絶対に知っておきたい【恋愛心理学】の活用方法(やり方)、行動、会話(言い方)【まとめ】




絶対に知っておきたい効果があると言われている【恋愛心理学】があります。是非、意中の男性や女性が居る方は、この方法(やり方)、行動、会話(言い方)等を実践してみてください。



スポンサードリンク




恋愛心理学

心理学の観点から、恋愛における効果の高い有名な方法(やり方)をご紹介させて頂きます。知っているのと知らないのでは大きく結果を左右する場合もあります。是非、参考にしてみてください。


初頭効果

人間は、最初に受けた印象を強く持つと言われています。

・綺麗で頭が良いがだらしない女性

・だらしないけど頭がよく綺麗な女性

これらの文章は、同じ内容を説明した文章です。しかし前者の方が印象が良くなります。文章の最初に良い事が書かれている方が、どちらかと言うと良い印象になります。

従って、最初の印象は恋愛においても第一印象がとても大切になります。タイプの男性や女性に有った場合は、最初の挨拶や、会話中の笑顔など、相手に対して好印象になる様に、特に心がけると、その後の展開が楽になる可能性があります。


スリーセット理論

初めて出会ってから、三回目までの間に、その人の印象が決まるという理論です。

1回目(初対面)
外見的な第一印象が重要です。人はこの外見から人柄をイメージします。次に、会話をする事で相手の印象がだんだん決定されます。この最初の段階で、好印象を持たれないと、恋愛の対象になる確率下がります。

2回目
初対面でもった印象の確認が行われます。もう一度、相手は、自分の印象が正しいかどうか判断します。

3回目
印象の確定を行います。この段階で得た印象は、その後はほどんど変わることはないとされています。むしろ、会えば会うほど、この段階の印象が強くなります。

この様に、恋愛において3回目までの印象は重要な印象になります。『初頭効果』と合わせて、少なくとも3回目までは、好印象になる様に心がける様にしてください。

但し、無理は禁物です。自分の実力以上の事を見せる必要はありません。自分が出来る最大の事を見せられる様に心がけてください。


嫉妬心の効用

自分が好意を持っている女性に、嫉妬心を抱かせて相手の気持ちを加速させる事が可能です。お互いが好意を持っている場合でも、なかなか進展しない場合がああります。こんな時に、その相手の友達が気に入った場合等は、効果があります。

『○○さんて素敵だよね』

とその好意を持っている女性の友達等が言うと、その女性は『もしかしたら取られちゃう』と言う危機感を抱きます。うまく、好意を持っている女性の友達等にお願いすると好意を抱いている女性が嫉妬心を抱いて、急速に恋愛が進展する可能性があります。


フットインザドア

これはセールスマンがドアに足を入れることができれば勝ちという意味から来ている単語で、小さなことから進めていけば、後ろに控えている本当の狙いを実現出来るというものです。

道端で突然『お金を貸してください』と言うのと、『今何時ですか?』と聞いた後に『お金を貸してください』と言うのではお金を貸して貰える確率が変わることが証明されています。1度でも要求を飲むことで相手は次の要求も飲んでくれる確立が高くなると言う事です。

例えば、女性がプレゼントを要求する場合も、低額な商品から、段々高額な商品へ要求を変えたりする場合も有効です。


ドア・イン・ザ・フェイス

ドアインザフェイスはその逆で、最初に断られる前提で大きな要求を仕掛けて、その上で本当の目的だった小さな目的を通すというものです。

例えばはじめに相手が実現出来ない事を提示します。その後、実現可能な要求をして、その要求を実現すると言う方法です。

人間は、断る事で罪悪感を抱きます。なので実現可能な要求に対しては答えてあげようと言う気持ちが生まれます。


ゲインロス効果

ゲインとは得ることを示し、ロスとは失うことを示します。ゲインとロスのギャップが大きいほど大きな印象を残すことができるという効果です。

ギャップのある一面を相手に見せることで、相手に対して鮮明な印象を与えることができ、また残すことができます。例えば、とても怖そうな男の人が、かわいい子猫をかわいがっている姿を見たことで、素敵だなと思ってしてしまう女性が居ます。

つまり、相手がどの様な印象を抱いているかによりギャップのある一面を見せられるかが決まりますが、

・怖そうな男性⇒優しい一面
・優しそうな男性⇒強い一面

等、相手が抱いている自分への印象と異なる良い事をやってみると、相手がそのギャップに心動かされるかもしれません。


ボッサードの法則

人にはパーソナルスペースが存在します。概50cm以内がその範囲になります。人はこの範囲に他人が入ると恐怖や嫌悪感を抱くとされています。もし、それよりも近くに寄ってみて、拒絶されないようであれば、相手も好意をもっていると考えているかもしれません。

但し、相手が非常に恥ずかしがり屋の場合は、好意を持っていても逃げられることはありますので、相手の性格も考慮に入れて判断する必要があります。


ダブルハンド

相手に対して、選択肢を2つ出すことにより、相手を自分が思っている方向に誘導していくテクニックです。

例えば、デートに誘う場合、食事だけの選択だと行くか行かないかのどちらかを選ぶだけの選択になり断られる可能性があります。

そこで誘い方としては、イタリアン、フレンチ、和食等の選択肢を付けくわえ、食事に行くか行かないかの選択ではなく、たくさんの選択肢の中から選んでもらう様な誘い方をしてみてください。大きな目標であるデートに来てくれると言うを選択してもらう確率が高くなる場合があります。


イエス(Yes)の法則

本当のお願い事は6回目にすると、かなり高い確率で受け入れてもらえるという法則です。

これは、心理学で、実証され認められているものです。ただし、5回目までのお願い事は必ず相手がYesで答えられる質問にしてください。Yesと言わせることを重視するあまり、変な質問はしない様にしてください。


好意の返報性

何かを与えられると、必ず何かお返しをしなくてはならないと人間は考えます。この感情を利用します。自分を好きになってくれた人に対しては、よい評価をする傾向があります。従ってさりげなく、相手に好意を伝える事は、自分を好きになってもらう可能性を高めます。


二人だけの秘密効果

2人だけしかしらないという秘密を作ることで、仲間意識が生まれ、また、親密性が生まれます。




まとめ

いかがでしたか!?恋愛で心理学を利用した効果のある法則をご紹介させて頂きました。知ってるのと知らないのでは、その効果も大きく変わる場合があります。状況に合わせて活用してみてください。

【恋愛に悩んでいる人必見】恋愛の心理学、本能、口説く(落とす)方法、長続きさせる方法、心の揺さぶり方等【まとめ】 【恋愛に悩んでいる人必見】恋愛の心理学、本能、口説く(落とす)方法、長続きさせる方法、心の揺さぶり方等【まとめ】


スポンサードリンク(PC)





関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





恋愛」の人気記事

このページの先頭へ