【結婚の年齢の統計(結婚が多い年齢調査)】男性、女性の結婚適齢期(何歳が良い)は!?統計から婚活はいつからするべき!?




人生最大の大イベントとも言える結婚。実際に、世の中の男性、女性は、何歳くらいに結婚しているのか、最新の統計を調べてみました。またこの統計から、いつから結活するば良いか等についても【まとめ】てみました。



スポンサードリンク




結婚年齢の統計

内閣府が2015年にまとめたデータをご紹介させていただきます。

引用:http://www8.cao.go.jp/shoushi/shoushika/whitepaper/measures/w-2017/29pdfhonpen/pdf/s1-2.pdf


平均初婚年齢の推移

内閣府のデータによると、グラフの一番右に記載の平均初婚年齢は、2015年で、男性が31.1歳、女性が29.4歳となっている。

このグラフからも分かるように、統計をとりはじめた1975年以来、年々晩婚化の傾向が高くなっていることが分かる。




結婚は何歳がおすすめ!?

最新の統計では、男性が31.1歳、女性が29.4歳であった。大学卒業の男性であれば、31歳で約9年と社会人としても中堅となっている場合が多く、給料も上がって、家庭をもつのには最適な時期と言えるかもしれない。

一方、女性は、出産という大イベントを控えている。30歳前という年齢は、節目になるのではないだろうか。


女性出産年齢統計

厚生労働省が発表した平成26年の調査によると、第1子の女性の平均年齢は30.6歳。 平成23年に初めて30歳を超えて(30.1歳)から毎年上昇しています。

引用元:http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai14/dl/gaikyou26.pdf




結活はいつからするべき!?

国立社会保障・人口問題研究所が行った「第14回出生動向基本調査」によると、出会ってから結婚するまでの平均交際期間は4.3年という統計になっているようです。

平均値がベストタイミングとは限りませんが、お互いのことを理解しつつそこまでマンネリ化していない、適度な交際期間ということになるのかもしれません。

従って、この統計が正しいとすると、内閣府の平均初婚年齢より3,4年前には交際がスタートしていなければならないため、結活をはじめるのは、さらにそれより前の年齢となります。

結活をはじめて1年で相手を見つけられると仮定しても、男性の平均初婚年齢の31.1歳-4年(交際期間)-1年(婚活期間)として、婚活開始は、26歳程度、女性は、その1年前の25歳程度からははじめたほうが良いと言えます。

引用元:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784875115762




婚活はどのようにはじめれば良い!?

学生時代から、交際相手がいらっしゃる方は、その付き合いを継続し結婚を目指すのが良いのではないでしょうか。相手がいらっしゃらない方は、結婚相談所や、婚活パーティー等に参加して、できるだけ出会いを増やし、交際相手を探すのが、一般的ではないでしょうか。


おすすめの結婚相手の探し方

・現在作成中


おすすめの結婚相談所

・現在作成中





スポンサードリンク




まとめ

いかがでしたか!?今回は、内閣府が発表している、結婚に関する統計についてご紹介させていただきました。交際期間等を考えると、婚活をはじめる時期も意外とはやい段階になるような気がします。結婚したいと考えている方は、できるだけ積極的な行動で、結婚相手を探すように努力するのが良いのかもしれません。

スポンサードリンク(PC)



関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




恋愛」の人気記事

このページの先頭へ