される。

転載:http://matome.naver.jp/odai/2138958448993240401

Windows 9(仮)、デスクトップ/ノートPCの画面はWindows 7風に

81

Windows 8.1のUpdate 1ではタッチ非対応PCユーザー向けのUIが改善されたが、Thresholdではこれがさらに進むようだ。

 従来型のデスクトップPCやノートPC向けのバージョンではWindows 7と似たWindows Desktopが表示され、Build 2014で披露された小さいスタートメニューが利用できるという。このスタートメニューは従来のようなソフトウェアの一覧に加え、ライブタイルも表示される。

 Surface Pro 3や中国LenovoのYogaシリーズのようにノートPCとしてもタブレットとしても使える端末の場合は、キーボードが接続されているかどうかでWindows 8のようなスタート画面とWindows Desktopを切り替えられるようになる。

 タブレット版のWindowsにはWindows Desktopの表示機能は搭載されない。

転載:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/01/news062.html

Windows 7 ユーザーにも無償提供か

次期WindowがWindows 8.1 Update 2を適用したユーザー、Windows 7 SP1ユーザーに無償提供。

Thresholdのリリースの前に、Windows 8.1 Update 2が今夏にも実施されるという。同氏は、Windows 8.1 Update 2を適用したユーザーだけでなく、Windows 7 SP1ユーザーにもThresholdを無償提供するとみている。

転載:http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1407/01/news062.html

※コードネーム:Threshold
Microsoftの次期Windows(Microsoftからの正式発表ではない)

【Windows9】(ウィンドウズ9)の発売時期は?

同OSのリリースは2015年春になるだろうと報じている。

転載:http://japan.cnet.com/sp/allaboutms/35052020/

ネットの声

・よしっ!これを機会に「Mac」に鞍替えしよう!

・尚XPは未だにNo.2のシェアの模様
 四世代前なのにwww

・もうPCのOSでカネ取るような時期は終わってる、マイクロソフトはもう用済み

・Vista以降のマイクロソフトは自滅路線一直線本当にアホじゃないかと思う 

転載:http://sierblog.com/archives/1814201.html

スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





国際」の人気記事

このページの先頭へ