新型『エスクード』(スズキ)が2015年前半発売 小型化1.6Lエンジン搭載120馬力!? 「ビターラ」で動画多数公開




次期スズキ『エスクード』、どうやら日本発売の噂が出ています。パリモーターショー2014でも公開、海外(欧州)では新型「ビターラVitara)」が公開され、2015年初頭からスズキの子会社「マジャールスズキ」(ハンガリー)で生産開始されるようです。

新型「エスクード」2015年モデル 海外名「ビターラ」

スズキの英国のオフィシャルサイトにも、スペックは未公開ではあるが、「ビターラVitara)」が新車発売予定として公開されていました。
http://www.suzuki.co.uk/cars/cars/new

すでに「ビターラ」では動画が数多く公開されています。日本では珍しいサイズの車種でマニア向けなのか?微妙に注目を浴びています。

次期エスクード、2015年前半に登場か 2014.12.1

ビターラは1988年に初代エスクード海外版の名称として採用され、以後25年にわたり親しまれてきた。新型は今年10月のパリサロンで披露され、2015年前半の投入に向け、すでにプロモーションも始まっている。

新型ビターラはハンガリーにあるスズキの生産拠点マジャールスズキで生産され、欧州市場を皮切りにグローバル展開される予定。現行「スプラッシュ」同様に、ハンガリー生産モデルが日本に輸入される可能性もある。ボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mmで、日本でも持て余さないサイズだ。2015年春~夏頃の登場が有望な、注目モデルの1台といえるだろう。

引用元:http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20141201-10214852-carview/


スポンサードリンク

『エスクード』の動画

スズキ「ビターラ」at パリモーターショー2014

スズキ「ビターラ」のオフィシャル・プロモーション

スズキ「ビターラ」の雪道テスト走行



新型「ビターラ」(次期『エスクード』)の仕様

新型「ビタ­ーラ」は、コンパクトクロスオーバーSUV、新世代SUVと位置付けているようだ。「SX4クロスオーバー」に近いスペックとなるので「SX4クロスオーバー」の後継モデルと思っても良いかもしれませんね。

エンジン仕様

1.6Lガソリン/ディーゼル

参考:SX4クロスオーバー(2013年)のエンジン仕様
・M16A型 1.6L 直4 DOHC VVT
・D16AA型 1.6L 直4 DOHCディーゼルターボ
 1.6Lガソリン仕様だと、英国で現在発売されている「SX4 S-Cross」と同仕様になるのではと予測。

最高出力(ネット):88kW(120PS)/6,000rpm
最大トルク(ネット):155N・m (115lb.ft)/4,400rpm

参考元:http://www.suzuki.co.uk/cars/cars/new/sx4-s-cross/sx4-s-cross/tech-spec

サイズ

全長4175mm × 全幅1775mm × 全高1­610mm、ホイールベース2500mm

参考:SX4クロスオーバーのサイズ
全長4300mm × 全幅1765mm × 全高1575mm、ホイールベース:2600mm

現行「エスクード」(グランドエスクード)よりも小さく、サイズも「SX4クロスオーバー」に近い感じですね。

生産

子会社「マジャールスズキ」(ハンガリー)で2015年初頭から生産、欧州各国へ共有予定。2015年前半頃、日本に輸入される可能性も噂される。

予想価格(値段)

200万円を切る、もしかすると180万円代となる可能性も・・・。
2.4Lの現行「エスクード」は、218.16万円(消費税8%込み)。また、2006年登場した3ドア、M16A型1.6Lエンジン搭載の「1.6XC」の価格が176万4000円だったため。



スポンサードリンク

現行「エスクード」TDA4W型 2014年

3代目「エスクード」登場当時

2005年5月16日にフルモデルチェンジを行って3代目となる「エスクード」。「グランドエスクード」の2代目の扱いとなる。グローバル市場では「グランドビターラ(Grand Vitara)」を名乗る、世界戦略車。

エンジンは2000ccと2700ccの2種類で、5ドアのみ。グレードは3種類で、「2.0XE」、「2.0XG」、「2.7XS」。

2006年6月12日、一部改良。新グレード「1.6XC」発売開始。輸出向けのみに設定されていた3ドア車が日本市場に再投入。これは欧州向けモデルをベースにしていると思われ、エンジンは1600cc のプレミアムガソリン仕様(M16A型、変速機は5速MTのみ。価格は176万4000円。

エスクード 2014

仕様(スペック)

機種名:XG
車名・型式:スズキ・CBA-TDA4W

エンジン:
2.4L J24B DOHC 16VALVE VVT
最高出力(ネット):122kW(166PS)/6,000rpm
最大トルク(ネット):225N・m (22.9kg・m)/4,000rpm
燃費JC08モード:10.6 km/L(4WD 5MT)/ 9.6 km/L(4WD 4AT)

トランスミッション:5速マニュアル / 4速オートマチック
駆動方式:フルタイム4WD

サイズ:
全長4300mm × 全幅1810mm × 全高1695mm、ホイールベース2640mm

価格(メーカー希望小売価格)

218.16万円(消費税8%込み)~


次期エスクード、2015年前半に登場か ~ネット掲示板(2ch.sc)の反応

エスクードってまだあったのか

「燃費の悪さが印象的」
「雪道ガンガンに走れたな。意外と凄かった」
ディーゼル出たら最高 初代にマツダの載せてたじゃん
「ちょっと前M16A積んだ誰得モデルあったよね。」
「現行もCVTや多段ATがあればもっと売れただろうにね。
他社に比べて価格は圧倒的に安いわけで。」

「これならフォレスターで良くないか? スズキが好きなら仕方ないけど」
 「なにあれスバルだから絶対選択肢にはならない」

「エクスヘーッド(エックス・ヘッド)だせよ」
スズキ・エックス・ヘッド

「まさかのモノコック化はしないよな?」

「和製ティグアン」
VW ティグアン

「個人的には好きだけど世間的にプアマンズランクルってイメージが
 これ乗るならいさぎよくジムニー買うか」

プアマンズランクル

「初代が一番カコイイわ」
「初代の3ドアはカッコよかったな。コンバーチブルもあったし。」
「元スズキエスクード 」

スズキエスクード
「これ町中よく走ってたよなー 最近全くみないけど」
「20年以上前のだからな 俺はヘリハンリミテッド乗ってた」

やっぱこれだよな ノマドもかっこよかったけど

「まだパイクスピークやってるの」
パイクスピーク
「今は無き仙台ハイランドに全日本のダートラを見に行ったら、おおとりでコイツが盛大にクラッシュしちゃったのはいい思い出。」
「グランツーリスモってゲームではこれが最速だったな」

初代スズキエスクードでパリダカールラリーを戦う主人公を描いた松本大洋の「点と面(テントメン)」を単行本化するべき

でかすぎだけど、ジムニーと住みわけするには これでいいのだ。
「昔乗ってたけど、シートでかすぎだろ。女じゃまともなポジション取れないぞあの車は」
 「昔と同じシートだと思ってるの?」

「相変わらず内装はダサいままだな」

参考元:http://trendnews.idol-sokuhou.com/スズキ-次期-新型-エスクード-2015年/




お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!

スズキ・クロスオーバー2015年2016年 関連記事

関連記事
iM-4はスズキ・ジムニーとは違う!IGNIS(イグニス)新ジャンルのクロスオーバー1.2L 2016年発売!?2015年12月03日
iM-4はスズキ・ジムニーとは違う!IGNIS(イグニス)新ジャンルのクロスオーバー1.2L 2016年発売!?
新型ジムニー(スズキ)が2016年に発売、モデルチェンジ後の仕様(スペック)、価格(値段)、発売時期は?2015年03月18日
新型ジムニー(スズキ)が2016年に発売、モデルチェンジ後の仕様(スペック)、価格(値段)、発売時期は?
新型『エスクード』(スズキ)が2015年前半発売 小型化1.6Lエンジン搭載120馬力!? 「ビターラ」で動画多数公開2014年12月03日
新型『エスクード』(スズキ)が2015年前半発売 小型化1.6Lエンジン搭載120馬力!? 「ビターラ」で動画多数公開

スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ
スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン




「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ