マツダ・CX-5 フルモデルチェンジ最新情報、デザイン(画像)、仕様(スペック)、値段(価格)、発売時期は?




大きな変更は?期待外れなフルモデルチェンジか!?

マツダ・CX-5(CX-5)は、2012年に登場したクロスオーバーSUVです。

2016年12月15日に、日本仕様車のフルモデルチェンジが発表されました。発表日より予約受付を開始、販売開始予定日は2017年2月2日です。

CX-5-2代目-マツダ-2017年

この記事では、2代目代目CX-5モデルチェンジ情報について、新型と旧型の比較、予想、公表された最新情報などを随時まとめていきます。

新型-5のスペック(仕様)を予想

当初は、エンジンは、次世代スカイアクティブを初搭載!? 新開発2.5Lターボ、クリーンディーゼル・マイルドHV搭載!?など噂されていましたが、
蓋を開けると・・・現行と同様に、2.0Lガソリン、2.5Lガソリン、2.2Lディーゼルターボの3種類の設定であった。

フルモデルチェンジで、エンジン性能ばかりを気にするのは、昭和のカーマニアくらいになってきているのかもしれません。

新型CX-5は、エクスイテリアとインテリアがかなり充実しています。特にヘッズアップコクピットに注目ですかね!

スポンサードリンク

新型-5のエンジン&駆動システムは?

初代同様の3種類の設定です。SKYACTIV-G 2.5の4WD以外に値も同様。初代同様に6速AT。

項目 仕様・性能
エンジン SKYACTIV-D 2.2
(SH-VPTS型 2.2L 直4 DOHC ディーゼルターボ)
駆動方式 FF/4WD
変速機 6速AT
最高出力 FF: 129kW〈175PS〉/4,500rpm
最大トルク FF: 420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm
項目 仕様・性能
エンジン SKYACTIV-G 2.0
(PE-VPS型2.0L 直4 DOHC ガソリン)
駆動方式 FF/4WD
変速機 6速AT
最高出力 114kW〈155PS〉/6,000rpm
最大トルク 196N・m〈20.0kgf・m〉/4,000rpm
項目 仕様・性能
エンジン SKYACTIV-G 2.5
(PY-VPS型2.5L 直4 DOHC ガソリン)
駆動方式 FF/4WD
変速機 6速AT
最高出力 FF: 140kW〈190PS〉/6,000rpm
4WD:135kW〈184PS〉/6,000rpm
最大トルク FF: 251N・m〈25.6kgf・m〉/3,250rpm
4WD:245N・m〈25.0kgf・m〉/4,000rpm

初代FFの最終モデルは、最高出力:138KW(188PS)/5,700rpm、最大トルク:250N・m(25.5kgf・m)/3,250rpm

新型-5の燃費は

初代と同じです。ディーゼル仕様は、若干悪くなっていいます。

モデルチャンジ JC08モード燃費
新型 2.2Lディーゼル:18.0~17.2km/L
2.0Lガソリン:16.0km/L
2.5Lガソリン:14.8~14.6km/L
現行 2.2Lディーゼル:18.6~18.0km/L

新型-5の安全装備は?

予防安全技術のi-ACTIVSENSE、PASSIVE SAFETY、BASIC SAFETYを搭載

新型-5の価格はいくら?

モデル メーカー希望小売価格(消費税税込み)
新型 ガソリン:244.62万円~
ディーゼル:277.56万円~
現行 ガソリン:205万円~
ディーゼル:258万円~

新型-5のいつ発売?(発売時期)

2016年12月15日に予約受付を開始
2017年2月2日から販売開始予定日となっています。

新型-5のデザインはどうなる?

エクステリア

マツダの鼓動のスパルタンなイメージがでています。


CX-5-2代目-マツダ-2017年

CX-5-2代目-マツダ-2017年

動画

インテリア 仕立ての良い質感を極めた!

新型CX-5のインテリアは、すべてのディテールにこだわってデザインされています。

心地よい緊張感とくつろぎを感じられる骨格、SUVらしい剛性感、精緻な仕上げによる高い質感など、ひとつひとつを丹念に磨き、力強さと上質さが融合した洗練の室内空間をつくり上げられています。

「人間中心設計でつくり込んだ、クルマとの上質な一体感」がテーマです。

CX-5-2代目-マツダ-インテリア-2017年

ドライビングポジション

クルマとの一体感を生むために、メダルレイアウト、オルガン式アクセルペダルへにこだわり設計されています。

CX-5-2代目-マツダ クルマとの一体感を生むドライビングポジション
クルマを意のままに操る楽しさの基本として、まっすぐな姿勢でシートに座り、足を自然に伸ばして操作できる位置にアクセルペダル、ブレーキペダルを配する理想的なレイアウト。また、前席乗員の下半身をしっかりサポートするようフロアコンソールを高くワイドな造形、SUVらしい力強さを表現している。

CX-5-2代目-マツダ オルガン式アクセルペダルへのこだわり
踏み込む足とペダルが同じ軌跡を描くため、フロアにつけたかかとがずれにくく、ペダルがとてもコントロールしやすいという特長を備えている。

ヘッズアップコクピット

運転を楽しみながら、情報を逃さない! 運転手に迷うことなく確認や操作ができること。

多くの情報を扱いながらも迷わず確認・操作でき、安全に運転に集中できるコクピット環境を構築されています。また、アクティブ・ドライビング・ディスプレイが進化して、フロントガラス照射タイプを採用されています。

CX-5-2代目-マツダ-インテリア-2017年

運転に欠かせない「走行情報」をドライバー正面に、「快適・利便情報」をダッシュボード上部のセンターディスプレイに、そして手もとを見ず直感的に操作できる位置にコマンダーコントロールを配置。
① 進化したアクティブ・ドライビング・ディスプレイ(フロントガラス照射タイプ/カラー)
② 視線移動の少ない7インチWVGAセンターディスプレイ
③ 手もとを見ずに操りやすいコマンダーコントロール

CX-5-2代目-マツダ-インテリア-2017年

一言

エンジンスペックや燃費に関して、ほとんど変更がなかったのは、マツダとして完成されているところなのでしょう。
それよりも、運転手や同乗者が、車内で快適にいられるところに、こだわりもった新型CX-5になっているようですね。

マイカーにする検討の前に、試乗して確かめてみたいですね。

東京オートサロン2017に新型CX-5出展!

東京オートサロン2017」(2017年1月13日~15日開催)のマツダ・ブースに、新型CX-5とロードスターRF(12月22日発売予定)のカスタマイズモデルが出展されますよ。

参考元:Wikipedia –http://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/
https://ja.wikipedia.org/wiki/マツダ・CX-5



お得な車情報

新車購入時に「ディーラー」の『下取り価格』より愛車を高く売る方法! 愛車を上手に高く売る方法!
スポンサードリンク(PC)




自動車情報 関連記事 リンク

自動車TOPページ


関連記事

スポンサードリンク(PC)
AUSDOM M04S Buletoothヘッドホン キャンペーン





「自動車☆関連」の人気記事

このページの先頭へ