【男性必見】恋愛で女性を落とす心理学、好きな女性にモテるにはどうすればいいの!?女性の気持ち(心理)や行動を理解し恋愛を成功させよう!




男性が恋愛の勝者となるためには、その対象となる女性の心理や行動を理解する必要があります。先ず恋愛に成功し、意中の女性を落とすためには、女性がどの様な恋愛心理であるかを理解し、作戦を立てる必要があります。

無意識に出来ている男性もいらっしゃるかもしれませんが、ここではあらためて、その女性の恋愛心理について【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




恋愛で意中の女性を落とす方法

恋愛で意中の女性を落とす方法としては、女性の恋愛心理を理解し、その上で戦略を練って行動することが重要です。


  • 女性の恋愛心理を理解する
  • 戦略を立てる




女性の恋愛心理

恋愛する女性の心理は、一体どの様なものなのか、一般的に言われている、女性の恋愛心理についてご紹介させて頂きます。

一般的に、女性は男性と異なる思考回路であると言われています。従って、恋愛を成功させるためには、女性が一体どの様な考え方(心理・気持)であるかを理解する必要があります。その上で、好きな女性にアプローチをする方法が効率的ではないでしょうか。


  • 男性と女性では言葉の受け取り方が異なる
  • 行動と言葉に矛盾が多い
  • 女性は子宮で考える(本能で決める)
  • 大切にされたい
  • 気持ちを察してほしい
  • 軽い女だと思われたくない
  • 必要とされたい
  • 構ってもらいたい・注目されたい
  • 言い訳を求めている
  • 捨てられたくない


男性と女性では言葉の受け取り方が異なる

例えば男性の場合、『カッコイイね、イケメンだね』と言われると、大部分の男性は、単純に喜ぶ場合が多いのではないでしょうか。

一方、女性の場合『可愛いね、美人だね』と言われると、『お世辞でしょ、下心が見え見えよ、気持ち悪い』と感じる女性も多く居ます。

つまり、言葉の同じ言葉を男性と女性に投げかけても、同じ効果を得る事が出来ない場合が多くあります。男性が夜彼と思い投げかけた言葉も、逆効果になる場合があると言う事を理解する必要があります。

女性の深層心理は、深い無意識のところで複雑な感情が入り混じっている ので、女性の本音や本心はそう簡単に知ることができません。従って、恋愛対象になる女性の特徴に合わせて対応するように心がけてください。


行動と言葉に矛盾が多い

女性は、本音と建前を使い分ける場合が非常に高いです。また、理性と本能で気持ちが相反していることが良くあります。

つまり、女性は、論理的思考と情緒的思考の二重人格者のような特徴があります。『口では嫌がっているのに体が反応してしまう』という表現は 露骨ですが、実際に頻繁に起こる現象です。

例えば、『スキンシップされるのは嫌だ』と口では言うけど、 実際は肩を抱かれたり腰に手を回されるとまんざらでもなかったり、

普段は『筋肉マンはゴツくて気持ち悪い』と言っていても、いざマッチョな男性を目にするとに肉体的魅力に釘付けになって夢中になったり、

また、恋人同士で献花した場合等、女性がヒステリーになり、怒った場合等も、しばらくしてからキスをしたらすぐに仲直りできてしまった、

タイプではない男性にデートに誘われ、相手があまり好きではないんだけど、 頭がぼーっとして何も考えず流れでホテルまで付いて行ってしまった等、

言葉(発言)と行動が異なる場合が多くあります。

これらは理性と本能が乖離しているためです。女性は本能やその場の甘い雰囲気やムードに流されやすく、暗示にも掛かりやすいと良く言われています。男性よりも無意識の深層心理に身を任せてノリで行動をしている面があるのが特徴的です。

つまり、この様な心理を理解し、行動する事で、恋愛を成功させられる可能性があります。

例えば、自分の容姿に自信が無く、絶対に無理だろうと思っている女性にも、雰囲気やムード等をうまくコントロールして、女性の深層心理に訴えかけることで、意中の女性を仕留める事が出来るかもしれません。

実際に、客観的に見て明らかに不細工な男性でも、遺伝子的な相性が良ければ付き合う 割合が多く、男性に比べれば顔や容姿、見た目、ルックスなどはあまり気にしないのも特徴です。

デートで海や夜景の見えるレストランに行くと、冷静さを失って簡単に口説き落とされてしまう。熱意あるアプローチを受けると本能的に『結婚したら大切にしてもらえそう』 と判断して彼氏や夫、旦那として選んでしまう事もあります。


女性は子宮で考える(本能で決める)

一般的に、女性は頭ではなく、子宮で考えると言われています。例えば、脈ありだと勝手に勘違いしていたのに、ある日突然、その女性に彼氏が出来たり、男性にとっては、女性は、なかなか見抜きづらい一面があります。

つまり、色々考えてもなかなかその女性の心理が見抜けない場合が多々あります。これは男性が頭で考えている様に、女性は考えていないためです。

男性が理性、理論的に物事のメリット、デメリットを考えるのに対して、女性は本能や直感的に損得をはじき出す脳の仕組みになっています。

女性に恋のアプローチをしたり説得する時は、理路整然と正しい意見を並べるよりも、 不明瞭で適当な言葉でも、 女性の気持ちを整理して共感するような発言をするとうまくいきやすいと言われています。


大切にされたい

男は最初になりたがる、女は最後になりたがるなんて言葉がありますが。男性は沢山の遺伝子をばら撒けるため、ライバルの唾がついていない純粋で真っ白な女性を好みます。

一方、女性は1人の夫、旦那の子供しか身篭れないため、男性が過去にどのような女性遍歴、交際経験があっても、能力的に優秀で一生大事にしてくれて家庭を守ってくれるなら満足という男性を選びます。

女性にアプローチをする際は、自分がどれだけ、誠実に尽くすことができるかをアピールすることが重要なポイントになります。デートの誘いや告白の成否を分けるのも、どれだけ本気、本命としての気持ちでぶつかってくれているかが最も女性が重要視する事を心に留めておく必要があります。


マメな行動が女性心理を刺激する

小マメにメールや電話で連絡をしてくれる、病気や怪我の時心配してくれる、誕生にお祝いメールやプレゼントをくれる、朝会った時に挨拶をしてくれるなど、男性からすれば些細な気遣いと感じてしまうような事こそ、女性はロマンスを感じて惚れこんでしまうものです。

遠距離恋愛でも長続きしてうまくいく恋人同士は、彼氏が頻繁に彼女に電話している ケースがほとんどです。女性にとってはコミュニケーションの時間=愛情と言っても過言ではないかもしれません。女性の運命の人と一生一緒に居たいという願望を満たすためには、マメな行動、悩み事や常日頃の話を聞くことは必要不可欠な行動です。


気持ちを察してほしい

女性は、本能的に受け身です。どんなに強気に振舞っている女性でもそれは同じです。従って、男性側から気持ちを察してあげるのが基本です。

マメな男性がモテると言われる理由は、この様に察する事が自然に出来ていると言う理由があるのではないでしょうか。


軽い女だと思われたくない

女性を口説く時、最も厄介な気持ちが『警戒心』です。女性にとって最も避けたい事態は、子供を身篭ったのに食料や外敵から警護してくれる配偶者がいないことです。

誰彼構わず親密な間柄、肉体関係になってしまうと 、子孫や自分の生命に危険が及びます。このため、できるだけ慎重に相手を吟味して選ぶように本能にインプットされています。

女性にだって性欲はあるしスタイルの良いイケメンに抱かれたい気持ちはあります。しかし、都合のいい女として自分の価値を下げるようなヤリ捨てだけは 絶対に拒否したいのです。 女としての価値が下がると恋愛市場でも安く見られて、優秀な遺伝子を持った男性と付き合えなくなってしまうからです。

下心や体目当てで迫る男が嫌われるのはこの軽く見られたくない心理に原因、理由があります。片思い中のターゲットがガードが堅いタイプの場合、真剣な気持ちを理解してもらうために 時間をかけてじっくり愛情を注いで尽くしていく必要がある場合もあります。


必要とされたい

女性は時にお節介であったり、男性を試す用な言動や行動をします。これは、自分が必要と思われたいと言う心理の表れです。


構ってもらいたい・注目されたい

女性は無意識のうちに男性の視線を集めるような振る舞いをします。女同士の付き合いでは、男性に媚を売ったり猫被って甘い声を出したりすると嫌われる。それは、男性の注目を集めている存在に嫉妬しているからです。

女性は服装やファッション、アクセサリーなどで着飾ってオシャレをするのが大好きです。ハイヒールでコツコツ足音を立てるのも、ミニスカートで足を露出するのも、緩い服装で見せブラのヒモを見せるのも、ダイエットをして痩せようとするのも 全て男性に良く見られたいからです。

さらに言えば、男性に照れて欲しい、緊張させたい、追いかけられたい、声をかけられたいという 心理も含まれています。声をかけられた瞬間の恋の予感、高揚感や胸のドキドキを感じたいのです。

話しかけられなかったり一切見向きもされないと女性は寂しい、悲しい気持ちになります。いざ視線を感じると『キモイ、気持ち悪い』なんて突っぱねているけれど、それとは裏腹に本能では男性からチヤホヤされたくて仕方ないのです。

若い年下の女の子に将来の夢を聞くと、モデルさん、女優、アイドルなどという 職業が出てくる。女性は根本的にお姫様願望、アイドル願望を備えているのでしょう。この気持ちは無自覚なケースがほとんどなので、女性自身に追及しても本当の答えはかえってきません。

女性の方が男性を求める性欲そのもは強いと思われます。女子高など、女同士の環境では恋バナや下ネタ、彼氏や男性の下品な話ばかりしています。女性の性欲は肉体関係が中心ではなく、精神的な繋がりを求めたものです。

上京したばかり、受験勉強中、精神病を患っている、孤独感があって寂しい、などストレス状況下にいる女性は口説き落ちやすい。それは誰かと仲良くしたいという親和欲求が満たされていないからです。ナンパで口説かれやすい女性の特徴は、ヴィジュアル系、メンヘラ系、ゴスロリ系、スイーツ系、お嬢様系と呼ばれるような 男性を誘惑するために努力している女性だと言われています。

セクシーで派手目なファッションは、無意識の深層心理から来る『ちょっと寂しい』 『男性に相手をされたい』 という欲求が少なからず含まれている。 逆にすっぴんで服に気を遣わない恋愛を諦めているような 女性は男性から誘われる機会が少ないのでガードが固く難易度が高く、彼氏持ちや既婚者、人妻の方が 独身よりも軽い遊びやデートには乗ってしまいやすいという。 『他の男も試してみたい』という好奇心が湧くようです。

女性の性欲は男性より強いと言われています。男性の性的興奮のピークが5だとすれば、女性は10、20と 無制限に膨らむと言われています。女性が構って欲しい時にめぐり合う事ができれば、そのまま親密な関係へになり易い状況です。

従って、ナンパ等は難しいと言う事はありません。基本的には運が大きく左右します。これも女性心理の法則のひとつです。

男性に求められていることは、素直に自分の欲求に従って女性に目を向ける、振られることを恐れずにアプローチするという度胸、男気、最初に振られたり拒否されても諦めず、しつこくない程度にアタックする、そしてしっかり愛情を注いで尽くすということ。これらは全て、構って欲しい、自分だけを見て欲しいという 願望を満たすものです。


言い訳を求めている

女性は軽く見られたくない、自分の価値を下げたくないという思いが強いため、 男女の恋愛では常に言い訳や口実を探しています。

例えば男性が『ホテル行こうか』とストレートに誘うと『嫌だ』と断られる場合が多いでしょう。この提案を許諾すると『下心満載の女』 だと思われてしまうから拒否する訳です。

そこで強引に腕を引っ張って『いいじゃん行こうよ』と言うと 明らかに下心が見え見えですが、『無理矢理連れてかれた』 という言い訳が心の中で生まれます。

これは誘い方としては下手なパターンですが、稀にうまくいくこともあります。もっとスマートにホテルに誘う例としては『疲れたからどこかで休憩しようか』 『暑いから涼もうか』『寒いから暖かいところ行こう』『二人きりになれるところ行こう』『のどが湧いたから中入ろうか』といった言葉をかけて、そのまま無言で手を繋いだり肩を抱いたまま、 一緒にホテルに入ると割とうまく行く場合が多いです。

つまり、直球で伝えるのではなく、オブラートに包んで遠まわしな表現にすることによって、女性に『騙されたから仕方ないよね』という心理的な逃げ道を作れる様にしてあげるのが重要になります。

また、飲み会や合コンなどお酒の席では女性の本音や本心が解放されやすい。 それは『アルコールがあるから何をしても許される』 という口実を作り酒の勢いを借りて、酔ったフリをしてアタックしてくるからです。 好きな人と飲み会をすると、スキンシップをしたり、手や肩を握ったり太ももを触ったり、キス魔に変身したりなど 大胆になる女性は男性よりも多いです。

性欲が強いだとか体目的ということを極力露わにしたくない 女性心理を理解し、女性自身の意志ではない『仕方なかった』 という環境を作り出すことで 意中の女性の行動を誘導する事が可能です。恋愛での女性は言い訳を用意してあげると、肉食系女子ばりに積極的に迫ってくることが良くあります。


捨てられたくない

女性にとって男性に捨てられることは、生命の危機を意味する。特に一度体を許した相手に見放されるのを女性は酷く恐れます。もしも子供を身篭っていたら、伴侶となる男性に保護され寵愛を受けなければ生活する事が出来ないからです。

この捨てられたくないという本能は非常に強いものです。付き合っている彼氏と彼女、結婚している夫、旦那と妻などの関係では特に顕著です。

離婚したいのに『子供のため、生活が苦しいから』という理由で 同居生活を続けている夫婦は沢山います。また、彼氏にぞっこんの女性は、嫌われそうになると必死になって寄り添ったり奉仕精神で尽くそうとする。客観的に見れば不細工のダメ男でも、一度惚れこむと別れたくなくなるのが女性心理です。

実は、この『捨てられたくない』という気持ちを利用すると、依存させることができます。どんな理由であれ一度体の関係で繋がってしまえばこちらのものだということ。 肉体関係になると、男性側は達成感や飽きが来るのにたいして、女性は情が芽生えて好きになり虜になりやすくなります。

流れや勢い、ムードで一度体を支配してしまえば『捨てられたくない』という気持ちを呼び起こすのが容易になり、 男性側が恋愛の主導権を握ることができるのです。女性が好きでもないのに告白されたからお試しで付き合ったのに、時間が経つと彼女が惚れこんで、彼氏が冷めているという 立場が逆転する現象が起こるのもこの心理が影響しているためです。





スポンサードリンク




まとめ

いかがでしたか!?一般的に言われている女性の恋愛心理について【まとめ】てみました。先ずは、女性を口説く前に、この女性心理を理解し、戦略を練る様にするのがおすすめです。

【恋愛に悩んでいる人必見】恋愛の心理学、本能、口説く(落とす)方法、長続きさせる方法、心の揺さぶり方等【まとめ】 【恋愛に悩んでいる人必見】恋愛の心理学、本能、口説く(落とす)方法、長続きさせる方法、心の揺さぶり方等【まとめ】


スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




恋愛」の人気記事

このページの先頭へ